閉じる


試し読みできます

glitter






気がつくと真っ暗闇だった。いやそれは本当に暗いのか
眼が塞がれてるだけなのか、初めは解らなかったけれど

どうしてこうなったのかは、もはやどうでもいいことだ
いまさらこの宙の果てまで、誰も手を差し伸べられない

そのとき俺の頭上に落ちる、赤く渦巻くひとつ眼を見た
天空はそいつの顔で一杯だ。圧倒的に巨大な縞の大天体
遮蔽ガラスの内側で毒づく。この太陽のなり損ないめが





試し読みできます















俺は火山と氷の衛星にいた



















試し読みできます









小さな重力と遠くの太陽が、何かの感覚を狂わせていき
俺はひとつ眼に魅入られて、帰りの酸素まで消費してた

なぜ気づかなかったのかは、もはやどうでもいいことだ
いまさらこの宙の果てまで、酸素を運ぶことはできまい
暑さと酸欠から来る朦朧で、珊瑚の海を思い出していた

あのとき俺は底なしの海を、遥か頭上にきらめく海面を
その間で遊ぶ海豚の群れを、眺めていただけだったのに

俺は深淵な青に魅入られて、帰りの酸素を消費していた
透明な青い世界の真ん中で、ぞっとしたまま漂っている















試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)

読者登録

じんおぢさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について