目次
まえがき
page 2
page 3
page 4
タイトル目次
page 1
page 2
page 3
第1章 エコ技術と生産技術
page 1
アメリカの新車燃費規制
page 3
page 4
公差の魔術
page 6
page 7
page 8
page 9
海賊版対策とIpadの中身
page 11
page 12
第2章 資源と環境技術
page 1
リサイクルされるレアメタル
page 3
page 4
レアアース戦争
page 6
page 7
page 8
微生物と植物が地球を救う
page 10
page 11
page 12
page 13
日本が産油国になる日
page 15
page 16
第3章 電気社会の到来
page 1
宇宙太陽光発電衛星計画
海洋温度差発電
page 4
page 5
page 6
直流送電技術
page 8
ワイヤレス送電技術
page 10
電気自動車の可能性
page 12
page 13
page 14
page 15
キャパシタ搭載バス
page 17
page 18
ハイウェイトレイン構想
page 20
ギガンティック・トウキョウ
page 22
page 23
page 24
第4章 食料生産技術
page 1
野菜工場
page 3
page 4
CAS冷凍技術
page 6
page 7
クロマグロの養殖
page 9
page 10
第5章 宇宙科学技術
page 1
小惑星探査機「はやぶさ」
page 3
page 4
page 5
page 6
アブレータ耐熱技術
page 8
page 9
page 10
page 11
イカロスの翼
学術・科学技術予算について
page 14
page 15
page 16
第6章 軍事技術
page 1
CSMミサイル構想
page 3
page 4
page 5
F22とF35はガンダムとジムくらいに違う
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
自衛隊がF22を持つ意味
page 13
page 14
page 15
空母型護衛艦「ひゅうが」
page 17
page 18
page 19
第7章 日本の安全保障と国家モデル
page 1
軍事力による平和
page 3
page 4
page 5
page 6
ODAは肉食動物を太らせた
page 8
page 9
アメリカの強さの源泉
page 11
page 12
日本がスネ夫になるための2つの条件
page 14
page 15
しずかちゃんに成りかけた日本
page 17
page 18
page 19
かつての日本はノビスケだった
page 21
page 22
日本が出来杉君になる日
page 24
page 25
あとがき
あとがき

閉じる


<<最初から読む

109 / 130ページ

「逆らえない平和」とは、文字どおり、軍事超大国による一極支配による平和のこと。近年でいえば、パックス・アメリカーナがそれに当たる。

 

そして、「睨み合いの平和」とは、軍事力均衡による、戦争抑止状態、巷でよく言われるところのバランス・オブ・パワーのこと。

 

そして、今は、例のサブプライムに端を発する金融危機や、アメリカそのものの経済力の陰りもあって、「パックス・アメリカーナ」から「バランス・オブ・パワー」に移行しつつあるのではないか、と筆者は思っている。

 

軍事は兎に角、金がかかる。特に軍事的優位を確保するための、絶えざる兵器開発・配備に兵の補充と訓練。近代戦になればなるほど、莫大な金が必要になる。

 

アメリカの軍事予算は、年間60兆円もある。日本の年間税収の2倍も使っている。そのうちの何割だか、何パーセントだかは分からないけれど、その一部は、日本を含めた東アジアの平和維持のために使われている。

 

それに対して、自衛隊の予算は全部で5兆円ほどだから、もしも、在日米軍が全面撤退した場合には、日本の国防予算は確実に、かつ爆発的に増えることはほぼ間違いない。

 

これは、東アジアの軍事力均衡状態に持っていく、すなわち、「睨み合いの平和」によって、平和維持を行なうという場合になるけれど、もちろん、もう一つの「逆らえない平和」による平和維持も当然有り得る。

 

つまり、アメリカを除いた東アジアのどこかの国が、軍事力を拡大して東アジアを一極支配する、ということ。

 

では、どの国が、東アジアを一極支配するほど軍事力を拡大し得るか、といえば、それはもう言うまでもない。日本では絶対ない。日本にそれだけの力はない。

経済、兵員、その他を考えても、東アジアを支配するだけの基地を建設して、第7艦隊並みの海軍を持つなんて、ちょっと無理だろうと思われる。

 

日本がアメリカと戦争しても負けないくらいの軍事力を持たない、又は持てない場合には、日本が選択できるのは、アメリカによる「逆らえない平和」か、別の軍事大国による「逆らえない平和」、そして「睨み合いの平和」の3択しかない。現実問題としてそうなってしまう。

 

もしも、日本がアメリカによる「逆らえない平和」を放棄して、なおかつ「睨み合いの平和」も選択しないとするならば、後は、アメリカ以外の軍事大国による「逆らえない平和」の中に組み込まれるしかない。

 

だから、これは、大きく言えば、日本がそういう選択をして、それでよいのか、という問題に行き当たる。

 

筆者は「我儘で乱暴だけれど自由と正義を標榜する国」による「逆らえない平和」か、「友好ばかり口にするけれど、政府批判は弾圧して、民族浄化するような国」による「逆らえない平和」かのどちらかを選べ、と問われたら、文句なく前者を選ぶ。 

 

アメリカによる「逆らえない平和」を選択した場合は、アメリカ自身が昔ほどの力が無くなってきているから、東アジアは序々に「睨み合いの平和」に移行すると予想される。

 

今、アメリカは、その「睨み合いの平和」のための軍事力の一部を、当事国に受け持って貰いたいと考えたならば、日本を含め、同盟国に色々と負担を求めてくることになる。

 

