twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 童話・絵本 作者 孤楽人
価格 無料
タグ たんぽぽうさぎ十五夜ほんわかお月見赤ちゃん
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

76 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 1ページ (Web閲覧)
7ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 月の光で照らされた野原で、ウサは男の子を見つけた。それは月から来たタンポポの子だった。

-----
 十五夜や十三夜では昔から子供たちがお供えものを貰って歩く風習があります。
「お月見泥棒」とも言われる行事です。これは、そのお月見泥棒の夜を舞台としたお話です。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