目次
まえがき
page 2
page 3
page 4
タイトル目次
page 1
page 2
page 3
第1章 エコ技術と生産技術
page 1
アメリカの新車燃費規制
page 3
page 4
公差の魔術
page 6
page 7
page 8
page 9
海賊版対策とIpadの中身
page 11
page 12
第2章 資源と環境技術
page 1
リサイクルされるレアメタル
page 3
page 4
レアアース戦争
page 6
page 7
page 8
微生物と植物が地球を救う
page 10
page 11
page 12
page 13
日本が産油国になる日
page 15
page 16
第3章 電気社会の到来
page 1
宇宙太陽光発電衛星計画
海洋温度差発電
page 4
page 5
page 6
直流送電技術
page 8
ワイヤレス送電技術
page 10
電気自動車の可能性
page 12
page 13
page 14
page 15
キャパシタ搭載バス
page 17
page 18
ハイウェイトレイン構想
page 20
ギガンティック・トウキョウ
page 22
page 23
page 24
第4章 食料生産技術
page 1
野菜工場
page 3
page 4
CAS冷凍技術
page 6
page 7
クロマグロの養殖
page 9
page 10
第5章 宇宙科学技術
page 1
小惑星探査機「はやぶさ」
page 3
page 4
page 5
page 6
アブレータ耐熱技術
page 8
page 9
page 10
page 11
イカロスの翼
学術・科学技術予算について
page 14
page 15
page 16
第6章 軍事技術
page 1
CSMミサイル構想
page 3
page 4
page 5
F22とF35はガンダムとジムくらいに違う
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
自衛隊がF22を持つ意味
page 13
page 14
page 15
空母型護衛艦「ひゅうが」
page 17
page 18
page 19
第7章 日本の安全保障と国家モデル
page 1
軍事力による平和
page 3
page 4
page 5
page 6
ODAは肉食動物を太らせた
page 8
page 9
アメリカの強さの源泉
page 11
page 12
日本がスネ夫になるための2つの条件
page 14
page 15
しずかちゃんに成りかけた日本
page 17
page 18
page 19
かつての日本はノビスケだった
page 21
page 22
日本が出来杉君になる日
page 24
page 25
あとがき
あとがき

閉じる


<<最初から読む

93 / 130ページ

これまでの戦闘機はマッハ以上の速度を出すには、アフターバーナーなしではほとんど不可能。だから、いくら最高速度がマッハ2だの、マッハ2.5だのいったところで、ほんの少ししか使えない一時的な最高性能にしかすぎなくて、実使用上の性能じゃない。

 

したがって、作戦行動が取れる時間と質を考えると、F22が持つ超音速巡航(スーパークルーズ)機能は、現行機に大きく差をつける要素になっている。

 

では、そんなスーパーなF22とF35では何処か違うかというと、エンジンの推力差が一番の違い。F22は双発エンジンを積んでいるのに対してF35は単発エンジン。F22の超機動性や超音速巡航機能はそのエンジン推力の大きさに拠るところが大きいから、諸元性能でもエンジンに依拠した差が出る。

 

F35には超音速巡航(スーパークルーズ)機能はない。

 

それでもステルス性とか基本設計思想はF22と同じだから、F35だってF22を除けばユーロファイターと並んでほぼ世界最強の戦闘機と言っていい。

 

もともとF35は開発費を抑えるために、各国の次期新型機の開発を一本化して各国の要求を満たす共通の機体として共同開発をしている経緯もあって、汎用性が高い仕様になっている。

 

アメリカ空軍はF16やA10-Aの後継機として、アメリカ海兵隊はF/A-18の後継機として、そしてイギリスはハリアー戦闘機の後継機として開発しているから、F35は通常離着陸型、短距離離陸・垂直着陸型、艦載型の3タイプを製造出来るように単座、単発機の開発計画を持って進められている。

 

その意味では、F22は格闘戦に重きを置いたスペシャル仕様で、F35は何でもかんでも使える汎用性の高い(マルチロール)仕様だと言える。


基本設計思想が同じで、実仕様はスペシャルと汎用量産型という関係は、無茶な例えだけれど、アニメのガンダムとガンダムの量産型で雑魚キャラのジムのそれに近いようにも思える。アメリカは世界各国にジムを売り込んで、日本はつい最近までガンダムを欲しがった。どちらがいいかは、それを実際にどう使いたいかによるのだろう。

 

アニメ作品中のガンダムは殆ど無敵の強さを発揮していた。F22の強さを”ガンダム”だとすると、F15やF16なんかの現行戦闘機はあっという間にやられてしまう雑魚キャラになる。それくらい性能が違う。

 

今、イギリスなどは日本に対して、4カ国共同開発の新型戦闘機である、ユーロファイターを猛烈に売り込んできている。

 

ジェット戦闘機は1940年代に初登場したジェット戦闘機を第1世代として、現在最新のF22までの第5世代までに分類されている。おおよその分類と代表機種を次に示す。

 

 

世代   年代    特徴  代表機種

--------------------------------------------------------

第1世代 19501950 亜音速 F86F,MIG-17

第2世代 19501960 超音速 F100,MIG-21,ミラージュⅢ,サーブ35ドラケン

第3世代 19602000?超音速 F4ファントムⅡ,MIG-25,ミラージュF1,三菱F-1

第4世代 19802010?多目的 F14,F15,F16,MIG-29,Su-27,ミラージュ2000,J11A

4.5世代 19902020?高機動 F15E,F18,Su-33,ユーロファイター,10,三菱F-2

第5世代 20002025?ステルス  F22,(F35,Su-47,心神)