その視点からみれば、アメリカの軍事再編ロードマップも、なるべく自国の負担を減らしつつ、平和維持のための方策を模索しているといえる。

 

普天間は、嘉手納のバックアップ飛行場でもあるし、国連軍指定基地でもあるから、東アジアが「睨み合いの平和」に移行する以上、その戦略的価値が高まることはあっても、下がることは有り得えない。

そうしたことを考えると、一番現実的かつ、安上がりに日本を守ろうとすれば、アメリカ軍には居て貰ったほうが良い。

ODAは肉食動物を太らせた

もうひとつ、政治的論理による平和維持、すなわち、外交努力による平和維持の模索、こうした観点がある。

 

これは、要するに、みんな草食動物にしてしまえ、ということ。

 

皆がみんな「争い」なんて考えたこともない、そんな言葉聞いたこともない、「戦争?何それ、おいしいの?」くらいにまでなってしまえば、戦争など起きるわけがない。

 

自然界でもそうだけれど、争いが起こるときというのは、大抵の場合は、餌が無くなったときと相場が決まっている。

 

勿論、国内の不満があるときにそれを逸らす意味で、軍事行動や威嚇行動をすることはあるけれど、ほとんどは、国民が飢えたときに、他国への軍事行動を起こす危険がある。

 

腹が減ったら獲物を探して、餌にする。生きるためには仕方がない、そういう論理。

 

だけど、肉食動物であっても、腹が満たされている限り、狩りをするわけでもない、というのもまた事実。ライオンだって、満腹のときは狩りなんかせずに、寝そべったりなんかしている。

 

これを現実問題に当てはめるとどうなるかというと、身も蓋もない言い方をすれば、「バラマキ」をするということ。要するに、他国へ経済援助をバンバンやるということ。相手を満腹にしてやれば、襲ってこないだろう、という理屈。

 

けれど、これは、これまで日本がODAとして、散々やってきたこと。

 

日本は、世界各国に対してODAを何十年もやってきたけれど、それによって、世界のどの国が「草食動物」になったのかを考えてみると、「草食動物」になったのもあるかもしれないけれど、「肉食動物」のまま変わらなかったのもある、というのが現実の姿だと直視する必要がある。


日本から遠く離れた、アフリカだとか、中東だとか、近いところでは東南アジアなどもそうだけれども、彼らは、日本に対して非常に友好的。

 

それは、ODAによって腹が満たされたからというのもその理由のひとつであることは疑い得ない。その意味では、このやり方は成功したといえる。だけど、それが通じなかった国もまたあることも、認めなければいけない。

 

日本は特に、隣の中国に対して沢山の餌をばら撒いてきたけれど、中国はODAの餌をたらふく食べては、ミサイルも作っていた。日本は、中国という「肉食動物」にせっせと餌をやっては、肥え太らせていった結果を自ら招いた。

 

そんな肉食動物が、なぜ日本に襲い掛かってこなかったというと、その理由は2つある。

 

ひとつは、日本も庭先に最強の肉食動物を飼っているということ。もうひとつは、日本自身もほんの60年ほど前までは、最強の肉食動物であった、ということ。

 

日本が今、飼っている肉食動物とは、言うまでもなく、在日米軍のことだし、日本自身も、かつて、大日本帝国と呼ばれていた頃は、アメリカ以外には負けたことのない、最強の肉食動物だった。

 

それがあるがために、現在の肉食動物である中国も、迂闊に手を出せないでいる。(民主党政権になって、味見的に尖閣に手をだしてきたが。)

 

その一方、そんな相手を刺激するような真似なんかしなくても、経済交流を活発にして友好関係を築けばいいじゃないか、という考えもある。

確かに友達になってしまえば、襲われることはない、というのはそのとおり。だけど、たとえば、腕力に自信のあるガキ大将が、絶対に逆らうことのないと分かっている金持ちの友達を持ったとしたら、かなりの確率でお金をたかる事になるだろうというのは、容易に推測できる。。

 

いわば、ドラえもんでいうところの、ジャイアンに対するスネ夫かのび太のような関係。

 

いくら友達になったとしても、その相手がジャイアンだったとしたら、のび太のままでは、ヤラれ放題になってしまう。だから、それでいいのかどうか、今の日本は、その選択を問われている。

 

日本はこれまで、アメリカというジャイアンに対して「こころの友よ」の関係を作ることで、守って貰っていた。

 

そのジャイアンに出て行けと言ったとして、代わりのアテがあるのかというと今はない。中国を「新しいジャイアン」にすればいいという意見もあるかもしれないけれど、その隣の「新しいジャイアン」が「きれいなジャイアン」である保証はない。

 

とすると、今のジャイアンが、まだ「こころの友」でいてくれるうちに、自分がジャイアンになるくらい鍛えるか、それが出来なければ、圧倒的軍事的優位を確立する技術力の開発と配備しかない。つまり、日本がドラえもんの「ひみつ道具」を作ってしまうという選択。

 

日本がいきなりジャイアンになる、なんて言ったら、中国は益々いきり立ってしまうだろう。故に、アメリカというジャイアンと「こころの友よ」の関係をがっちりと維持しつつ、時にはジャイアンの「ジャイ子の悩み相談」でもしてやって、その裏で、こっそりと「ひみつ道具」を開発しておくのが得策ではないかと思っている。



読者登録

日比野克壽さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について