目次
若き日の自分
それが夢ならば
アンコントローラブル
MZ-2000の頃
ここじゃないどこかへ
千葉工業高校の頃
夢中! 熱中! MSX2
ゼッパチ人間の過去・現在・未来
プログラマになるべきか
社会人になって
出てけと言われたその日から
ダリアの花散るとき
はじめての機械設計(1)
はじめての機械設計(2)
エディトリアルデザイナー
瞬きもせず
目覚めの朝、午前5時
ナナゼロ世代のこれから
思索と模索の日々
デジタルネイティブ
恐慌突破!
倒産したら、どうする
とほほな中小企業
これはもうダメかもわからんね
神様がくれた最后の5分
時には母のない子のように
アラフォー世代の挑戦
ブレイクスルーしたくて
謹賀新年2009
応用情報技術者試験
セミナーを受けに行きました
サーチエンジン 小説大好き!!
小説 個人情報の住む街
能動的に生きるということ
勉強嫌いの勉強法
浴びるほど 飲んだ奴ほど 死んで行く
サバイブするということ
仮想自営体験
自営するということ
自己観察 ―セルフモニタリング―
ハチロク世代がやってきた
なぜコンピュータにこだわるのか
JWNTUGの頃
人生の踊り場で小休止
拝啓 15歳の僕へ
90歳のミスター
自分をメンテナンスする
ワークライフバランス
花の生涯
2010年はチカラを温存する年に
謹賀新年2010
思索と模索の果てに
勉強嫌いな学生の皆さんへ
応用情報技術者試験、その後
これから製作所
ハッタリのススメ
中小企業が守っていない企業経営の基礎
ギスギスした職場への処方箋
選手からコーチへの転身
タクシードライバー
デイ・ドリーム・ビリーヴァー
関東と関西の境界線
10年前に、クラウドがあったなら
輝く人になりたくて
工業高校生の就活について(1)
工業高校生の就活について(2)
糖尿病 ―40歳からの警告―
後に続け青春たちよ
小説を始めました
工業高校生の夏休み
校舎の外の世界では
快適!! 朝型生活のススメ
ルック・アジア型にシフトしよう
幸せって何だっけ
連載2周年 書き始めた動機について
最近思うエトセトラ
気合いだ! はどこから来ているのか
PHPビジネス新書『伝える力』/池上 彰
Twitterに違和感を覚える人々
「させていただきます」の濫用
Windows 7 のHDD換装は超簡単!!
電子書籍の奔流
隣の芝生が青く見えた時
休筆のお知らせ
最近思うエトセトラ Part2
MSX PLAYerに寄せるノスタルジー
プログラミングの現場で『もしドラ』を生かす
ソニーの電子書籍 Reader を試してみた
Outlook 2007 で、KB2412171のアップデートをされた方へ
母校の恩師、クリティカルシンキングを語る
神奈川県座間市の電脳書房さん
近況報告 64bitパソコン導入など
ソーシャルメディアがたこ焼きを変える
最近思うエトセトラ Part3
東北地方太平洋沖地震
SPAMはSPAMであってspamにあらず
マイクロソフト スマートビジネスセンター 景品当選!!
呼吸をするように、自然にものが書けるようになればプロ
日本語という言語を極めたい
奥付
奥付

閉じる


最近思うエトセトラ

試し読みできます

気合いだ! はどこから来ているのか

 最近はもう、「エンジニア」を名乗るのも、ここで書かせてもらうのも恥ずかしいのが本音なんですが、僕はちゃんと働いてましたよー。終電がなくなりそうになるまで。今はものを書くことに専念することに決めましたけどねえ。最近思うんです。たとえ、僕がエンジニアをやらなくても、誰も困らない……ということに、最近、気付いたのです。

 

■内科医の先生が褒めてくれました

 

 僕の作文。むかし、内科医の先生が褒めてくれました。学歴なんかなくったって、建築家の安藤忠雄さんみたいな生き方もありなんじゃないかと、おっしゃっていただいて。なるほどね。もの書きに専念したっていいわけだ。僕が、安藤忠雄さんレベルになれるかは別問題として、そういう道もアリか。今の立場ならば。もの書き修行ですね。稲川淳二さんも機械設計エンジニアだったのが、今では怪談語りをしておられます。

 

 僕のへたくそな生き方。職務経歴書を見るプロ何人かに見てもらいました。エッジの効いた、必殺技がないのです。なので、即戦力にはならないだそうです。どんなにマジメに勤め上げても、今、人材を欲している企業と、自分がミスマッチを起こしていては、職務経歴書はただの紙くずになるのです。

