目次
若き日の自分
それが夢ならば
アンコントローラブル
MZ-2000の頃
ここじゃないどこかへ
千葉工業高校の頃
夢中! 熱中! MSX2
ゼッパチ人間の過去・現在・未来
プログラマになるべきか
社会人になって
出てけと言われたその日から
ダリアの花散るとき
はじめての機械設計(1)
はじめての機械設計(2)
エディトリアルデザイナー
瞬きもせず
目覚めの朝、午前5時
ナナゼロ世代のこれから
思索と模索の日々
デジタルネイティブ
恐慌突破!
倒産したら、どうする
とほほな中小企業
これはもうダメかもわからんね
神様がくれた最后の5分
時には母のない子のように
アラフォー世代の挑戦
ブレイクスルーしたくて
謹賀新年2009
応用情報技術者試験
セミナーを受けに行きました
サーチエンジン 小説大好き!!
小説 個人情報の住む街
能動的に生きるということ
勉強嫌いの勉強法
浴びるほど 飲んだ奴ほど 死んで行く
サバイブするということ
仮想自営体験
自営するということ
自己観察 ―セルフモニタリング―
ハチロク世代がやってきた
なぜコンピュータにこだわるのか
JWNTUGの頃
人生の踊り場で小休止
拝啓 15歳の僕へ
90歳のミスター
自分をメンテナンスする
ワークライフバランス
花の生涯
2010年はチカラを温存する年に
謹賀新年2010
思索と模索の果てに
勉強嫌いな学生の皆さんへ
応用情報技術者試験、その後
これから製作所
ハッタリのススメ
中小企業が守っていない企業経営の基礎
ギスギスした職場への処方箋
選手からコーチへの転身
タクシードライバー
デイ・ドリーム・ビリーヴァー
関東と関西の境界線
10年前に、クラウドがあったなら
輝く人になりたくて
工業高校生の就活について(1)
工業高校生の就活について(2)
糖尿病 ―40歳からの警告―
後に続け青春たちよ
小説を始めました
工業高校生の夏休み
校舎の外の世界では
快適!! 朝型生活のススメ
ルック・アジア型にシフトしよう
幸せって何だっけ
連載2周年 書き始めた動機について
最近思うエトセトラ
気合いだ! はどこから来ているのか
PHPビジネス新書『伝える力』/池上 彰
Twitterに違和感を覚える人々
「させていただきます」の濫用
Windows 7 のHDD換装は超簡単!!
電子書籍の奔流
隣の芝生が青く見えた時
休筆のお知らせ
最近思うエトセトラ Part2
MSX PLAYerに寄せるノスタルジー
プログラミングの現場で『もしドラ』を生かす
ソニーの電子書籍 Reader を試してみた
Outlook 2007 で、KB2412171のアップデートをされた方へ
母校の恩師、クリティカルシンキングを語る
神奈川県座間市の電脳書房さん
近況報告 64bitパソコン導入など
ソーシャルメディアがたこ焼きを変える
最近思うエトセトラ Part3
東北地方太平洋沖地震
SPAMはSPAMであってspamにあらず
マイクロソフト スマートビジネスセンター 景品当選!!
呼吸をするように、自然にものが書けるようになればプロ
日本語という言語を極めたい
奥付
奥付

閉じる


ブレイクスルーしたくて

謹賀新年2009

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-07-01 05:03:56

応用情報技術者試験

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-07-01 05:06:42

セミナーを受けに行きました

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-07-08 16:11:54

サーチエンジン 小説大好き!!

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-06-30 02:14:07

小説 個人情報の住む街

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-06-30 02:17:49

能動的に生きるということ

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-07-01 05:13:14

勉強嫌いの勉強法

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-07-01 05:16:05

試し読みできます

浴びるほど 飲んだ奴ほど 死んで行く

 NHKラジオ第一放送のかんさい土曜ほっとタイムの中で「ぼやき川柳」というコーナーがありまして、その中で紹介されていた川柳が「浴びるほど 飲んだ奴ほど 死んでゆく」というものでした。詠み人知らず、です。

■桜の下でのお花見酒が始まったのは、東京都北区の飛鳥山公園から

 江戸時代、庶民の花見酒は幕府により御法度。そのため、現在の東京都北区、飛鳥山公園でのお花見では、このルールが適用除外され、都内(江戸)で唯一、桜の下で酒を飲むことが許されたのです。このような理由で、庶民の春の酒宴は、桜の下で行われるようになったとのことです。なにかというと酒を飲むチャンスを探している酒飲みの宴会好きは、今に始まった話ではなさそうです(200942日付け TBS NEWS BIRD の気象情報による)。

■下戸には酒をすすめるな!!

