目次
若き日の自分
それが夢ならば
アンコントローラブル
MZ-2000の頃
ここじゃないどこかへ
千葉工業高校の頃
夢中! 熱中! MSX2
ゼッパチ人間の過去・現在・未来
プログラマになるべきか
社会人になって
出てけと言われたその日から
ダリアの花散るとき
はじめての機械設計(1)
はじめての機械設計(2)
エディトリアルデザイナー
瞬きもせず
目覚めの朝、午前5時
ナナゼロ世代のこれから
思索と模索の日々
デジタルネイティブ
恐慌突破!
倒産したら、どうする
とほほな中小企業
これはもうダメかもわからんね
神様がくれた最后の5分
時には母のない子のように
アラフォー世代の挑戦
ブレイクスルーしたくて
謹賀新年2009
応用情報技術者試験
セミナーを受けに行きました
サーチエンジン 小説大好き!!
小説 個人情報の住む街
能動的に生きるということ
勉強嫌いの勉強法
浴びるほど 飲んだ奴ほど 死んで行く
サバイブするということ
仮想自営体験
自営するということ
自己観察 ―セルフモニタリング―
ハチロク世代がやってきた
なぜコンピュータにこだわるのか
JWNTUGの頃
人生の踊り場で小休止
拝啓 15歳の僕へ
90歳のミスター
自分をメンテナンスする
ワークライフバランス
花の生涯
2010年はチカラを温存する年に
謹賀新年2010
思索と模索の果てに
勉強嫌いな学生の皆さんへ
応用情報技術者試験、その後
これから製作所
ハッタリのススメ
中小企業が守っていない企業経営の基礎
ギスギスした職場への処方箋
選手からコーチへの転身
タクシードライバー
デイ・ドリーム・ビリーヴァー
関東と関西の境界線
10年前に、クラウドがあったなら
輝く人になりたくて
工業高校生の就活について(1)
工業高校生の就活について(2)
糖尿病 ―40歳からの警告―
後に続け青春たちよ
小説を始めました
工業高校生の夏休み
校舎の外の世界では
快適!! 朝型生活のススメ
ルック・アジア型にシフトしよう
幸せって何だっけ
連載2周年 書き始めた動機について
最近思うエトセトラ
気合いだ! はどこから来ているのか
PHPビジネス新書『伝える力』/池上 彰
Twitterに違和感を覚える人々
「させていただきます」の濫用
Windows 7 のHDD換装は超簡単!!
電子書籍の奔流
隣の芝生が青く見えた時
休筆のお知らせ
最近思うエトセトラ Part2
MSX PLAYerに寄せるノスタルジー
プログラミングの現場で『もしドラ』を生かす
ソニーの電子書籍 Reader を試してみた
Outlook 2007 で、KB2412171のアップデートをされた方へ
母校の恩師、クリティカルシンキングを語る
神奈川県座間市の電脳書房さん
近況報告 64bitパソコン導入など
ソーシャルメディアがたこ焼きを変える
最近思うエトセトラ Part3
東北地方太平洋沖地震
SPAMはSPAMであってspamにあらず
マイクロソフト スマートビジネスセンター 景品当選!!
呼吸をするように、自然にものが書けるようになればプロ
日本語という言語を極めたい
奥付
奥付

閉じる


思索と模索の果てに

勉強嫌いな学生の皆さんへ

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-07-05 04:21:42

応用情報技術者試験、その後

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-07-05 04:25:28

これから製作所

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-07-05 04:27:34

ハッタリのススメ

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-07-05 04:30:01

中小企業が守っていない企業経営の基礎

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-07-05 04:32:48

試し読みできます

ギスギスした職場への処方箋

 人は、生まれ落ちてすぐは、みんな素直だったはずです。泣く理由もなく泣いていた、幼き日々があったはずです。やがて、取り巻く環境が、その人の心を変え、じわりじわりと壊れていった。結果、職場にもまれる、などを通り越して、ギスギスした職場がその人をギスギスにする。そして、ギスギスした人は、隣人や他人も巻き込んでギスギスする。その繰り返し。


 そんなケースが近年非常に多いと体感しています。事実、僕はワーカーホリックなギスギス上司に振り回され、ついにアタマの「ブレーカーが落ちた」人なのです。なので、僕はシステムインテグレータの前職を辞めて今年で6年、いまだにメンタルクリニックから離れられない現実があるのです。


■ギスギスした職場への処方箋


 『「職場がツライ」を変える会話のチカラ』という書籍。著者はここでもコラムを連載しておられる、おなじみ「マインドセラピストの匠」、竹内義晴さんです。ほぼ僕と同い年……いや、1年、年少さんです。アラフォーであることは間違いありません。自動車メーカーを振り出しに、ソフトウェア開発、そしてその管理職に就かれました。そんな経験をもとに作られた本が、今回のテーマです。書籍を購入してからしばらく経つのですが、僕には、応用情報試験があり、自分のコラム執筆があり、中小企業診断士の受験勉強などがあり、延び延びになっていました。


■お休みの日、新潟まで大胆に生電話!!


