目次
まえがき
page 2
page 3
page 4
タイトル目次
page 1
page 2
page 3
第1章 エコ技術と生産技術
page 1
アメリカの新車燃費規制
page 3
page 4
公差の魔術
page 6
page 7
page 8
page 9
海賊版対策とIpadの中身
page 11
page 12
第2章 資源と環境技術
page 1
リサイクルされるレアメタル
page 3
page 4
レアアース戦争
page 6
page 7
page 8
微生物と植物が地球を救う
page 10
page 11
page 12
page 13
日本が産油国になる日
page 15
page 16
第3章 電気社会の到来
page 1
宇宙太陽光発電衛星計画
海洋温度差発電
page 4
page 5
page 6
直流送電技術
page 8
ワイヤレス送電技術
page 10
電気自動車の可能性
page 12
page 13
page 14
page 15
キャパシタ搭載バス
page 17
page 18
ハイウェイトレイン構想
page 20
ギガンティック・トウキョウ
page 22
page 23
page 24
第4章 食料生産技術
page 1
野菜工場
page 3
page 4
CAS冷凍技術
page 6
page 7
クロマグロの養殖
page 9
page 10
第5章 宇宙科学技術
page 1
小惑星探査機「はやぶさ」
page 3
page 4
page 5
page 6
アブレータ耐熱技術
page 8
page 9
page 10
page 11
イカロスの翼
学術・科学技術予算について
page 14
page 15
page 16
第6章 軍事技術
page 1
CSMミサイル構想
page 3
page 4
page 5
F22とF35はガンダムとジムくらいに違う
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
自衛隊がF22を持つ意味
page 13
page 14
page 15
空母型護衛艦「ひゅうが」
page 17
page 18
page 19
第7章 日本の安全保障と国家モデル
page 1
軍事力による平和
page 3
page 4
page 5
page 6
ODAは肉食動物を太らせた
page 8
page 9
アメリカの強さの源泉
page 11
page 12
日本がスネ夫になるための2つの条件
page 14
page 15
しずかちゃんに成りかけた日本
page 17
page 18
page 19
かつての日本はノビスケだった
page 21
page 22
日本が出来杉君になる日
page 24
page 25
あとがき
あとがき

閉じる


<<最初から読む

18 / 130ページ

コンビニや自販機で売られているコカコーラは、元となる原液を炭酸水で割ったものなのだけれど、その原液の製法について特許出願を出していない。なぜかというと、製法を特許として開示してしまうことで、誰にでも真似できてコピー商品を作られてしまうから。公差も同じ。公差図面さえ流出させなければ、現物があっても公差は分からない。

 

どんなに正確にコピーした積もりでも、公差をきちんと守らないと全く動かないという設計の仕方は、作るほうにとっては大変なところもあるだろうけれど、十分に海賊版対策になる。また、そうして、設計時にきちんと公差を考え、それを実現する部品を揃えるということもまた技術の継承に繋がってゆく。

 

ハイブリッドや電機自動車の性能が、公差の厳密さに大きく左右されるような設計をすることができるのなら、コカコーラのようにどんなコピーが出てきたところで怖くない。あとは、ソフトの部分、デザインであるとか見た目をコピーされることへの対策。このあたりの対策が最後まで頭を悩ませることになるだろう。

 

さて、日本のメーカが気をつけるべきことは海賊版対策だけかといえば、今はそうでもなくなってきている。確かに、日本の部品メーカーの凄さのひとつは、彼らが作り上げる部品精度なのだけれど、今やそれが牙を剥いて日本に襲いかかってきている。アップルのIPADには、日本企業の部品がほとんど使われていない。中小企業の部品技術が海外に流出した結果がこうした事態を招くことになった。


米調査会社のアイサプライは、iPadの使用部品に関するリポートとして、主要14部品の名称と部品を供給した企業名、部品ごとのコストをまとめた「部品表」を自社のサイトで公開している。主要部品の供給企業には、韓国や台湾のメーカーがずらりと並び、日本の大手メーカーの名前はゼロ。唯一、TDK子会社の香港企業アンペレックス・テクノロジーが、バッテリー供給会社として名を連ねているだけ。

 

これを何時までも放置すると、競争力を失った企業からバタバタと潰れ、税収は減り、結果として日本の経済繁栄は終わりを告げることになる。当然失業者は益々増大し、どんどん貧乏になる。

