目次
若き日の自分
それが夢ならば
アンコントローラブル
MZ-2000の頃
ここじゃないどこかへ
千葉工業高校の頃
夢中! 熱中! MSX2
ゼッパチ人間の過去・現在・未来
プログラマになるべきか
社会人になって
出てけと言われたその日から
ダリアの花散るとき
はじめての機械設計(1)
はじめての機械設計(2)
エディトリアルデザイナー
瞬きもせず
目覚めの朝、午前5時
ナナゼロ世代のこれから
思索と模索の日々
デジタルネイティブ
恐慌突破!
倒産したら、どうする
とほほな中小企業
これはもうダメかもわからんね
神様がくれた最后の5分
時には母のない子のように
アラフォー世代の挑戦
ブレイクスルーしたくて
謹賀新年2009
応用情報技術者試験
セミナーを受けに行きました
サーチエンジン 小説大好き!!
小説 個人情報の住む街
能動的に生きるということ
勉強嫌いの勉強法
浴びるほど 飲んだ奴ほど 死んで行く
サバイブするということ
仮想自営体験
自営するということ
自己観察 ―セルフモニタリング―
ハチロク世代がやってきた
なぜコンピュータにこだわるのか
JWNTUGの頃
人生の踊り場で小休止
拝啓 15歳の僕へ
90歳のミスター
自分をメンテナンスする
ワークライフバランス
花の生涯
2010年はチカラを温存する年に
謹賀新年2010
思索と模索の果てに
勉強嫌いな学生の皆さんへ
応用情報技術者試験、その後
これから製作所
ハッタリのススメ
中小企業が守っていない企業経営の基礎
ギスギスした職場への処方箋
選手からコーチへの転身
タクシードライバー
デイ・ドリーム・ビリーヴァー
関東と関西の境界線
10年前に、クラウドがあったなら
輝く人になりたくて
工業高校生の就活について(1)
工業高校生の就活について(2)
糖尿病 ―40歳からの警告―
後に続け青春たちよ
小説を始めました
工業高校生の夏休み
校舎の外の世界では
快適!! 朝型生活のススメ
ルック・アジア型にシフトしよう
幸せって何だっけ
連載2周年 書き始めた動機について
最近思うエトセトラ
気合いだ! はどこから来ているのか
PHPビジネス新書『伝える力』/池上 彰
Twitterに違和感を覚える人々
「させていただきます」の濫用
Windows 7 のHDD換装は超簡単!!
電子書籍の奔流
隣の芝生が青く見えた時
休筆のお知らせ
最近思うエトセトラ Part2
MSX PLAYerに寄せるノスタルジー
プログラミングの現場で『もしドラ』を生かす
ソニーの電子書籍 Reader を試してみた
Outlook 2007 で、KB2412171のアップデートをされた方へ
母校の恩師、クリティカルシンキングを語る
神奈川県座間市の電脳書房さん
近況報告 64bitパソコン導入など
ソーシャルメディアがたこ焼きを変える
最近思うエトセトラ Part3
東北地方太平洋沖地震
SPAMはSPAMであってspamにあらず
マイクロソフト スマートビジネスセンター 景品当選!!
呼吸をするように、自然にものが書けるようになればプロ
日本語という言語を極めたい
奥付
奥付

閉じる


サバイブするということ

仮想自営体験

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-06-30 02:31:31

自営するということ

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-07-01 05:17:32

試し読みできます

自己観察 ―セルフモニタリング―

 僕が20年前、社会に出て、まず真っ先に言われたのが「よそさまは、どうしているんだろう」「よそさまから見て、自分はどう見えているんだろう」といったセルフモニタリングということを意識しろ、ということです。自分で自分自身を観察する能力が必要だということです。ひとりよがりになってはいけない、会社員たるもの、芸術家タイプになってはいけない、周囲との協調能力が必要だ、という意味です。

■日常にも、職務にも必要なセルフモニタリング

 セルフモニタリングをしていないプログラムソースや、セルフモニタリングをしていない言葉や服装などの端々にもそれは自然とにじみ出るものです。たとえば「このドキュメントを見て、みんなはどう思うだろう」「こういうものを作っていて、でき上がったら、それを見てみんなはどう感じるだろう」という類推能力が必要とされるのです。

 たとえどこにいても、何をしていても「こういうことをしていて、みんなはどう思うだろう」という類推能力を働かせてください。仕事だから、単に作ればノルマは達成、さあカネをくれ、オレを褒めてくれ、どうだすげーだろう……では、上司も納得しないでしょうし、対外的な信用も失うことになるでしょう。美しく作る。きれいに、配慮して作る。これは、やっつけ仕事をしているスパゲッティコードな人たちには、到底理解が及ばないとは思うのですが……

 わかりやすく言えば「自分にアンテナを張る」ということです。しかも、全方位にアンテナを張るのです。アンテナを張って「自分はどう見られているのだろう」ということを意識するのです。足りなければツールや解決手段を用意するのです。プログラミングであれ、HTMLソースであれ、取り敢えず動けばいいや、ではなく「よそさまから見てわかりやすいコードを書く」ことも、必要なことだと思います。

 立ち居振る舞いということを、最近はあまりやかましく言わなくなったような気がするのですが、あなたの性格はあらゆる振る舞い……ウェブサイトに、メールに、プレゼンテーションに、文章に、そしてでき上がった成果物はおろか、その人の立ち居振る舞いや服装、髪型、言葉遣いや態度などにまで表出してきます。

