目次
まえがき
page 2
page 3
page 4
タイトル目次
page 1
page 2
page 3
第1章 エコ技術と生産技術
page 1
アメリカの新車燃費規制
page 3
page 4
公差の魔術
page 6
page 7
page 8
page 9
海賊版対策とIpadの中身
page 11
page 12
第2章 資源と環境技術
page 1
リサイクルされるレアメタル
page 3
page 4
レアアース戦争
page 6
page 7
page 8
微生物と植物が地球を救う
page 10
page 11
page 12
page 13
日本が産油国になる日
page 15
page 16
第3章 電気社会の到来
page 1
宇宙太陽光発電衛星計画
海洋温度差発電
page 4
page 5
page 6
直流送電技術
page 8
ワイヤレス送電技術
page 10
電気自動車の可能性
page 12
page 13
page 14
page 15
キャパシタ搭載バス
page 17
page 18
ハイウェイトレイン構想
page 20
ギガンティック・トウキョウ
page 22
page 23
page 24
第4章 食料生産技術
page 1
野菜工場
page 3
page 4
CAS冷凍技術
page 6
page 7
クロマグロの養殖
page 9
page 10
第5章 宇宙科学技術
page 1
小惑星探査機「はやぶさ」
page 3
page 4
page 5
page 6
アブレータ耐熱技術
page 8
page 9
page 10
page 11
イカロスの翼
学術・科学技術予算について
page 14
page 15
page 16
第6章 軍事技術
page 1
CSMミサイル構想
page 3
page 4
page 5
F22とF35はガンダムとジムくらいに違う
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
自衛隊がF22を持つ意味
page 13
page 14
page 15
空母型護衛艦「ひゅうが」
page 17
page 18
page 19
第7章 日本の安全保障と国家モデル
page 1
軍事力による平和
page 3
page 4
page 5
page 6
ODAは肉食動物を太らせた
page 8
page 9
アメリカの強さの源泉
page 11
page 12
日本がスネ夫になるための2つの条件
page 14
page 15
しずかちゃんに成りかけた日本
page 17
page 18
page 19
かつての日本はノビスケだった
page 21
page 22
日本が出来杉君になる日
page 24
page 25
あとがき
あとがき

閉じる


<<最初から読む

119 / 130ページ

どういうことかというと、ジャイアンがジャイアンとして君臨している間はまだ良いのだけれど、ジャイアンが落ち目になったときには、スケープゴートにされた側が一斉に反撃に出る恐れがあるということ。

 

そのとき、スネ夫がジャイアンの一味だと思われてしまっていたら、一緒に袋叩きにあう可能性が高くなってしまう。

 

だから、いかに彼らを敵にしないで、うまく立ち回れるか、という狡賢さが必要になってくる。

 

ドラえもんの中でのスネ夫も、そうした「コウモリ的」な立ち回りの上手さを持っているけれど、意外とスネ夫でいるのも簡単な話ではない。

しずかちゃんに成りかけた日本

ジャイアンからの被害を軽くするために、スネ夫になる以外には、しずかちゃんになる、という方法がある。

 

ジャイアンは乱暴者ではあるけれど、しずかちゃんを苛めるような真似はしない。これは、女の子に手を出してはいけない、という自制が働いているから。

 

スネ夫は、その金と口の上手さによって、ジャイアンの怒りの矛先を向けられないようにしているのだけれど、別に彼自身の人物に尊敬が集まっているわけではない。

 

スネ夫から金と口の上手さが無くなったらただの嫌な奴というだけで、総スカンを食らってもおかしくない。

 

それに対して、しずかちゃんは、お金持ちでも、おべっかを使うわけでもないけれど、ドラえもんの世界では、しずかちゃんは「神聖にして侵すべからずの存在」というキャラクターとして定着していて、ジャイアンからの怒りの矛先を向けられることがない、という強みがある。

 

この日本がしずかちゃんになるという方法は、要するに、日本が世界に対する、神聖にして侵すべからずという何らかの「権威存在」となる、ということに当たる。

 

ひらたく言ってしまえば、日本が例えば、「ローマ法王」になってしまえば、簡単に襲われることはないだろう、ということ。

 

アメリカとて、裏ではいろいろな工作をするかもしれないけれども、表立ってローマ法王を攻撃することはしない。

 

