目次
まえがき
page 2
page 3
page 4
タイトル目次
page 1
page 2
page 3
第1章 エコ技術と生産技術
page 1
アメリカの新車燃費規制
page 3
page 4
公差の魔術
page 6
page 7
page 8
page 9
海賊版対策とIpadの中身
page 11
page 12
第2章 資源と環境技術
page 1
リサイクルされるレアメタル
page 3
page 4
レアアース戦争
page 6
page 7
page 8
微生物と植物が地球を救う
page 10
page 11
page 12
page 13
日本が産油国になる日
page 15
page 16
第3章 電気社会の到来
page 1
宇宙太陽光発電衛星計画
海洋温度差発電
page 4
page 5
page 6
直流送電技術
page 8
ワイヤレス送電技術
page 10
電気自動車の可能性
page 12
page 13
page 14
page 15
キャパシタ搭載バス
page 17
page 18
ハイウェイトレイン構想
page 20
ギガンティック・トウキョウ
page 22
page 23
page 24
第4章 食料生産技術
page 1
野菜工場
page 3
page 4
CAS冷凍技術
page 6
page 7
クロマグロの養殖
page 9
page 10
第5章 宇宙科学技術
page 1
小惑星探査機「はやぶさ」
page 3
page 4
page 5
page 6
アブレータ耐熱技術
page 8
page 9
page 10
page 11
イカロスの翼
学術・科学技術予算について
page 14
page 15
page 16
第6章 軍事技術
page 1
CSMミサイル構想
page 3
page 4
page 5
F22とF35はガンダムとジムくらいに違う
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
自衛隊がF22を持つ意味
page 13
page 14
page 15
空母型護衛艦「ひゅうが」
page 17
page 18
page 19
第7章 日本の安全保障と国家モデル
page 1
軍事力による平和
page 3
page 4
page 5
page 6
ODAは肉食動物を太らせた
page 8
page 9
アメリカの強さの源泉
page 11
page 12
日本がスネ夫になるための2つの条件
page 14
page 15
しずかちゃんに成りかけた日本
page 17
page 18
page 19
かつての日本はノビスケだった
page 21
page 22
日本が出来杉君になる日
page 24
page 25
あとがき
あとがき

閉じる


<<最初から読む

99 / 130ページ

F22とF35は同じステルス機でも、前者は格闘・制空戦に秀でていて、後者は汎用型(マルチロール)という違いがあり、ガンダムとジムほどに違うとは先に述べた。

 

もちろん、F35も優れた機体ではあるのだけれど、何に使うのか、という目的によってその良し悪しは変わる。

 

F35はアメリカとイギリス、イタリア、オランダ、オーストラリアなどによる共同開発の機体で、大きく3種類ある。

 

 

 1.F35A 通常離着陸:F-16の後継機及びF22の補佐機 航続距離:2,220 km

 2.F35B 短距離離陸・垂直着陸:ハリアー後継機   航続距離:1,670 km

 3.F35C 艦載型  :F-18後継           航続距離:2,220 km

 

F35Aがベースとなる基本形で、F35Bが小型空母艦載向け、F35Cが正規空母艦載向けといったところになろうか。

 

ただ、F35に正式採用になったとして、防衛省がどのタイプのF35を選定するかによって、日本の防衛に関する考えが見えてくる。

 

日本のように専守防衛を則とする国家だと、相手が日本の領空に接近してきて始めて、その要撃に出撃することになる。領空侵犯に対する要撃を考えたとき、スクランブルからいかに素早く接敵できるかが鍵を握るから、日本の制空戦闘機に求められるのは、離陸してから高高度到達までの上昇速度の速さや航続距離の長さ。

 

空自の主力戦闘機であるF15の航続距離は巡航速度で3,450 km、燃料の増槽タンクをつければ、 4,630 kmにもなる。海面上昇率は15200m/minで、2万mまで23秒、3万mまで318秒で到達する。

同世代の他国戦闘機と比べても、上昇率こそ劣るものの、航続距離の長さは群を抜いている。これは海岸線の長い日本では必要とされるもの。

 

その点、F35は航続距離において不安がある。また、エンジンが単発だから、F15のように双発エンジンを積んだ戦闘機と違って、片方が壊れても、もう片方で飛ぶなんてことができない。

 

ただでさえ、人員が少なく、ましてやパイロットが貴重な空自にとって、これは不安材料。

 

であれば、まだ航続距離が巡航で3.706 kmあり、双発エンジンで、スーパークルーズも備えたユーロファイターがよさそうに思うのだけれど、F35にするというのであれば、致し方ない。

 

ただ、もしかしたら、防衛省は別の可能性も念頭においているのかもしれない。それは将来、日本も空母を持つ構想があるということ。

 

もしも、空母艦載形のF35BかCあたりを選定するのなら、選択肢としてそれを持てることになる。

 

空母を持つことは、莫大な金がかかるけれど、軍事プレゼンスおよびシーレーン防衛に大きな力にはなる。

空母型護衛艦「ひゅうが」

2009年3月18日、ヘリコプター空母型護衛艦「ひゅうが」が横須賀基地に配備された。

 

「ひゅうが」というと、旧帝国海軍の伊勢型航空戦艦の弐番艦「日向」を連想するむきも多いだろう。護衛艦の扱いだけど、実運用は空母としての機能も果たすから「ひゅうが」と命名したのだろう。適切なネーミングではないかと思う。