--------------------------------------------------------

 

 

ユーロファイターは、イギリス、イタリア、スペイン、ドイツの四カ国が共同開発した戦闘機で、第4世代と第5世代の中間に位置づけられていて、第4.5世代戦闘機に分類されている。

とはいえ、第4.5世代の第5世代との差はステルス性くらいであって、武器積載量なんかは第5世代を上回っている場合さえある。これは、第5世代戦闘機がそのステルス性を確保するために、武器弾薬を機体内に納めたという理由に拠る。

 

ユーロファイターとF22の緒元性能を比較すると、空戦能力もF22に次ぐとされ、ステルス性くらいしか大きな差は見当たらない。F22と比べれば速力は劣るものの、全備重量でマッハ1.3の超音速巡航(スーパークルーズ)も可能だという。

 

ステルスといっても全くレーダーにキャッチされないというわけじゃない。距離がうんと近づけば通常レーダーでも探知されてしまう。

 

レーダーは自身から発したレーダー波が、対象物体にぶつかって反射した信号をキャッチすることで探知する仕組みだから、ステルスは基本的に、自機に向かってくるレーダー波を吸収するか、そのまま反射させずに横方向とかに散らすことを基本コンセプトにしている。

 

だからステルス戦闘機は、向かってきたレーダー波を180度反射させないようにレーダー波に対して垂直になる面を極力さける形状をとることになる。尾翼なんかをわざと斜めに取り付けたりするのなんかはその例。

 

また、レーダー波を吸収するような特殊な素材を使ったり、電波を吸収する性質を持つ塗装を施したりする。その反面、機体の僅かな傷とか塗装の剥げなんかにも気を使わなくてはならなくなって、メンテナンスが大変になる。

 

今では、ステルス能力を示すのに、RCS(Radar cross section)という指標が良く用いられる。RCSとはある物体をレーダーの電波で捉えたときに、その電波の反射波が発信したレーダーに戻ってくる部分を面積で表したもの。


F15のRCSは6㎡であるのに対して、F22のRCSはわずか0.01㎡で600分の1。レーダーの探知距離はRCSの4乗根に比例するとされているから、F22はF15と比べて大よそ5分の1の被探知距離しか持っていない。更に付け加えるなら、F22の正面のRCSはなんと0.0001~0.0006㎡であり、小鳥か昆虫と同レベルだという。

 

無論、ステルス対策自身は、ユーロファイターにも施されてはいる。だけどそれは、電波吸収材の使用などによる前方からのRCSの低減に特化している。よって、空戦のように正面の敵機からのレーダー探知には威力を発揮するけれど、地上からのレーダー探知みたいに正面以外からのレーダー波には弱い。

 

ユーロファイターのRCSはトーネードー爆撃機の4分の1以下で、F18スーパーホーネットのRCSである約1.0㎡より小さいとされている。仮にユーロファイターのRCSを1.0㎡と仮定して被探知距離をF22のRCSの0.01㎡と比較すると、ユーロファイターはF22の約3倍の被探知距離になる。尤も正面RCS同士で比較すると彼我の被探知距離6.4~10倍にまで広がってしまうから、相当に差があると見ていいだろう。

 

いずれにせよ、これを致命的とみるかそうでないとみるかが一つの指標になるように思う。

 

F22が眼前に迫るまでレーダーで捉えられず、逆にF22からは攻撃されるということは、F22と空戦をする戦闘機はほぼ一方的にやられてしまうことになる。

 

実運用面を別として、世界一の性能を持つF22に関しては、導入するだけで発揮する効果がある。それは、その圧倒的性能を見せつけることで相手の侵攻意欲を挫くこと。

 

F22を配備することができれば、制空権はほぼ掌握できるから、敵国は、ミサイルは別として、おいそれと通常戦力では攻撃できなくなる。

自衛隊がF22を持つ意味

海岸線が長い日本において、敵兵の上陸を阻止するには、足の長い戦闘機が要求される。航空自衛隊の飛行場が全部使用可能であればいいけれど、たとえば、敵国の先制ミサイル攻撃かなにかでいくつかの飛行場が使用不能になっていたとしたら、別の基地から救援に飛ばなくちゃいけない。最低でも日本列島を往復できるくらいの航続距離は欲しい。しかも即救援にいけるためには、巡航速度もうんと速い方がいい。

 

だから、スーパークルーズ機能がある機種のほうが望ましい。F22とかユーロファイターとか。

 

特にF22は格闘戦闘力は他を寄せ付けないから性能的には申し分ない。

 

F22は1機でF15を同時に5機相手にできるといわれている。すなわちF22を100機持てば、格闘戦においてF15が500機あるのと同じだということ。

 

仮にF22の戦闘力を別機種との模擬戦闘結果をベースに見積もったとすると、対F15、対F16の模擬空戦成績は、対F15で、144機撃墜して損害なし。対F16では241機撃墜して、損害2機だから、おおよそ150から250倍の戦闘力があると言える。

 

この戦力比の圧倒的な差は、パイロットの養成を考えるとこの上なく大きい。とくに隣の人口大国のように人だけはやたらいる所とは違って、自衛隊の人員は不足してる。ましてやパイロットとなったら言うまでもない。

 

だから、たとえば、F22を100機調達して、そのパイロットを養成できれば、戦力比をそのまま掛けると、およそ15000機のF15に相当する戦力を持つことになる。

 

中国空軍は、最新鋭のSu-27/Su-30MKKシリーズを300機以上持っていると言われているけれど、仮にそれが3000機になっても十分対応できる。

読者登録

日比野克壽さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について