目次
若き日の自分
それが夢ならば
アンコントローラブル
MZ-2000の頃
ここじゃないどこかへ
千葉工業高校の頃
夢中! 熱中! MSX2
ゼッパチ人間の過去・現在・未来
プログラマになるべきか
社会人になって
出てけと言われたその日から
ダリアの花散るとき
はじめての機械設計(1)
はじめての機械設計(2)
エディトリアルデザイナー
瞬きもせず
目覚めの朝、午前5時
ナナゼロ世代のこれから
思索と模索の日々
デジタルネイティブ
恐慌突破!
倒産したら、どうする
とほほな中小企業
これはもうダメかもわからんね
神様がくれた最后の5分
時には母のない子のように
アラフォー世代の挑戦
ブレイクスルーしたくて
謹賀新年2009
応用情報技術者試験
セミナーを受けに行きました
サーチエンジン 小説大好き!!
小説 個人情報の住む街
能動的に生きるということ
勉強嫌いの勉強法
浴びるほど 飲んだ奴ほど 死んで行く
サバイブするということ
仮想自営体験
自営するということ
自己観察 ―セルフモニタリング―
ハチロク世代がやってきた
なぜコンピュータにこだわるのか
JWNTUGの頃
人生の踊り場で小休止
拝啓 15歳の僕へ
90歳のミスター
自分をメンテナンスする
ワークライフバランス
花の生涯
2010年はチカラを温存する年に
謹賀新年2010
思索と模索の果てに
勉強嫌いな学生の皆さんへ
応用情報技術者試験、その後
これから製作所
ハッタリのススメ
中小企業が守っていない企業経営の基礎
ギスギスした職場への処方箋
選手からコーチへの転身
タクシードライバー
デイ・ドリーム・ビリーヴァー
関東と関西の境界線
10年前に、クラウドがあったなら
輝く人になりたくて
工業高校生の就活について(1)
工業高校生の就活について(2)
糖尿病 ―40歳からの警告―
後に続け青春たちよ
小説を始めました
工業高校生の夏休み
校舎の外の世界では
快適!! 朝型生活のススメ
ルック・アジア型にシフトしよう
幸せって何だっけ
連載2周年 書き始めた動機について
最近思うエトセトラ
気合いだ! はどこから来ているのか
PHPビジネス新書『伝える力』/池上 彰
Twitterに違和感を覚える人々
「させていただきます」の濫用
Windows 7 のHDD換装は超簡単!!
電子書籍の奔流
隣の芝生が青く見えた時
休筆のお知らせ
最近思うエトセトラ Part2
MSX PLAYerに寄せるノスタルジー
プログラミングの現場で『もしドラ』を生かす
ソニーの電子書籍 Reader を試してみた
Outlook 2007 で、KB2412171のアップデートをされた方へ
母校の恩師、クリティカルシンキングを語る
神奈川県座間市の電脳書房さん
近況報告 64bitパソコン導入など
ソーシャルメディアがたこ焼きを変える
最近思うエトセトラ Part3
東北地方太平洋沖地震
SPAMはSPAMであってspamにあらず
マイクロソフト スマートビジネスセンター 景品当選!!
呼吸をするように、自然にものが書けるようになればプロ
日本語という言語を極めたい
奥付
奥付

閉じる


人生の踊り場で小休止

拝啓 15歳の僕へ

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-06-30 02:55:29

試し読みできます

90歳のミスター

 御年90歳にもなって、まだまだ会社関係の人とお話ができる、驚異的な健康達人をご紹介する。にんにく卵黄は関係ないみたいなのだが……

 東京都武蔵野市吉祥寺のNさん(前述のシスコのNさんのお父さん、僕の叔父さん)が、わざわざ親父の形見を届けるために、阪急神戸線、武庫之荘駅に来てくださったのだ。ありがたいことだ。

90歳のミスター

 ミスターは時間厳守で、ふと、駅南口へ通ずる連絡通路から、ひょっこり現れた。意表を突かれた。どうやら間違えて南口改札でお待ちいただいたようだった。このミスターは確か、若い頃はM商事で重役を務めていたらしい。だから、仕事のクセが抜けず、御年90歳になっても、足腰カクシャク、耳はばっちり聞こえる、眼は裸眼で遠くまできちんと見える、スーパーおじいさんなのだった。

 そのミスターが「喫茶店はどこ」と訊くので、長旅の疲れが癒されるよう、ワッフル付き洋食喫茶、つまりは阪急系列の店に案内した。無難だろう。お冷やをゴビゴビ飲むと、ふーっとため息をついて「やれやれ、今日は5時起きじゃった」とニヤリ。冷たいアイスクリーム付きコーヒーをおいしそうに食べる。「のぞみ号でしたか」「いや、ひかり号の自由席が安くて空いているから」とのこと。