 

■そうだ、物書きがいい

 

 幾百の眠れぬ昼と夜を越えて分かったこと。僕は得意分野を見誤った。そもそもの始まりは、キヤノンのキャノワードがOAデビューであって、パソコンが先ではなかったこと。プログラム言語をつむぐより、日本語をつむいでいる方が気が楽なこと。自分に向いていると思います。なので、エンジニアライフでありながら、エンジニアとしてのこだわりを棄てて、35歳定年説に倣った生き方をしてみよう。そう思いました。

 

 もっといえば、仕事がないなら、自分で仕事を作り出してしまおう。足りないモノは補いつつ、ライターさんの仕事のまねごとをしよう。最初からプロ級の文章は書けないので、自分なりのスタイルで……。夢や希望を送り届けることはできなくても、ぼうぜん自失や底しれない空しさから、その人を救うことができるかもしれない。大それたエンターテインメントでなくても、等身大のエンターテインメントでいいじゃないか。そうだ、作家がいい。そうだ、作家がいい。ノンフィクションからファンタジーまでをこなす、そんなもの書きになりたいのです。

 

■会社の主戦力は20~30歳代

 

 人間は老いていく。これはベルトコンベアのようなもので、あらがいようのない事実です。元旦を迎えるたび、誕生日を祝うたび、人間はいつの間にか老いてゆくものです。いつか、中島みゆきさんの「まつりばやし」(歌詞)を引用したことがありましたが、人間はいつの間にか片隅に追いやられて、静かに死んで行くものなのです。無に帰るのです。

 

 ここで僕が1人頑張って、まだエンジニアです、と必死にアピールしたとしても、世間が認めなければ、世間にニーズがなければ、その場を去るしかないと思います。これは、どなたにでもいえることで、管理者になるか、業界を去るか、会社の片隅に追いやられていくかの、いずれかになると思います。なぜなら、現在、主に会社で活躍しているのは、20~30歳代の現役世代の方々だからです。

 

■人生二度なし ~実践人の家~

 

 人間の性能は有限です。だから、限りある若さを大切に生きましょう。歌の文句でいい古された言葉、「二度と戻らない日々」。このことを「人生二度なし」といわれた先哲の先生がおられます。森 信三(もりしんぞう)先生といいます。愛知県の教育関係者で、「修身教授録」をお書きの方です。兵庫県尼崎市西立花町に「実践人の家」があり、また、関係する出版社としては「致知出版社」という会社もあります。

 実践人の家
http://www.jissenjin.or.jp/

 

 1994~2000年まで、尼崎市にあった阪神印刷株式会社というところで、月刊実践人担当だったのですが、当時DTPをしながら、この人の原稿を打つと、いろいろとためになりました。僕が40歳になった現在。いかに生涯を熱く生きるか、ということへの示唆を与えてくれます。40歳にもなったなら、後進の指導をやらなければなりませんねえ。

 

■伊達や酔狂でいってるんじゃない

 

 あの、アニマル浜口さんも40歳代を迎え、森 信三先生の「修身教授録」に衝撃を受け、この人なりに考えた結果が「気合いだ!」の域に達した、というわけです。「気合いだ!」という一言に、すべてが込められているのです。だから、アニマル浜口さんは、伊達や酔狂で「気合いだ!」といっている訳ではなかったのです。

 

 まあ、実践人も懐かしい思い出でしたが、アニマル浜口さんの「気合いだ!」のルーツが、まさか、森 信三先生だったとは、実践人の家ホームページを見るまで知らなかった。というわけで、後進の指導かあ……僕は一体、何をどうすれば。人間、気合いだけでは生きては行けませんが、気合いなしでも、とても生きられない。なので、取りあえず、叫んでおきましょう。気合いだ! 気合いだ! 気合いだ! 気合いだ! 気合いだ~!!


最終更新日 : 2015-01-16 01:54:54

PHPビジネス新書『伝える力』/池上 彰

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-10-12 17:26:50

Twitterに違和感を覚える人々

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-10-12 17:34:52

「させていただきます」の濫用

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-10-18 09:45:09

Windows 7 のHDD換装は超簡単!!

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-10-31 18:39:14

電子書籍の奔流

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-10-31 19:02:49

隣の芝生が青く見えた時

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-10-31 19:05:33

休筆のお知らせ

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
最終更新日 : 2010-11-06 00:00:24