目次
第1章
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
page 54
page 55
page 56
page 57
page 58
page 59
page 60
page 61
page 62
page 63
page 64
page 65
page 66
page 67
page 68
page 69
page 70
page 71
page 72
page 73
page 74
page 75
page 76
page 77
page 78
page 79
page 80
page 81
page 82
page 83
page 84
page 85
page 86
page 87
page 88
page 89
page 90
page 91
page 92
page 93
page 94
page 95
page 96
page 97
page 98
page 99
page 100
page 101
page 102
page 103
page 104
page 105
page 106
page 107
page 108
page 109
page 110
page 111
page 112
page 113
page 114
page 115
page 116
page 117
page 118
page 119
page 120
page 121
page 122
page 123
page 124
page 125
page 126
page 127
page 128
page 129
page 130
page 131
page 132
page 133
page 134
page 135
page 136
page 137
page 138
page 139
page 140
page 141
page 142
page 143
page 144
page 145
page 146
page 147
page 148
page 149
page 150
page 151
page 152
page 153
page 154
page 155
page 156
page 157
page 158
page 159
page 160
page 161
page 162
page 163
page 164
page 165
page 166
page 167
page 168
page 169
page 170
page 171
page 172
page 173
page 174
page 175
page 176
page 177
page 178
page 179
page 180
page 181
page 182
page 183
page 184
page 185
page 186
page 187
page 188
page 189
page 190
page 191
page 192
page 193
page 194
page 195
page 196
page 197
page 198
page 199
page 200
page 201
page 202
page 203
page 204
page 205
page 206
page 207
page 208
page 209
page 210
page 211
page 212
page 213
page 214
page 215
page 216
page 217
page 218
page 219
page 220
page 221
page 222
page 223
page 224
page 225
page 226
page 227
page 228
page 229
page 230
page 231
page 232
page 233
page 234
page 235
page 236
page 237
page 238
page 239
page 240
page 241
page 242
page 243
page 244
page 245
page 246
page 247
page 248
page 249
page 250
page 251
page 252
page 253
page 254
page 255
page 256
page 257
page 258
page 259
page 260
page 261
page 262
page 263
page 264
page 265
page 266
page 267
page 268
page 269
page 270
page 271
page 272
page 273
page 274
page 275
page 276
page 277
page 278
page 279
page 280
page 281
page 282
page 283
page 284
page 285
page 286
page 287
page 288
page 289
page 290
page 291
page 292
page 293
page 294
page 295
page 296
page 297
page 298
page 299
page 300
page 301
page 302
page 303
page 304
page 305
page 306
page 307
page 308
page 309
page 310
page 311
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