 洋風な店なので、訳の分からないカタカナ語のメニューのそれを適当に注文すると、出てきたのは「生野菜のどんぶり盛り」だったので、これまたカクシャクと食べる。もちろん、全部自前の歯だ。すごい。恐れ入りました。僕は、アイスティーとワッフル1個で充分です……

■月光院観月照道居士

 元親父の戒名が決まった。というより、Nさんが大枚はたいて、佐賀のお坊さんに頼んで付けてもらったのだ。……なんか立派過ぎやしないか、この戒名(苦笑)。闇夜の道を照らす月のようなストーリー性すら感じるぞ。見方を変えれば、まるで「セーラームーン」のようではないか……。「月に代わって、おしおきばい!!」。……うう、想像するだに気色悪い。まあ、これで、成仏したと思えば、それでいい。それでいいのだ。

■電子メール感覚で葉書を

 ミスターNさんは、電子メール感覚で葉書をしたためられる。一方、インターネットと親和性の高い世代にとって、葉書を書く、という行為はハードルが高い。書き損じる心配があるし、一旦、脳内メモリに文案を練って、それからそれを葉書に写し取る、といった作業が必要となる。葉書には、バックスペースキーもなければ、コピー&ペーストもないのだ。

 たぶん、我々が常識としている電子メールと同じように、ミスターの頭脳では、葉書を常識としておられるのだろう。葉書ならば、住所さえ分かれば、電子メールのアドレスが、ドメインがどこだと狼狽する必要もなく、きちんと届く。パケットの不着、コリジョンなどを気にせずとも、葉書の場合、集配の日本郵便さえしっかりしていれば大丈夫なのだ。

 葉書を書く作業は、脳内での漢字変換を伴う。ひらがなやローマ字を入力して変換するのとは違い、脳内でつくりとへんを組み合わせて漢字をこしらえてから、それを筆記転写する。葉書は自然と脳トレーニングになっている。一方、電子メールはというと、それほど脳を使わなくとも、つらつらと文章が出てくる。自動筆記の要領だ。……我々電子メール世代の老後が心配になってきた。もしや、パソコン依存症のぼけ老人が多発するのではないかと心配になり、思わず郵便局で葉書(かもめーる)を買うのだった。

90歳のミスターはサイクリングと散歩がお好き

 健康の秘訣は「サイクリングと散歩」だそうだ。さすがに一度兵隊に行った人は違う。どこまでもフィジカルで、健康的なのだ。


最終更新日 : 2015-01-16 01:54:54

自分をメンテナンスする

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-07-01 05:18:43

ワークライフバランス

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-07-01 18:11:54

試し読みできます

花の生涯

 田所郁子(77)。昭和81933)年、兵庫県武庫郡今津町(西宮市)上甲子園生まれ。戦前は、兵庫県尼崎市難波中通(西難波)育ち。滋賀県大津市丸屋町に戦時疎開。戦後は、兵庫県尼崎市立花町近辺で生活する。疎開先である、現在の滋賀県立大津高等学校普通科卒。


才色兼備のキャリアウーマン 阪急百貨店写真室にて 昭和30年頃

戦後復興のさなかに

 戦争で、焦土と化した大阪。まだ、日本に進駐軍GHQ(連合国軍総司令部)があった昔。当時の心斎橋そごうが、米軍のPX(米軍専用売店)として接収されていた時代。女性の社会進出が、まだままならない時代の中で、キャリアウーマンの先駆けとして勤務。弱冠18歳で心斎橋大丸の正社員になった。当時の初任給が6000円だった時代、PX600円のパンストを購入して売り場に立った。


 ラジオからは「復員兵情報の時間」が流れていた頃である。音響製品はまだ、「電蓄」や「真空管ラジオ」の時代である。国道2号線には、神戸と野田阪神とを結ぶ路面電車「阪神国道電車」が走る、のどかな時代だった。電話がない家もまだ多く、あっても手回し式の「交換手扱い」の電話だった。


 当時の大阪市営地下鉄は御堂筋線だけ。梅田~心斎橋間を走る車両はたったの2両編成。当然、冷房なし。汗だくになって勤務先に到着。現在では、パンストが伝線することは余りなくなったが、当時は舶来のナイロン製。すぐに伝線した。戦後、荒廃した御堂筋を、ハイヒールの靴音高らかに闊歩した。同僚からは……いや、京阪神全店の従業員からは「ミス大丸」とあだ名された。その美貌と知性は、瞬く間に会社中の噂になった。時の人である。当時、宣伝部にいた、現在のサトウサンペイ(漫画家)も同僚のうちのひとりだった。ニックネームは「サンペイちゃん」。まだ、脱サラしてはいなかったようだった。


