閉じる


大人可愛いモニーク・リヨネさんの刺繍の世界

この春、かわいいものハンティングを兼ねてパリへ旅行に行ってきた私。 雑貨店、ドラッグストア、スーパーマーケットに大手百貨店、有名セレクトショップなどさまざまな店舗をウォッチングしてきたが、最も心惹かれたジャンルが手芸店だった。並んでいるアイテムそのものの可愛さもあるけれど、店舗の佇まいや商品ディスプレイなどの総合力で、日本ではなかなかお目にかかれないレベルのお店が散見され、さすがファッションの都、とひたすら感銘したのだった。 そんなパリの素敵な手芸店(メルスリー)の中でも、かわいいけれど子どもっぽくなく、スタイリッシュでありながら暖かい、一般的な言い方をすれば「大人可愛い」という形容がもっともしっくりくる手芸店が、「ラ・クロワ・エ・ラ・マニエール」(La Croix et La Maniere)だ。



このお店のオーナーであり刺繍デザイナーであるモニーク・リヨネさんは、これまで4冊の本を出版し、日本でも著作が発売されている人気作家。本を制作中はお店を人にまかせてバスク地方の別荘に一ヶ月ぐらいこもってしまうというモニークさんが、この日はちょうどお店にいたので、お店のことや刺繍のことなど、いろいろと話を聞いてみた。


アトリエ兼ショップで取材に応じてくれたモニークさん。


ーーなぜ刺繍の世界へ?
雑誌のスタイリストをしていた1970年代後半、趣味で刺繍を始めたのですが、その頃はちょうど古き良き時代の刺繍が市場から消滅したかのごとく、全く見当たらなくなってしまっていました。そんな時、デンマーク刺繍の素晴らしさを見出し、翻訳してフランスに紹介したんです。それからですね、刺繍関係の仕事が来るようになったのは。その後はご存知の通りクロスステッチが再ブームになり、今もとても人気です。


お店の人気商品の一つ、パステルのオリジナル生地。淡い色合いとナチュラルな肌触りがたまらない。
ーーこのお店は並んでいる商品も素敵ですが、ディスプレイが独特ですね。ナチュラルで、お店っぽくないというか。

実は80年代にも友人と一度刺繍のお店を開いたんだけど、それは今のお店とは全然違うテイストのお店だったんです。その頃は刺繍の分野では競争相手がいなかったけど、「ラ・クロワ・エ・ラ・マニエール」をオープンした2000年頃は、競合も増えていたので、全然違うコンセプトにしようと思いました。 一般的な刺繍のお店って、作品を額縁に入れて飾ってあったり、リボンはリボン置き場、ボタンはボタン、というふうにかっちり分類しすぎていますね。すごくお店っぽくて、私はいいとは思えないんです。そこで自分のお店では、まるで家の中に飾ってあるような、空間全部が一体化している自然なディスプレイを目指しました。


この水玉の布もモニークさんが開発したオリジナル商品。完成作品は売っておらず、布だけや半完成品を購入して自分で刺繍するスタイル。並んでいる刺繍はご参考。

ーーデザインをする上でどんなものに影響を受けていますか? 私のデザインの特徴は幾何学的で、それが好きなんだと思いますね。ヴィンテージの刺繍にももちろんインスピレーションを受けていますが、単にクラシックなものをそのままもってきてもおばあちゃんの家みたいになってしまいますから、今30歳ぐらいのカップルのモダンなインテリアに合うように、自分で料理しなおすことを必ずしています。



ーーこの場所を選んだ理由は? ここは昔パティスリーだったんです。この場所を選んだのは、この通りに友達のブティックがあったからというのもあるけど、まわりはアーティザン(職人)のお店ばかりでしょう。小さくてスペシャリティがあって、職人気質が残っているエリアなので、とても仕事がしやすいんですよ。


お店のドアが糸巻き! という細かいこだわり。


作品そのままの、自然体で暖かい人柄のモニークさん。並んでいる刺繍を施した完成品は参考作品で、キットや生地を買って作り方を教わるスタイルをとっているというが、フランス語が堪能だったらもうぜったい彼女の指導を受けたい! と思ってしまう魅力の持ち主だった。 フランス語が出来なくても、インテリアの参考になる素敵なディスプレイは一見の価値あり。お店はパリ中心部からはちょっと離れているけれど(とはいえ、バスティーユからぶらぶらと散歩がてら歩いていってもいい距離)、周囲には昔ながらの鍵屋さんなどもあるので、古き良きパリの手仕事を探しにぜひ足を運んでみたいエリアだ。