■相手を思い測る類推能力

 最近は、あまりやかましく言わなくなったこととして、もう1つ。「自分がこう言われたら、相手はどう思うだろう」という、言葉遣いの問題です。同じ意見を言うのでも、紋切り型に言われるのと、慮(おもんぱか)って言われるのでは、同じ意見でも、上司は違う風にとるでしょう。まあ、上司の質にもよりますが、少なくとも「自分が上司だったら、こう言われたら嬉しい」と感じるような言葉遣いを目指すことから始めましょう。

 上に向かって吐いたツバは、やがて自分のところに戻ってきます。上司でない人にでも、たとえば駐車場のおじさんや、定食屋のおばさんにでも、そのような配慮をすることにより、あなたの人格が明日は少しマシになり、決して、数値化できる能力とか、資格とか、学歴とか、カタログスペック的なパフォーマンスなどでは測定不可能な部分で、自分自身の向上に資すると思うのですが、あなたはどう思われますか。

 再三、新渡戸稲造先生の例で申し訳ないのですが、こう言われました。お金を出せば買えるものは幾らでもあるし、お金に困っていない人が、お金を出せば買えるものは多いのですが、ただ1つ買えないものがあります。それは人徳です。店へ行って「10円の徳をくれ」と言っても、どこにも売っていないし、どこかで買えるものでもないので、徳の高い人は、結局得をしているのです、といった趣旨です。

■必殺!! 微笑み返し

 曹洞宗(そうとうしゅう)の仏教用語で、顔施(がんせ)という言葉があります。わかりやすく言えば「微笑み返し」のことです。「何々さん」と言われて振り向いて「あ~?」と怪訝に振り向くより、にこやかに振り向いた方がいいに決まっています。情報技術者の方たちの中には、ごく少数、この「微笑み返し」ができない方がいます。

 微笑みをするどころか、「オレは大企業の人間で、優秀なんだから、低脳な人間どもに右顧左眄(うこさべん)する必要はない」と威張る人がいますが、そんな人は、メールの書き方1つ取っても、失礼千万な場合があります。中には、着信されたメールを読まずに黙ってデリートする人までいます。他人の揚げ足ばかり取ったりしています。そんな失礼なやからは、微笑みながら「お前さん、うぬぼれなさんな」と言ってあげましょう。

 そんな人は、人としての性能が優秀なのではなく、親に行かせてもらった学校が「たまたま優秀とされているところ」であったり、たまたま入社した「会社や官公庁が優秀なだけ」で、それらレッテルをはがした素の人間として見ると、その人は会社も肩書きもなくした時、果たしてうまくやっていけるのでしょうか。余計なお世話かも知れませんが……

 結論。どんなときも、イライラ思って煮詰まっているより、ここは社会通念上「にっこり笑ってありがとう」の気持ちですね。昔の人は言いました。「稔った稲ほどおじぎする」。最初からふんぞり返って出世したという人を、残念ながら僕はあまり見聞きしません。どんなに国際化が進んでも、どんなにIT化が進んでも、礼を失することのないよう注意したいものです。


最終更新日 : 2015-01-16 01:54:54

試し読みできます

ハチロク世代がやってきた

 1986年生まれの「ハチロク世代」が入ってきます。1970年生まれの僕も、彼らと同僚、あるいはライバルになるわけでして、それ相応の競争力をつけなければ、と思っています。まあ、ここはひとつ、おぢさんたちと、仲良くやろうぜブラザー(笑)。


 ハードウェアの黎明期にいた僕ら「教官」たちも、負けてはいられませんね。気合いです、気合い……とはいえないんですよね。彼ら、生まれてこの方、ずっとIT、めっちゃITに囲まれて育っていますから。むしろ、分からないところは、謙虚に教えてもらうしかなさそうです。「君、何して遊んでるの?」「げっ、上司だ、うぜー」……なんて場面はざらにあるのでしょうねえ。


■僕らの世代は至って地味だったコンピュータ


 
ハチロク世代がやってくる……の年表を真似して作ってみました(笑)。Fireworksを使って、3時間で作った割にはうまくできているでしょう?


1970
年生まれの教官たちの成長と、
IT
業界の主な出来事


 僕ら世代は、まずコンピュータプロセッサの進化(ムーアの法則)があり、次いでハードウェアの進化があり、それにOSが後追いする、といった形で、それに付随するアプリケーションといえば、テキストベースの事務作業でやってることと、簡単なゲームぐらいでした。ネットワークといっても2400 baudのパソコン通信。今みたいに、Webで情報の洪水、という現象はまだまだだったのではないでしょうか。例えば、ケータイよりも、ポケベルでしたし。ニンテンドーDSよりも、ファミコンやゲームウォッチでしたし……


 ちなみに、(財)日本生産性本部が
毎年名付ける新入社員のタイプ。平成元年(1989年)度 新入社員のタイプは「液晶テレビ型」だったそうです。「反応早いが、値段高く色不鮮明。改良次第で可能性大」だったそうです。いま、液晶テレビが地デジとして普及している現在を見ていると、僕ら世代もあながち捨てた物じゃないなと、そう思うのです。


 嗚呼、オレも歳を取ったなあ……。と、前髪にぶらさがる白髪を1本、また1本と抜くのでした。街角に出れば、あちこちで禁煙。嗚呼、肩身が狭くなったなあ……。と、近くの喫茶店に入って、喫煙コーナーを探すのでありました。アイスコーヒーにフレッシュを入れて、ふーっと溜息……。これも時代の流れなのか……


最終更新日 : 2015-01-16 01:54:54

なぜコンピュータにこだわるのか

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-06-30 02:48:42

JWNTUGの頃

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-06-30 02:51:13