当時のレジスターは機械式


 現在では、POS(ポイントオブセールス)システムが当たり前の時代だが、当時は機械式計算機によるレジスターだった。部門キーなどの他に、置数キーが横に桁の分だけ並び、その桁の置数キーが、更に、下に向かって0から9まで並んでいて、桁数は確か8桁か9桁あたりまで。具体的な操作は、各桁の置数キーを何度か押して、計算を終わらせる際には、一回ずつ、本体脇のレバーを回転操作する。そして、総計が出た段階で、ようやくレシートを印字するのだ(余りに昔すぎて、詳細はよく分からないが)。


 たとえば、販売員がモノを売る。すると、レジ係員がチェックして、レジスターを操作する。まるで、スロットマシンのような要領である。そうすると、レシートとは別に、請求金額が、レジスター上部の窓に表示され、そこで合計請求金額が分かるという仕組みだ。勿論、消費税を計算する必要がなかったので、処理される数字は整数だけで良かった。バベッジの「解析機関」ほど古くはなかったが、これもまた同様に、機械式計算機の一種である。


 また、各レジに座っている出庫係員は、商品出荷と同時に、帳簿をつける。接客、販売から出荷までのプロセスが、実に3人掛かりだった。これら一連のプロセスは、まだまだ電算化する価値があったようだ。このような面倒くさいことを、当時は平気でやっていたのである。まだ、社内に「電算室」すらない時代の話だった。なお、当時の詳しい様子は、日本NCRのホームページに記載があるので、そちらをご覧いただきたい(日本NCR レジスター博物館 1933年からの項を参考のこと)。


飛び抜けたリーダーシップ


 旧ホテル阪神(大阪中央郵便局うら、当時の新阪神ビル)の会員制クラブ「スターライト」で、若い女の子を仕切るマネージャをやっていた時期もある。阪神エンタープライズが経営する、各界の著名人御用達の高級店である。顧客の中には、有名な漫才作家、秋田実もいた。そんな幾多の顧客のうちの、ある人の紹介で、喫茶店を開業しないかと誘われた。そこで、取得中の普通自動車免許は「仮免」で終わっている。今考えれば、惜しいことをしたものだ。ちなみに、当時の自動車はもちろんクラッチつきのミッション車。それに加えて、ハンドル脇の変速レバー「コラムシフト」が付いていた時代の話である(現在でも、一部のタクシー運転手さんの車両が、コラムシフトである)。


 現在の梅田北ヤード近くのJRA(日本中央競馬会)の馬券売り場の近くに、喫茶店「ジュリアン」を開店した。なぜ「ジュリアン」なのかって? 理由はただ単に、沢田研二(ジュリー)のファンだったからだ。一応、喫茶店のオーナーだったが、そのうちに、実質的な経営権を、雇っていたバリスタと、その彼女に乗っ取られたりして、いろいろ大変だったようだ。


本小曽根合資会社の頃


 心機一転、今度は神戸での勤務になった。当時の神戸市生田区(中央区)多聞通。今で言うところの、UCC上島珈琲本社に近いところ。神戸高速鉄道の、高速神戸駅直上のビル(阪神大震災で倒壊)。当時の本小曽根合資会社という、旧小曽根財閥の管財会社での事務作業である。事務作業といっても、普通の事務作業ではない。簿記会計もこなしたが、主に、神戸ロータリークラブでの、本小曽根合資会社代理としての仕事だ。なので、実業界のロータリアンとの面識も多々あった。


 ちなみに、小曽根さんとは、あの小曽根実さんだ。その子ども、現在のジャズミュージシャン、小曽根真さんが、まだ、抱っこができる幼子だった時代の話である。当時の本小曽根合資会社は、たとえば、阪神電鉄や、阪神内燃機(阪神ディーゼル)などの大株主だった。これら小規模な在阪財閥は、俗に「関西財閥」と呼ばれ、GHQによる財閥解体の対象にはならない程度の、比較的小規模な資産家集団だった。


洋裁のプロになりたかった


 勤務のかたわら、当時の国鉄芦屋駅近くにあった「田中千代服飾学院」に入学。師範科(3年制)には入らなかったものの、洋裁の基礎から応用まで習う。現在でも東京田中千代服飾学院には卒業写真集が残っていて、評価点数が5段階評価でオール5だったことを、現在でも誇りに思っている。「ほこりだけでは飯は食われへんけどね」と自虐的に笑うが、それにしても、大したものだと、長男としても思っている。