305 / 312ページ

      < 離れても 都々逸 >


1421    逢いたい見たい 恋しい彼方

          軽い帯締め 今宵待つ…真恋

       触れりゃ解(ほど)ける 帯しめ待てど

         謎を解(と)かない 野暮な奴…ゆうほ


1422    暑さしのぎに 団扇で仰ぎ

          節電飲み屋 麻のれん…真恋

       女将団扇で 膝借り寝れば

           覚めても一度 狸なる…ゆうほ


1423    泣きの涙で 港を出れば

          次のおんなに すぐメール…悠

       ぬしの入り船 窓から見えて

           慌て間男 出船乗せ…ゆうほ



1424    世の中デジタル チクタクせぬが

           二人はぐくむ 恋の時…月うさ

       柱時計の 振り子の恋は

          振られ追うのか 長い針…ゆうほ



1425    わかっているのよ 添えないことは

          それでもいいの あなたなの…さくら

       添って喧嘩を するよりいっそ

          離れ恋しい ぬしが良い…ゆうほ



           < 蛍 都々逸 >


1426    粋なほたるの 道案内で

            あなたの元へ 返りたい…さくら

       尻にひがつく ほたるだけれど

           燃えず我慢の 恋もある…ゆうほ



1427    人は誰でも 淋しいものと 

           二人で覗く ほたるかご…さくら

       清い水しか 住めない蛍

           おまえだけでも 願う夜…ゆうほ 


1428    ほたるの宿で 燃やした命

           二匹のほたるが 草に落ち…さくら

       草で重なり 命を燃やし

           新た命に ひがともる…ゆうほ


1429    路地の小店に 打ち水うって

           客を待ってる つりしのぶ…さくら

       雀色時 風鈴鳴れば

          見あげ涼しげ つりしのぶ…ゆうほ


1430    自分をしっかり 持ってる人は

          人の話も 良く聞ける…さくら

       親の説教 灸の熱さ

           効き目ゆっくり 後わかる…ゆうほ


           < 感謝 都々逸 >


1431    出会いどなたの 采配なのか

          怨み感謝に 迷う夜…遊びびと

       捨てる気がありゃ そのまませよと

          拾い弄る ぬし憎い…ゆうほ



1432    気の無い素振り 涼しい顔で

          「ごめん」のひとこと 待っている…月うさ

       折るも立てるも 君なすままに

           それが分からぬ うぶな奴…ゆうほ



1433    嫁は嫌だよ 唄にもならぬ

           わたしゃ彼方の通い妻…真 恋

       花から花へ 花蜜吸って

           飛んで逃げてく 浮気鳥…ゆうほ



1434    花の色香につい浮かされて

            狂う胡蝶の夢心…真 恋

       蜜に寄せられ 命を授け

           さだめ果たして 胡蝶いく…ゆうほ



1435    自由な遊びに自由な世界

           それに憚る闇の痴話…真 恋

       粋な色恋 絵になるような 

           色も褪せるか 俗な痴話…ゆうほ 



1436    俺もあほやが お前もあほや

           あほの二乗は なんだっけ…さくら

       あほのふたりで 乗りあいすれば

           愉快満たされ この浮世…ゆうほ



1437    夏のれんなら 風情もあるが

            夕立に濡れ 簾髪…悠

       ゆうほ頭は 蠅さえ滑る

            海にいるなら タコ坊主…ゆうほ


     < 別れ 都々逸 >


1438    貴方に抱かれ はかない恋が

          ひと夜と知りつつ 身を焦がす…月うさ

       長い時待ち 君逢えたから

         例え一夜も 命継ぐ…ゆうほ



1439    闇に灯るは 迷わず来いと

          貴方が示す 恋しるべ…月うさ

       闇に希望の 恋灯がともり

          ましてそこには ぬしが待つ…ゆうほ



1440     空を流れる ふわふわ雲に 

            小さな幸せ もらったら…さくら

        雲の流れに 身をまかせれば

             何でこだわる 浮世事…ゆうほ





         < 浮世事 都々逸 >



1441    眠りうつつで 

          抱かれて目覚め

             昇りつめてく

                ここちよさ…遊びびと


1442    妬む想いに

           あなたを怨み

             逢えない夜の

               鬼の面…遊びびと


1443    沈む夕日に

          佇む主を

            抱いて揺らして 

                母となり…遊びびと


1444    誰ぞ棲んでた

           情けの宿を

             ちょいと借ります

               今宵だけ…遊びびと


1445    ここは通れぬ

          しがらみ道か

             よけて辿るは

                主の腕…遊びびと


1446    ほたる来い来い

           この指とまれ

             灯る灯りに

                身をさらし…遊びびと


1447    三日なりとも

         女房にしてと

           泣いて俯き

              舌を出す…真 恋


1448    弁天様だと
 
          口説いておいて

             今じゃ私を

                山の神…真 恋


1449    内の女房は

           さざえの様に

              しりも頭も

                 角ばかり…真 恋


1450    あやめを菖蒲と

          云うたが無理か

             場合で亭主も

                 兄と呼ぶ…真 恋



読者登録

ゆうほさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について