twitterアカウントでログイン

カテゴリー ビジネス・教育・社会 学習・研究 作者 斎藤肇
価格 無料
タグ 算数数学
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

134 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 執筆中 ページ数 6ページ (Web閲覧)
16ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 算数やら数学やら、そういう科目にはすごく毛嫌いする人がいます。そんなの、学校を卒業しちゃったらなんの役にも立たない、だなんて。
 けれど、そんなふうに数学が嫌われるのは変じゃないかと思うんです。
 おそらく数学の印象は、数学の問題を解く、という行為によるものでしょう。なるほど、数学の問題と似たような事態に、日常生活で出会うことは少ないかもしれません。ですが、数学の問題を解くという行為の背景には、物事を考えてゆくための基本的な枠組み(思想)が隠されています。そこを無視するのはあまりにももったいない。
 というわけで、非才を顧みずに、そのあたりの話をまとめてみようと思い立ちました。
 実は、数学嫌いの娘に説明できるようにするための準備資料みたいなものなのです。なるべく基本的なところから、じっくり説明してみることにします。
 よろしかったらお読みください。
 まずは、数そのもののとらえ方から、です。
(ひとまずは暫定版です。改訂などするかもしれません)

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

なまずくの耐震事件簿の第1.5話と第2話。耐震診断情報を整理して診断書を作成し報告に行きます。果たし...

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...
300円
こんなことできるよ2010

この本を開く

仮説実験授業研究会会員によるたのしい授業カタログin特別支援教育。特別支援学級・特別支援学校で実践で...

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる。やがて色の付いた羊はふえて、普通になり、名前も変わっ...

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

もっとみる