 

「ひゅうが」は全通甲板を持つ海上自衛隊最大の護衛艦。護衛艦となっているけれど、見た目は小型の空母にしかみえない。

 

満載排水量は推定18,000t。哨戒ヘリコプターを搭載しての潜水艦駆逐を主な任務とし、艦隊旗艦としての通信能力や居住性も考慮されているそうだ。大規模災害時の海上基地としての機能も盛り込まれているというから、地震などでも救援活動にも威力を発揮するように思われる。

 

また、全通甲板があるのだから、いっそのこと垂直離着陸戦闘機でも積んで本当の空母にできないか、との声もあるようだけれど、空母としては規模が小さすぎて離発着が難しいのと、それ以前に乗せられる機数が少ないので通常空母としての戦力にはならないようだ。

 

とはいえ、対潜ヘリコプターを搭載するヘリ空母があることは、制海権確保という意味では大きな意味を持つ。

 

ヘリ空母があると、潜水艦を監視できる範囲が広がるし、基地から対潜哨戒機かなんかで索敵することに比べてさらに自由度が広がる。

 

これに対抗しようとすると、ヘリ空母の行動範囲内の制空権を確保して、対潜ヘリを追っ払うだけの航空戦力を持たなければならなくなるのだけれど、戦闘機を搭載するためには、離発着に耐える強度や十分な甲板の長さ、カタパルトなどの設備が必要になってくる。

戦闘機を搭載するには、どうしても中型~大型規模の排水量6万トン以上の空母が必要だとされている。

 

中国が建造を計画している空母は甲板長320メートル、幅70メートルで排水量は6万トンと言われているから、戦闘機の搭載も視野に入ってはいるのだろう。

 

とはいえ、空母に艦載機を積んだだけで、直ぐに実運用できると思うのは少々甘い。

 

空母はひらたく言えば、海上にある飛行場だから、地上の航空基地と同じレベルのことができないと意味がない。それは何かといえば、当たり前のことだけど、艦載機が離発着できて、燃料補給ができて、整備その他のメンテナンスができること。こうした機能を船の中に持たせたのが空母。

 

だけど空母はあくまでも船だから、飛行場のように1Kmもあるような長い飛行甲板は持てないし、積める燃料や整備部品にも限りがある。それに一旦海上作戦行動に出たら補給も十分にはできなくなってしまう。

 

今の戦闘機は第二次大戦期のころのものと比べて何倍も重くなっているから、離陸するのに必要な滑走距離は長くなるばかり。

 

因みにゼロ戦の全備重量は2743Kg、グラマンF6Fヘルキャットの全備重量は5640kg、当時のアメリカ空母『ヨークタウン』の全長は247メートル、帝國海軍空母『翔鶴』の全長は250メートルであったのに対して、現在のアメリカ海軍主力艦載機『F/A-18ホーネット』が16,651kg23,541kg、空母『キティーホーク』の全長は318.5メートルとなっていて、艦載機の重量が3~4倍になっているのに、空母の全長は1.3倍程度。

 

艦載機の重量増に対して、空母はそれほど大きくなっていない。だから離陸に必要な滑走距離の不足を補うために、カタパルトなどの加速設備や、スキー・ジャンプ勾配を設けたりしている。


そういった制約の中で艦載機を積んだ通常空母を運用しようと思ったら、地上基地と比較して全然短い飛行甲板でも離発着できるパイロットを訓練して養成しなくちゃいけないし、限られた予備部品で整備ができる優秀なスタッフも揃えないといけない。どこかの国のように戦闘機の稼働率が50%しかない整備力しかないと、実質戦力は搭載艦載機の半分になってしまう。

 

空母は金も人もかかる。

 

米海軍原子力空母(Carrier Vessel Nuclear)のミニッツ級を例にとると、建造費だけで4500億円、維持・運用費用は年間400億円。先頃退役した原子力を動力としないキティホーク級(排水量6万トンクラス)ですら、艦自体の建造費が約2500億円、維持運用コストが年間300億円弱という。海上自衛隊の「あたご」級イージス艦の建造費が約1400億円であったことを考えるとべらぼうに高い。

 

また、空母の人員をとっても米空母の場合、1隻の乗員は航空団合わせて50006000人必要だし、常時安定運用するのに最低限必要とされる3隻を保有しようとなると、もっと人員が必要になる。

 

イージス艦一隻の乗員数は300名くらいだから桁が違う。海上自衛隊は陸海空最小の約4.2万人、予算約1.1兆円の規模だから、正規空母を持つということがどれだけ負担になるか火をみるより明らか。

 

中国だったら人数の問題はなんとかなるかもしれないけれど、それでも経済的負担は結構なものになる。

 

中国の2009年度(1-12月)国防予算は前年度実績比14.9%増の4806億人民元(約69000億円)とされている。常時12隻の空母を就役させているアメリカの軍事費が4500億ドル(約53兆円)であることを考えると、7兆円規模の国防予算では4隻の空母を建造して運用するにはまだ足りないだろう。実際は中国の軍事予算は、もっと多くてその2~3倍はあるという観測があるけれど、空母運用を本気で考えているとするとあながち的外れじゃない。

読者登録

日比野克壽さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について