La Croix et La Maniere
売れ筋の水玉のオリジナル生地は少量カットで買いやすく販売中。もちろん買いましたが、刺繍を覚えねば……。

パリのアンティーク村で紙モノざんまい

パリにゆっくり滞在する機会があったら、今度こそ行ってみたいと思っていたのが蚤の市。 とはいえ、いきなりレアものもガラクタも何でもありの蚤の市に参戦するのはいささか情報・経験不足の感もあって、まずは目利きによって選ばれた「フィルターごしの」古かわいいモノをお勉強!
 ……というつもりで足を運んだのが、パリ中心部で30年以上愛され続けるアンティーク村、ヴィラージュ・サンポールである。おしゃれなエリアとして人気のマレ地区の一角にある。
レースに食器、インテリアに錠前まで、さまざまなカテゴリのアンティークショップが連なるこの界隈でも、おそらく日本の雑貨好き女子のカワイイ感性にもっとも響くであろうお店が、「オ・プティ・ボヌール・ラ・シャンス」(Au Petit Bonheur la Chance)だ。1920〜70年代のフランス雑貨を中心に揃え、特に50年代の品揃えを誇るブロカントである。



外観を一見して伝わってくるこの「ぎっしり感」! こういうお店で沈没して日がな一日宝探しというのは人生において至福の時であります。では、さっそく中には入ってみましょう。


入口に入ってすぐに目に飛び込んでくるのが、布、布、布の山! 期待を裏切らない商品量と迫力。クロスステッチをほどこしたリネンや、カラフルなプリント柄などのちょっと昔の布がどっさりと山積みされ、手芸ファンならまずここで撃沈され、しばらくは浮いてこれないこと必至。


布の隣の棚に目を向けると、今度はカフェオレボウル祭りが開催中。ああ、パリのブロカントに来たら買ってみたいと憧れていたアイテム、やはりかわいい……。が、こんなに並んでいても、店主のマリア・ピアさんによると、「カフェオレボウルはいま古いものの値段が上がっちゃって、前に比べると数がぜんぜんないのよ」とのこと。これでも十分に見えるが、なんでもぎっしり集めてしまうタイプであるらしい店主にとっては少なく感じるのだろう。



そしてカフェオレボウルに背を向けて振り返れば、そこにはおもちゃ、食器、紙モノ、文房具などがずらり。どれもこれもカラフルでポップでちょっとノスタルジックで、かわいい!


ダノンの古いヨーグルト瓶のころんとした佇まいに惹かれる。

鉛筆のデザインもお洒落。

定規もこんなにコレクション。象のキャラ付きのものも。


本当に一つ一つきちんと見ようとすると、一体どれくらい時間がかかるのだろう? と途方にくれるほどの商品量。店内は5人も入るとわりといっぱいになってしまうくらいの広さだから、あんまり長居は……と心ではすまなく思っても、ついつい棚を漁りつづけてしまう。
そこで、個人的にテーマを決めて狩猟を始めたのが紙モノ。今回のパリ雑貨屋めぐりではいろいろなお店を見て歩いたけど、アンティークでこれほどの量の紙モノを揃えているのはちょっと珍しいと思ったからだ。

プランタンやボンマルシェといった有名デパートや、パティスリーや薬やさんのちょっと昔の紙袋。少し色褪せ硬くなった紙に載せられたクラシックなフォントやデザインがたまらない。一枚ずつ売っているものもあれば、10枚セット・袋入りといった、「印刷工場に残っていたのかしら?」と思うほどきちんと保存されていたものもある。子どもの頃、包装紙のセロテープを器用に取り外し、きちんとたたんで保存する女の子ってクラスにいっぱいいたけど、その行為のすばらしさが今になってわかる。私も昔の包装紙や紙をもっと取っておけば良かった………。