 

だから、今政府がやることは、しっかりとした成長戦略を示して、国内産業を立て直すこと。日本を守り、経済成長路線をしっかり敷くこと。成長戦略を示さないまま、既存技術の海外流出を加速を放置してはいけない。

 

今や、オバマ政権の政策シフトによって、アメリカの産業が金融からものづくりにシフトしていこうとしている。更に競争相手が増えることは確実だろう。

 

 

 

 

 

 

 

第2章 資源と環境技術


リサイクルされるレアメタル

一昨年発売された新型プリウスは爆発的は販売実績を残した。発売直前の時点で先行予約は8万台を超え、発売後1週間で更に受注が伸びて、11万台を突破した。あまりの売れ行きに生産が追いつかないほどだった。エコカー減税の効果ももちろんあったのだろうけれど、ハイブリッド等の環境技術はますます注目され、購買意欲に一役買っているのは間違いない。

 

世界中にハイブリッド車が普及するころには、日本の自動車メーカーは、燃料電池車や水素自動車などで依然として技術的アドバンテージを確保している可能性は高い。

 

電気自動車が普及するのは良いとしても、その肝心の電池を製造するに為の資源もまた必要になってくる。特に電池に必要不可欠の白金、リチウム、レアアースなどのレアメタルなんかは、今後ますます重要が伸びることは確実。たとえば、電池に使われるリチウムは炭酸リチウムとして年間7~8万t産出している。そのうちチリ北部に位置するアタカマ塩原にある塩の鉱床でその多くを生産していて、年間4~5万tにも及ぶ。

 

もしも、世界の自動車年間生産台数にあたる6000万台にプリウス並みの小型電池を搭載するようにしたとしたら、炭酸リチウムの年間需要は現在の生産量の約6倍にあたる45万tになるという試算もある。

 

炭酸リチウムの価格は04年には、1Kgあたり1ドルだったものが05,06年で5ドルを超えている。これからますます資源獲得競争が激化するのは目に見えている。こうした資源獲得にたいする対策として考えられる方法は2つある。ひとつは資源埋蔵場所を新たに探索、発掘すること。もうひとつはレアメタルを回収・リサイクルする技術を開発すること。

 

前者については日本の排他的経済水域(EEZ)と大陸棚延伸可能域内にはレアメタルを含む海底熱水鉱床やコバルト、銅、白金を含むコバルト・リッチ・クラストなどが多数発見されている。海底熱水鉱床では世界第一位、コバルト・リッチ・クラストでは世界第二位の資源量があるという。

コバルト・リッチ・クラストとは深海底に存在する鉱物資源のひとつで、マンガン団塊の一種。コバルトを特に多く含むものをいう。中~南部太平洋などの古い基盤をもつ海山の山頂・斜面に広く発達していることが確認されている。海山の斜面や頂上などの岩盤の露出する場所に形成される特徴がある。

 

政府も、レアメタルなどを採取するための海底探査を行うことを計画していて、2018年度までの試験掘削などを行うことを目指している。

こうした海底資源採掘は、採算性が合わなくてなかなか開発が進んでいなかったけれど、近年の資源価格高騰によって大分採算性も見えてくるようになってきた。

 

2010年7月に、東京大学生産技術研究所の浦環教授らが、日本最東端の南鳥島沖深海底にある高さ5千メートル級の拓洋第5海山のマンガン・クラストの厚さを高精度で計測する海底調査に世界で初めて成功した。その調査で、レアアース(希土類)を豊富に含む巨大な鉱床が確認されている。結果の分析から、周辺の鉱石は2億トンに上ると試算する研究者もいる。政府は、この結果をうけ、商業採掘に向けて2011年度から本格調査に乗り出すことを決めている。

 

また、後者のレアメタル回収技術についても近年研究が進んできている。特に携帯電話や家電の廃棄物の山、所謂「都市鉱山」からレアメタルを回収する話は広く知られるようになってきた。都市鉱山からレアメタルを回収するに当たって問題になるのは、実はリサイクルそのものではなく収集コスト。

 

携帯電話には「モバイル・リサイクル・ネットワーク」という、通信事業者やメーカーがサポートしている回収ネットワークがある。だけど回収して得られた資源の利益は収集コストでほぼゼロになってしまうという。

読者登録

日比野克壽さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について