それは、全世界のキリスト教徒を敵に回してしまうから。それ以前に、アメリカ国民の大多数はキリスト教徒だし、大統領も就任式では、聖書に手を当てて宣誓をする。

したがって、アメリカは事実上のキリスト教国と言って差し支えないのだけれども、そうであるが故に、そのアメリカがローマ法王を攻撃するのは非常に難しい。

 

要するに、何がしかの「権威」に逆らうものは、即座に悪と断じられてしまう。それを利用するということ。

 

つまり、日本が世界にとっての何らかの「権威」になって、「日本を護ることは正義、日本を攻撃することは悪だ」という構図を作ればいいということになる。

 

そして、そのような世界的コンセンサスを得ることができれば、日本を攻撃することは、必然的に難しくなる。そういう手がある。

 

日本には、天皇陛下がおられるけれど、アメリカ大統領が国賓として海外の要人を招くとき、空港までホワイトタイでお迎えするのは、天皇陛下、ローマ法王、イギリス女王の3人だけ。

 

アメリカとて、そういう権威は認めている。

 

では、そうであるのに何故、今の日本は、ジャイアンの「心の友」扱いされてしまうのか。

 

それは、そういった陛下の権威が、国際儀礼上のものにとどまっており、所謂「政治的権威」ではないからということと、陛下は神道の祭司長であって、キリスト教の法王ではないという2つの理由にあるからだと思われる。

 

つまり、天皇陛下は「他宗」の宗教的権威として丁重に扱うけれど、アメリカとは別の宗教でもあるし、政治とはまた別だ、ということ。

 

アメリカ大統領が、ローマ法王に礼を尽くしたとて、アメリカ国民は取り立てて批判はしないだろうけれど、2009年11月に来日したオバマ大統領が陛下との面会に際して、最敬礼したときには、アメリカの世論は沸騰したけれど、そういう違いがある。


だから、日本がしずかちゃんになるためには、キリスト教に対するアプローチを行なって、日本はキリスト教と無縁というわけでもないのだ、とアピールしつつ、同時に「政治的権威」にまで日本の存在を高める必要がある。

 

では、そんなことが本当に可能なのか、ということなのだけれども、一時期そちらの方向に近づいた事がある。2008年の麻生政権がそう。

 

麻生元総理に、一定以上の政治手腕があったことは、多くの人が認めるところだと思うけれど、例のサブプライム危機において、IMFへの1000億ドルの貸付など、一時期であるにせよ、政治的に世界を引っ張っていたことは事実。

 

バブル崩壊を経験した国として、麻生元総理は他国にいろいろとアドバイスしていた。だから、ある意味において、バブル崩壊に対して、国としてどう対処すべきかについての「政治的権威」になっていたとも言える。

 

とりわけ、IMFの貸付などは、IMFのストロスカーン専務理事をして、人類史上最大の貢献、とまで言わしめたのだから、世界もそれを認めていた。

 

もしもあの時、日本を攻撃していたら、世界が沈没していたかもしれなかったのだから、日本の言うことを聞くことはあっても、蔑ろにすることは有り得ない。

 

そして、もうひとつのキリスト教との繋がりについてだけれども、これについても、麻生元総理は、実にぴったりの資質を備えていた。

 

それは勿論、麻生元総理がクリスチャンであるから。そして更に、麻生元総理は天皇陛下とも親戚関係にあるから、麻生元の存在自身が、日本神道とキリスト教を結びつけていたということを意味してる。


日本の宗教的権威と外戚関係にあり、同時に、キリスト教との繋がりを持っているという2つの宗教的権威に属する人物。それが、日本の総理であった。この意味は決して軽いものではない。

 

麻生元総理は、ローマ法王に招かれバチカンで単独会見をしたし、総理就任時には、外国メディアにクリスチャン首相誕生だと大々的に報道されていた。

 

世界の目は当時の日本の総理に集まっていたのだ。

 

だから、あの時期の日本は、宗教的にも、政治的にも一つの権威存在となりつつあり、しずかちゃんに近づいていたとも言える。

 

ただ、この方法にもやはり難点はあって、残念ながら「権威を無視する国」には一切通用しないことは留意しておく必要がある。

 



読者登録

日比野克壽さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について