包装紙はバリバリ破いてゴミ箱へ、という粗野な子どもだった自分史を塗り替えるかのように、以下の紙袋を購入。どれも1950年代のもので、ひとつ300円程度。

窓がついている袋もあり。


プランタンデパートの昔の紙袋にはパリの名所。お散歩中のワンコは今もパリの名物。

そして、ノートなどの紙モノ文房具もぎっしり。

古い塗り絵も発見。どこかの子どもが途中まで塗ってやめた状態で売られているのもご愛嬌。

マリアさんに、他店に比べ豊富に見える紙モノについて「これは偏愛しているジャンル?」と尋ねてみると、「とくにひとつにはこだわってないの。お店に来てくれるお客様も、全体の雰囲気が好きで来てくれる人が多いわ」とのこと。 映画のデコレーター(大道具)、アクセサリーデザイナーを経て現在に至るマリアさんの独特のセンスでフランス中からかき集められた雑多なモノは、確かにひとつの世界観を作っている。商品が天井までぎっしり積まれた「セレクトショップ」らしからぬ風貌ながらも、しっかりセレクトショップな「オ・プティ・ボヌール・ラ・シャンス」なのだ。

<Shop Data> Au Petit Bonheur la Chance Village St Paul - 13, rue St Paul 75004, Paris 【地図】 Tel:01 42 74 36 38

アンティーク香水瓶の専門店、ベル・ドゥ・ジュール

モンマルトルのサクレクール寺院が目の前という、おみやげ屋さんを開くにはうってつけの場所に、とてもロマンティックなアンティークショップがある。1992年にオープンした香水瓶の専門店「ベル・ドゥ・ジュール Belle de Jour」だ。

フランスで香水が広く普及し始めたのは19世紀中頃のこと。
最初は実用的に作られていた香水瓶も、次第にバカラが手がけたり、ルネ・ラリックがデザインしたりと洗練されていき、アール・ヌーヴォー、アール・デコなど、時代によってさまざまな煌めきを放つようになる。そんな、ベル・エポックの淑女たちを熱狂させたエレガントな香水瓶たちがここベル・ドゥ・ジュールにはコレクションされている。妖艶な光を放つガラスの小瓶たちがひしめく店内は、思わずため息がこぼれてしまうほど素敵。眺めるためだけにでも足を運んでみる価値あり。

昔のポスターやイラストなどを添えることで、かつての淑女のコスメルームに迷い込んだようなタイムスリップ感を醸成しているディスプレイも必見。


ちなみにオーナー夫妻は、好きが高じて香水瓶専門店をオープンするに至ったいわば「香水マニア」。私がイギリスの名刺作成サイト「MOO」で作った名刺の裏面に「旧朝香宮邸の香水塔」の写真が印刷されているのに気づくや、「これは日本の香水塔?」「セーブルで似たものを見たわ」「デザイナーは誰?」「どこにあるの」などと質問攻め。本当はこちらからお店の由来とか売れ筋とか、いろいろお伺いしたかったのに、あえなく時間切れとなりました……(笑)。 WebSiteもあるようなので、続きはWebで!

<ShopData> Belle de Jour 7, rue Tardieu 75018 paris, France 【map】 Tel 01 46 06 15 28 http://www.belle-de-jour.fr サイトは英語表記もあり。コレクション画像を眺めるだけでも楽しい。

フレンチ広告グッズならEt puis c’est tout !

ヴァンヴの蚤の市では、けっこう可愛いものを発掘するのが大変である。 なので、誰かが蚤の市で手間暇かけて掘り出したものが、その苦労代を載せるのを忘れちゃったかのようなリーズナブルな価格で並んでいるお店があったら、そっちに行ったほうが、楽しいかは別にして、ずっと賢いと思う。
そして、そんな賢い古いもの探しをしたい向きにオススメなのが、ピガールにある「Et puis c’est tout !」(エ・ピュイ・セ・トゥ)なのだ。

このブロカントの特徴は、非売品・限定品であることから、ヴィンテージ界で人気が高い広告グッズ・ノベルティが充実していること。 「Et puis c’est tout !」には、そんな「お金で買えなかったもの」たちが、蚤の市よりひょっとして安いかもしれないくらいの低価格で売っているのである。


たとえば、ここに並ぶキーホルダーたちは、大抵1〜2ユーロぐらい。おみやげにまとめ買いしたくなる価格!


すっきりとした店内に、美しくディスプレイされた状態の良いグッズたち。快適にエレガントに、蚤の市価格でお買い物が楽しめてしまう。 オーナーのヴァンサンさんは、銀行員、クラブメッドのスタッフを経て、13年前にこの店をオープン。物心ついた頃から、道端に落ちているものなどを集めていたと言う、筋金入りの収集家だ。