 まあ、商工会議所というところも、青年会議所も、ふつーの会社でも、イベントの懇親会でも宴会でも見かけますが、堅物に限って「飲みュニケーション」でないと胸襟が開けない、本音が明かせない哀れな大人たちがいます。たちが悪い人間は、下戸にまですすめる。しまいには「オレの酒が飲めねえってーのかー」とキレる大人たち。ますます哀れです。ここはいっちょ、酒なしでも、ユーモアを交えて話ができるテクが求められますね。

■肝臓という臓器にもやがて限界が訪れる

 僕もかつて、夜食には何年か「マヨ牛丼」「チキン南蛮」「ビール」に「日本酒の冷や」などといった、不健康極まりない食生活を送っていました。しかし、肝臓は「沈黙の臓器」ですので、気がついた時には、チューハイ1本で「血糖値500で意識混濁」「救急搬送」「5日間入院」「インシュリン点滴注射」「脂肪肝」「2型の糖尿病」「果てしない服薬」「食事制限」というペナルティが待っています。血糖値が正常に戻りつつある5年後、ようやく薬が効き始めてきました。2型(インシュリン非依存型)の糖尿病は、インシュリン注射は必要としないものの、3度の服薬は必要です。

■すい臓を失うということは、職業生活を失うということ

 それ以上進行すると、1型(インシュリン依存型)の糖尿病になり、インシュリン注射をしなければなりません。すい臓からインシュリンが出ないためです。もっと言えば、1型の糖尿病は網膜剥離の原因になり、免許証を返納するだとか、コンピュータ作業ができなくなるだとか、職業生活において、酷い結果になりかねません。それより何より、自分で自分の腹に注射を刺すって、嫌でしょう?

■糖尿病には「予兆」がある

 もしここにケンシロウさんがいたら「お前はもう死んでいる……」ということ間違いなしですね。例えば、いま、おしりの周りにニキビ状の吹き出物ができている。お前はもう糖尿だ。お前はもう死んでいる……。例えば、いま、腹部エコーで「真っ白な肝臓」が出てきた。お前はもう糖尿だ。お前はもう死んでいる……。頭がぼーっとして平熱なのに熱っぽい。お前はもう糖尿だ。お前はもう死んでいる……。下腹が出てきていないのに、体脂肪率はアップ。お前はもう内臓脂肪症候群だ……。ホゥアタタタタタタタタタタ、ホゥワタアッ!!

■飲み会? ウーロン茶がなければ帰ります、と言える勇気

 これがなかなかできないものですが、ここは心を鬼にして、友達を失う覚悟で「お酒はお断りします」と言いましょう。でなければ、盛り下がるのを承知で「ウーロン茶でお願いします」と言いましょう。酒のつきあい上の友達は、自分の病気で酒が飲めなくなった段階で、飲み友達でなくなりますので、人間関係もいずれは切れますから、一切心配いりません。我が身を大事にしましょう。友達は終生面倒を見てくれません。友達は関係が切れれば他人、冷たいものです。職場も、いまどき一生ものという時代ではなくなりましたから。

■浴びるほど 飲んだ奴ほど 死んでゆく

 酒ごときに殺されたくはありませんね。僕の親父は、新日鐵化学の下請けか孫請けだったので、夜になると、いつも酔っぱらっては帰宅していました。皆から「宴会部長」とあだ名されるほどでした。それが30代ならまだしも、蓄積された酒糖分体脂肪は、老化とともに血管に吹き出してきて、動脈硬化や血管の狭窄を進めます。そして案の定、45歳で心筋梗塞を起こしました。76歳になった現在、会社も財産も何もかも失って、病院のベッドに横たわっています。そうして、これまで「ざるそば」ばかりを食べる偏食から来たのか、現在はインシュリン注射を必要としています。

 親父はかつて「北九州小倉ライオンズクラブ」に所属していました。これまで、自分の女房を泣かせるぐらい酒ばかり飲んできて、ことあるごとに家族に癇癪を起こし、ヘビースモーカーで、体調不良と手形の裏書きで事業に失敗し、女房子供に離縁状までたたきつけた親父が、いまひっそりと死んでゆこうとしている末路が、やはり哀れです。


最終更新日 : 2015-01-16 01:54:54