twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 童話・絵本 作者 孤楽人
価格 無料
タグ たんぽぽうさぎ十五夜ほんわかお月見赤ちゃん
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

76 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 1ページ (Web閲覧)
7ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 月の光で照らされた野原で、ウサは男の子を見つけた。それは月から来たタンポポの子だった。

-----
 十五夜や十三夜では昔から子供たちがお供えものを貰って歩く風習があります。
「お月見泥棒」とも言われる行事です。これは、そのお月見泥棒の夜を舞台としたお話です。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

300円
こんなことできるよ2010

この本を開く

仮説実験授業研究会会員によるたのしい授業カタログin特別支援教育。特別支援学級・特別支援学校で実践で...
200円
絶景に出会える道の駅!“全国50選”

この本を開く

全国の道の駅巡りをしています。既に1000か所以上を訪問し、2014年5月に一応全国制覇を果たしたの...

この本を開く

2018年3月に発行された沖縄ローカル釣り漫画「ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール」最新作!...

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...
400円
路地裏流・繁盛店の創り方

この本を開く

全国の路地裏で、商売を成功させている方はたくさんいます。悪条件は考え方次第で好条件になる、というモノ...

もっとみる