 兵庫県尼崎市から、0033NTTコミュニケーションズ)をつけてダイヤルしました。なぜいきなりダイヤルできるかというと、Twitterであらかじめ面識があったからです。堂々と、そして、内心こわごわダイヤルしてみました。お話をしてみると、まるで牧師さんのような落ち着きと暖かさ。1年年長の僕が逆にちょっと浮ついた感じになっちゃいました。どっちが年下なんだか分かんない。はー、僕も年齢相応の落ち着きを見せなきゃダメだな。何を話したのかは秘密……というより、緊張しすぎて忘れました(苦笑)。


 覚えているのは、出版に至った経緯。企画の売り込みに出版社を回った訳ではなく、メルマガの読者さんに、たまたま編集者さんがいたこと、それがきっかけだそうです。また「どうしてマインドセラピーをやっているのですか」とお聞きしたら、「偶然たまたま巡り合わせでなったもので、意図的に目指してなったわけではないですよ」とのお返事でした。お話ししていて、「クールヘッドの、ウォームハート」を地でいく人だなあ、と実感した次第です。いよいよ、僕は落ち着きのある人にならなければならないなあ。まあ、僕は、小学校の通知表から「落ち着きがない」と書かれていましたからね。これは性分でしょうかねえ。


■職場を、喜びの場に変えるプロセス


 最初は取引先と部下との板挟み、という責め苦に遭っていた竹内さん。管理者になっちゃったけど、何でこんなにツライんだ。そこで、どうすべー、どうすべーと思案。職場がとてもツライ。ある夜、布団に横になりながら、ぼんやり点る天井の麦球を見て涙が出た。ストレスで、十二指腸潰瘍を患った。それを見た妻からは、「そんなにツライのなら、会社やめてもいいわよ」と言われた。そんなある日、「信頼関係を築きながら話を聞く会話術」を標榜するある先生との出会いで、竹内さんは変わりました。何かが吹っ切れた。ならば、されてよくないことの真逆をやろう、と行動に移しました。


 指揮命令ばかりではモチベーションが下がるので、褒めて、自発性をうながそう。ベクトルがバラバラならば、共通のゴールづくりを目指そう。過去の失敗をほじくり出して部下を責めるよりも、未来志向で一緒に解決策を探ろう。何かものが言いたそうだけど、なかなか言い出せないなら、いっそ、こちらから聞いてやろう。ここから、手作りで、手探りの「マインドセラピー」が職場で実践されていくのです……。おっと、ここからは、本書を手に取りよく読むように。たった1400円(プラス外税)で、あなたの職場も「マインドセラピストの匠」のチカラで、劇的ビフォーアフターできるかも!!


■部下を持ったなら必ず読むべき書籍


 もしも、13年前にこの本があったなら、僕の印刷所時代の部下は離れていかなかったでしょうね、きっと。結束力のある、最強のチームになっていたと思います。誰しも、部下を持ったなら、「リーダーの孤独」というものに遭遇すると思います。この本は、リーダーの孤独を解消するとともに、ぽつんと取り残されたメンバーを結集する良い示唆が含まれているように思います。この本には、決してお説教じみたことは一切書いてありません。また、こうしなさい、と決めつけることもしていません。ましてや、スピリチュアルなことは一切書いてありません。それはそれは、淡々と、事実と結果とが、実に素朴な言葉で、一段一段、段階を踏んで書かれているだけです。


 また、会社員のみならず、学校の先生にも読んでいただきたい1冊ですね。子供が言うことを聞かない。子どもが、みんなバラバラ。グレる、スネる、へこたれる。そこで、担任の先生という名のリーダーが、教室というチームを作るときの一助になり得るのかも知れませんね。そういう応用も期待できます。この本は、教育者の方にもぜひお読みいただきたい1冊です。お金を払う価値は充分にあります。むしろ、おつりが返ってくるかも知れませんね。


「職場がツライ」を変える 会話のチカラ/竹内義晴
こう書房 ISBN 978-4-7696-1023-6


最終更新日 : 2015-01-16 01:54:54

選手からコーチへの転身

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-08-11 03:45:08

タクシードライバー

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-07-05 04:49:36