目次
まえがき
page 2
page 3
page 4
タイトル目次
page 1
page 2
page 3
第1章 エコ技術と生産技術
page 1
アメリカの新車燃費規制
page 3
page 4
公差の魔術
page 6
page 7
page 8
page 9
海賊版対策とIpadの中身
page 11
page 12
第2章 資源と環境技術
page 1
リサイクルされるレアメタル
page 3
page 4
レアアース戦争
page 6
page 7
page 8
微生物と植物が地球を救う
page 10
page 11
page 12
page 13
日本が産油国になる日
page 15
page 16
第3章 電気社会の到来
page 1
宇宙太陽光発電衛星計画
海洋温度差発電
page 4
page 5
page 6
直流送電技術
page 8
ワイヤレス送電技術
page 10
電気自動車の可能性
page 12
page 13
page 14
page 15
キャパシタ搭載バス
page 17
page 18
ハイウェイトレイン構想
page 20
ギガンティック・トウキョウ
page 22
page 23
page 24
第4章 食料生産技術
page 1
野菜工場
page 3
page 4
CAS冷凍技術
page 6
page 7
クロマグロの養殖
page 9
page 10
第5章 宇宙科学技術
page 1
小惑星探査機「はやぶさ」
page 3
page 4
page 5
page 6
アブレータ耐熱技術
page 8
page 9
page 10
page 11
イカロスの翼
学術・科学技術予算について
page 14
page 15
page 16
第6章 軍事技術
page 1
CSMミサイル構想
page 3
page 4
page 5
F22とF35はガンダムとジムくらいに違う
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
自衛隊がF22を持つ意味
page 13
page 14
page 15
空母型護衛艦「ひゅうが」
page 17
page 18
page 19
第7章 日本の安全保障と国家モデル
page 1
軍事力による平和
page 3
page 4
page 5
page 6
ODAは肉食動物を太らせた
page 8
page 9
アメリカの強さの源泉
page 11
page 12
日本がスネ夫になるための2つの条件
page 14
page 15
しずかちゃんに成りかけた日本
page 17
page 18
page 19
かつての日本はノビスケだった
page 21
page 22
日本が出来杉君になる日
page 24
page 25
あとがき
あとがき

閉じる


<<最初から読む

78 / 130ページ

イトカワは生命の存在の可能性がある天体と見なされていないから、そこまで要求されてはいないのだけれど、JAXA宇宙科学研究所は、物質をまったく外気に触れない状態で回収・分析できる、「クリーンチェンバー」と呼ばれる世界で唯一の装置を備えている。クリーンチェンバーは、2室構成になっていて、カプセルを開封して、真空環境で一部試料を保管出来るように、超高真空仕様とした第1室と、大気圧高純度窒素雰囲気(不純ガス成分500ppb以下)で試料を扱うグローブボックス仕様の第2室に分かれている。

 

また、チェンバー内面や付属物、チェンバー内に導入される治工具は予め真空環境での加熱処理を行うことで、表面に付着している汚染ガス分子成分を極力取り除いている。クリーンチェンバー内は、粒子・塵発生源を限ることが可能な小さな空間で、内部の地球源微粒子をゼロに近づけることが出来るという。開封せずに日本に運ばれる、「はやぶさ」の回収カプセルは、このチャンバー内で開封される。カプセル内部には、残留ガス(重希ガス)があることも考えられていて、まずはガス質量分析を行なったのち、ガスがあればそれを抜いてから、試料の光学観察を行うことになっている。

 

その後、試料を汚染しないように、クリーンチェンバー外から長作動距離顕微鏡を使って、光学観察データを採取して、試料の粒度分布を解析する。また、試料の重さの測定もクリーンチェンバー内に組み込んだ電子天秤で実施する。もしも、試料が十分に有る場合は、赤外分光観測をして、光学特性を測定する予定もあるという。試料は、顕微鏡で観察しながら「特製ピンセット」で拾い上げるそうなのだけれど、このピンセットは専用に開発された超特製品。材質は、触れた物質を汚染する可能性が極めて低い石英ガラスで、これを加熱して両側から引っ張って、ちぎれた部分をピンセットとして使うという。

これによって、ピンセットの先端は幅1000分の1ミリ以下という超々極細。この先端に電圧をかけて静電気を起こし、そこに引き寄せられた粒子を回収する仕組みになっているそうだ。よくもまぁ、こんなピンセットを考えたもの。回収できた試料は、同じく石英ガラス製の容器に保存して、国内の初期分析チームが解析。その後、各国から寄せられた優れた研究テーマの提案者たちに配って、一部は真空の容器に収め、後世のために保存される。このクリーンチェンバーを見学に訪れた、NASAの研究者達は、その汚染を防ぐ構造やコンパクトな外観に「ビューティフル」の声を上げたという。

 

全てのミッションを完璧にこなした「はやぶさ」は、大気圏再突入し、燃え尽きたけれど、その活躍には世界各国からの賞賛の声が集まっている。今回の「はやぶさ」のように、地球外の天体からサンプルを持ち帰る計画は、日本だけでなく、世界でも進んでいる。アメリカは、近地球型小惑星からのサンプルリターンを行うOSIRIS計画を進めているし、欧州宇宙機構(European Space Agency)は、無人探査機による火星サンプルリターン計画を発表している。そして、中国は月探査機「嫦娥3号」による月からのサンプルリターン計画を、更には、インドが月探査機「チャンドラヤーン2号」による月からのサンプルリターン計画をそれぞれ発表している。