 が、しかし、大阪万博の前後から、人生が暗転する。普通の女性ならば誰もが思う「結婚適齢期」とのたたかいだった。当時36歳。女性ならば、誰もが身の振り方を考える時期だ。キャリアパスは上手に渡り歩いて来た。が、女性ならば、誰もが「自分の子どもを抱いてみたい」と考えるはずだ。そのへんが、普通の女性よりも、不器用な処し方しかできなかったのだ。なにせ、彼女のような生き方は、「これまでに日本国で前例がない」ものだったからだ。


間違いだらけの男選び


 取引先の「石丸さん」なる人物が、福岡県八幡市(北九州市八幡東区)に住む、ある「青年実業家」の写真を持ってきた。横尾照雄という青年が、お見合いの相手だ。製鉄会社の下請けか孫請けか、関連会社の専務で、小倉ライオンズクラブに所属。東京にある大学卒。相手にとって不足はなかった。ここで、現代女子に注意してもらいたい点なのだが、「青年実業家」と言えば聞こえがいいが、要は、親の財力でのし上がった人間だ。この場合、自分のチカラで青年実業家になったのではなかった。ここは、要注意。メモメモ。


 折しも、はしだのりひこが「花嫁」という歌を唄い、街角に流れていた頃だった。もう、職場では、いわゆる「お局様扱い」を受けていて、目下ハートブレイク状態だった。大黒摩季の「夏が来る」という歌にもあるように、「お見合い相手のプロフに、一瞬くらっとするけどワン・モア・チャンス、本気の愛が欲しい」という状態だ。お見合い相手は、彼女の母性愛をくすぐるかのように、当時流行していた、カルメン・マキの「時には母のない子のように」を唄って聴かせた。ぱっと見、シャイな青年を装っていた。


間違いだらけの結婚生活


 しかし、結婚生活は当初から双方、意地の張り合いで上手く行かず、親父にしてみれば、はじめて「女を征服した」という気持ちで一杯で、夫婦生活というよりは、どちらかといえば「性的暴行」に近かったらしい。はい、そうですかと、素直に旦那に調教されるほど、妻だってバカではない。先ほどの歌ではないけれど、大黒摩季の歌を借りれば「本気でエッチしたら、その日から都合の良い女扱い」だったそうで、大変気の毒な思いをしたらしい。


 本来、母体の健康を守るべき「産婦人科」は、彼女にとっては「堕胎院」と化していた。あるとき、産婦人科医から、釘を刺された。「今度ばかりは、貴女の命の保証はいたしかねますよ、旦那さんも厳重に注意するように」と宣告される程の性的暴行ぶりだった。僕が何となく、中島みゆきのファンである理由は、このへんにあるのかも知れなかった。中島みゆきの父、慎一郎さんは、若くして夭逝されたが、産婦人科医だったからだ。成年男子諸君、事に当たっては「家族計画」を念頭に置くように。


訣別の時を過ぎて


 そして、長男が20歳になった、平成31991)年1月。調停離婚は成立した。僕も3月には「横尾」ではなくなっていた(家庭裁判所に申し立てる子の氏の変更)。僕としては、最初、中立的な立場を保っていたが、仲裁も限界に達したので、子の氏の変更に素直に応じた。まるで、合併を繰り返した銀行のような気分になった。なぜ、夫の理不尽な暴力に耐えてまで長男が成人するまで待ったのか。それは、幼児期では、親権を経済力のある夫に取られることを恐れていたからだ。折しも「熟年離婚」がニュースなどで喧伝されていた時期にあたる。


 あれから20年余り。帰郷して、すっかり落ち着いた母親は、静かな余生を送っている。あれだけ彼女を粗末に扱ってきた旦那が死んだ、と息子に聞かされて、あれ、喜ぶのかな、と思ったら、意に反して「なんだか寂しいね、次はわたしの番かね」とつぶやいたりする。こんな心の動きが、僕にはよくわからない。男性の、直線的な考え方しかできない僕とは、どうやら心の振り子が違うらしい。


 来年、母親は喜寿を迎える。初めて、旦那だった人間の年齢を超えて生き続ける。うちは決して豊かではなく、どちらかと言えば貧しいほうだけども、何か、心に残るお祝いをしてあげたい、そんな気持ちになった。彼女はいま、自分に与えられた「残り時間」が、どれだけ残されているのかを、気にし始めているらしい。残り時間が、幸多かれと祈るばかりだ。


 そんな一輪の、花の生涯。


最終更新日 : 2015-01-16 01:54:54

2010年はチカラを温存する年に

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-07-05 03:58:50

謹賀新年2010

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-07-05 04:12:10