フランスのお酒メーカー、リカールの水差し。日本でいえば「KIRIN」みたいな感じかしらとも思うが、かわいい。
 
高いところにはエール・フランスグッズが並ぶ。

好きなブランドはジタンとエール・フランスと言う、国産企業好きのヴァンサンさん。フランス企業のグッズばかりのブロカントに出会えるのもパリならでは。 さて、下の写真は、お洒落で隙がないかに見えたお店で見つけた脱力ポイント。「監視カメラが見ています」という既製のステッカーの、「監視カメラ」の部分を「猫」と書き換えて、愛猫の写真を添えている茶目っけぶり。

「猫が好きなの?」と声をかけると、デスクの中からわざわざ愛猫のリリーちゃんのアルバムを持ち出してペット自慢。さっきまで淡々としていたのになんとも嬉しそうな顔! 猫バカって世界共通なのね、と微笑ましく思いました。 残念ながら猫グッズはあまりないみたいだけど、50〜70年代のフランスのノベルティを探しに、モンマルトル散歩の際にはぜひ立ち寄ってみたいお店である。

<Shop Data> Et puis c’est tout ! 72, rue des Martyrs 75009 Paris Tel : 01 40 23 94 02

パリのこけしとマトリョーシカ事情

乙女チップスでダントツ人気の記事は、沼田元氣さんの鎌倉のショップ「コケーシカ」関連のもの。日本の女子たちってば本当にこけしとマトリョーシカ好き過ぎ! ……と思っていたら、乙女の憧れ・お巴里においても、なんとこけしブーム到来!?



このこけしを見つけたのは、パリのアンティーク村、ヴィラージュ・サンポール。「オ・プティ・ボヌール・ラ・シャンス」取材のときに、まるでヌマ伯父さんのお店のごとく、こけしとマトリョーシカをお店のウィンドウにあしらっているショップを発見し、思わずドアを開けてみた。

「corner shop」は、アンティーク村には珍しいコンテンポラリーな雑貨を扱うショップで、今年でオープン9年目。設計事務所で地図などを作っていたというブリジットさんが、パートナーのパスカルさんと二人で経営している。もともと旅を通して雑貨を探すのが好きだったと言う二人だけあって、扱う商品もインターナショナル。フランス以外では、イタリア、オランダ、日本の商品が多いという。


われらが深澤直人さんのカバンも発見。

カラフルでモダンな商品が並ぶ素敵なショップだが、やはり気になるのは入店のきっかけになった国籍不明の「こけし」の正体。

コンテンポラリー雑貨にしっくり馴染んでいるちょっと不思議なルックスのこけし、これって日本のものなのか? 「これはオーストラリアの会社"Kimmidoll"のもので、商品名は"Kokeshi"。デザイナーは日本人とオーストラリア人のユニットだと聞いてるわ。実はいまちょっとフランスではこけしが流行中なのよ」とブリジットさん。 やはりパリにもこけしブームは到来していた! でも、日本で人気のこけしは、もう少しクラシックな印象のものが多い気がするが……。 「私も日本に行ったときに伝統的なこけしをいろいろ見たのよ。でもちょっとフランス人にとってはキッチュなイメージで、欲しいと思うものに出会えなかったの。Kimmidollの素材は樹脂で、デザインもモダンな印象があるので私のお店のコンセプトに合うの」とのこと。

イッタラになじむKokeshiの図。


このkimmidollは、それぞれのこけしに名前と意味があり、コレクターズアイテムになっているそうだ。


それぞれのデザインにアケミとかアイコとか名前がついている("画像はKimmidollのサイトより")

大きいサイズのモデルは毎年2モデルほど出るが、全部ナンバリングしてあり、現在16体ぐらいしか市場に出ていないのでわざわざ噂を聞きつけてこのショップまで探しに来るコレクターもいるのだとか。

さりげなく店内のデザインにも採用されているこけしとマトのペア。やっぱりこの二つ、運命的に結ばれているとしか思えない。 こけしはともかく、マトリョーシカはパリでも普通に人気のようで、グッズになっているのをいくつか見かけたし、専門店もあった。
サンジェルマン界隈で見かけたマトリョーシカ専門店。こんな数の入れ子が出来るのか……。


まぁヨーロッパなので、マトリョーシカはふつうにずっと人気なのだろうし、もはや馴染んでいる定番商品なのだろう。でも、こけしブームを牽引するのがオーストラリアの企業というのもいささか寂しいので、kimmidollをきっかけに日本の伝統的こけしも少し見直されると日本人としてちょっと嬉しい。

<ショップ情報> ・corner shop 3, rue Saint Paul 75004, paris <map> tel 33(0)1 42 77 50 88 ・Kimmidoll ※英語のみ

読者登録

otomechipsさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について