 

日本も、はやぶさ後継機である、「はやぶさ2(仮称)」で、イトカワとはスペクトルタイプの異なるC型小惑星からのサンプルリターン計画があり、更に、その次の小惑星探査計画も検討しているそうなのだけれど、科学技術に理解のない政府を持った国は、全く持って不幸であるとしか言い様がない。それにしても、あれほどのトラブルに見舞われながら、「はやぶさ」は、よくぞ地球まで還ってきたものだと思う。JAXAの川口淳一郎教授にして、こちらの声に応えてくれたと言わしめるほどの健気な働きぶりには感動すら覚える程。

「はやぶさ」最後のミッションは、大気圏再突入前に地球を撮影することだった。だけど、これは当初の予定にはなく、「はやぶさ」運用スタッフが、全てのミッションを終えたあと、はやぶさに地球を見せてやりたいとの計らいだったという。

 

「はやぶさ」は 全重量500kgという小型の軽自動車くらいの重量しかなくて、太陽電池パネルの端から端まで広げても、わずか5mしかないコンパクトな探査機。だから、重量約17kgの回収カプセルを分離した後、「はやぶさ」の姿勢は大きく擾乱して3040度も乱れたのだという。それでもなんとか撮影をしようと、最後のリアクションホイール1基とキセノン生ガス噴射で姿勢を正す試みを続け、ようやく20時過ぎから航法カメラで地球撮像を行なった。

 

最後の1枚の画像を低利得アンテナにて内之浦の鹿児島局に送信中、222830秒、通信途絶。最後に「はやぶさ」が送った画像が、自分が還る地球の姿だった。

イカロスの翼

「はやぶさ」うちあげから7年後の2010年5月21日午前65822秒、H-IIA型ロケット17号機が種子島宇宙センターから打ち上げられた。H-IIA型ロケット17号機には、金星探査機「あかつき」と宇宙ヨット実証機「イカロス」が搭載されているのだけれど、今月11日に、その「イカロス」の帆の展開に成功したことが確認された。

 

イカロスとは、ソーラーセイル(太陽帆)と呼ばれる、ポリイミド樹脂製の厚さ僅か7.5μm、大きさが約14メートル四方に渡る超薄膜の帆を広げて、太陽光圧を受けて進む宇宙船。ソーラーセイルは、風の代わりに太陽の光を受けて進むから、エンジンも燃料も要らない夢の宇宙船と言われている。

 

イカロスのセイルの一部には、電力セイルと呼ばれる、薄い膜の太陽電池が貼り付けられていて、太陽の光を受けて発電することが出来るようになっている。イカロスのセイルの片面には、アルミが薄く吹き付けられ、太陽光をよく反射するようになっていて、また、万が一、膜が破れても、その亀裂が途中で止まるような構造になっているという。

 

流石は、「はやぶさ」で数々のフェイルセーフ機能を搭載していたJAXAだけのことはある。イカロスにも「真田さんな技術」は継承されている。イカロスの帆の展開作業は3日から開始されていて、円筒形の機体を回転(最速で毎分25回転)させ、側面に収納されていた樹脂膜を遠心力で伸展、約14メートル四方の帆が完全に広がったというから、まずは、第一ミッション成功。

 

イカロスには次の4つの実証確認というミッションが与えられている。

 

1.大型で薄いセイルを宇宙で展開

2.薄膜太陽電池による発電

3.ソーラーセイルによる加速の実証

4.ソーラーセイルによる航法技術の獲得


学術・科学技術予算について

こうした宇宙開発を始めとした学術・科学技術の開発は、継続的に行なわなければ中々身を結ぶものではない。だけど、政権交代後の民主党政権は、事業仕分けと称して、学術・科学技術を次々と削減していった。2009年11月24日、東京大学を始めとする、9大学の総長は、事業仕分けで、学術・科学技術予算の削減に対して異議を唱え、見直しを求める共同声明を発表した。9大学とは、旧7帝大と早稲田・慶応の9大学だから、日本の学術トップがこぞって削減に反対したと言っていい。

 

学術・研究分野は、いうまでもなく、1年、2年で簡単に成果が出るものじゃないから、その場で儲かる儲からないといった基準で考えると真っ先に削られてしまう類のものであることは、確かにそのとおり。だけど、それでも研究開発されているのは、それが必要とされているからだということは言うまでもない。現代社会は多かれ少なかれ、専門情報や過去の研究結果を下敷きにして、文明が作り上げられており、それがないと成り立たない。たとえば、燃料電池に関する素晴らしい研究が行われていたとする。それが突如研究費がゼロになってそれ以上続けられなくなったとしたら、当然研究開発が進められる環境を探して、そこで研究を続けることを考えるのが普通。

 

もしも、その研究環境を提供してくれるところが、海外だったら、そこに人材は流出してしまう。アメリカが偉いと思うのは、あれだけ合理主義で、金儲けだけを考えていながら知識や学問の価値を認め、世界中から優秀な才能を呼び寄せ、研究させていること。尤も、成果がでないと途端に解雇されてしまうという厳しい社会ではあるけれど、才能および成果には、それに見合った報酬をきちんと支払うという精神が、アメリカをあそこまでの大国にのし上げた。

読者登録

日比野克壽さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について