目次
第1章
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
page 54
page 55
page 56
page 57
page 58
page 59
page 60
page 61
page 62
page 63
page 64
page 65
page 66
page 67
page 68
page 69
page 70
page 71
page 72
page 73
page 74
page 75
page 76
page 77
page 78
page 79
page 80
page 81
page 82
page 83
page 84
page 85
page 86
page 87
page 88
page 89
page 90
page 91
page 92
page 93
page 94
page 95
page 96
page 97
page 98
page 99
page 100
page 101
page 102
page 103
page 104
page 105
page 106
page 107
page 108
page 109
page 110
page 111
page 112
page 113
page 114
page 115
page 116
page 117
page 118
page 119
page 120
page 121
page 122
page 123
page 124
page 125
page 126
page 127
page 128
page 129
page 130
page 131
page 132
page 133
page 134
page 135
page 136
page 137
page 138
page 139
page 140
page 141
page 142
page 143
page 144
page 145
page 146
page 147
page 148
page 149
page 150
page 151
page 152
page 153
page 154
page 155
page 156
page 157
page 158
page 159
page 160
page 161
page 162
page 163
page 164
page 165
page 166
page 167
page 168
page 169
page 170
page 171
page 172
page 173
page 174
page 175
page 176
page 177
page 178
page 179
page 180
page 181
page 182
page 183
page 184
page 185
page 186
page 187
page 188
page 189
page 190
page 191
page 192
page 193
page 194
page 195
page 196
page 197
page 198
page 199
page 200
page 201
page 202
page 203
page 204
page 205
page 206
page 207
page 208
page 209
page 210
page 211
page 212
page 213
page 214
page 215
page 216
page 217
page 218
page 219
page 220
page 221
page 222
page 223
page 224
page 225
page 226
page 227
page 228
page 229
page 230
page 231
page 232
page 233
page 234
page 235
page 236
page 237
page 238
page 239
page 240
page 241
page 242
page 243
page 244
page 245
page 246
page 247
page 248
page 249
page 250
page 251
page 252
page 253
page 254
page 255
page 256
page 257
page 258
page 259
page 260
page 261
page 262
page 263
page 264
page 265
page 266
page 267
page 268
page 269
page 270
page 271
page 272
page 273
page 274
page 275
page 276
page 277
page 278
page 279
page 280
page 281
page 282
page 283
page 284
page 285
page 286
page 287
page 288
page 289
page 290
page 291
page 292
page 293
page 294
page 295
page 296
page 297
page 298
page 299
page 300
page 301
page 302
page 303
page 304
page 305
page 306
page 307
page 308
page 309
page 310
page 311
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

299 / 312ページ

        < 恋情話 都々逸 >


1393    切れる心は さらさらないが

           切れた振りする 身の辛さ…真 恋

       ふったつもりで つれない素振り

            背なが揺れてる 忍び泣き…ゆうほ



1394    いやに絡んだ 不意気な恋路

            結ぶ出雲も 困りもの…真 恋

       結ぶ神いりゃ 縁切り神と

            神も男も 花添える…ゆうほ



1395    水も漏らさぬ 仲とは見えぬ

           紙幣(さつ)が結んだ 薄い縁…真 恋

        拾う御縁(五円)が お前じゃないか

           穴が結んだ 対むじな…ゆうほ



1396     一人寝る夜も 枕を並べ

            一つは主と 抱いてねる…真 恋

        主と添い寝は 腕借り枕

             ついで賃料 身で払う…ゆうほ 



1397     和歌は雅よ 俳句は味よ

             わけて都々逸ぁ 心意気…真 恋

        素では言えない ぬしへの想い

             口説き都々逸 忍ばせる…ゆうほ


      < 共白髪 都々逸 >


1398    下手な都々逸 絡まれ嬉し

           おなごならぬが ちと無念…悠

       男同志で カマ風呂つかり

           おなじカマ飯 はや仲間…ゆうほ



1399    恋の涙は 甘さもあるが

           銭の苦労は 苦いだけ…悠

       金は捨てても この恋捨てぬ

           主の為なら 手鍋さげ…ゆうほ



1400    好いて好かれて 共白髪まで

           誓った愛も 今、昔…悠

       三三九度の 固めを済ましゃ

           後は鶴亀 空と海…ゆうほ



1401    死ぬの生きるの あれほど騒ぎ

           三月過ぎれば 余所見する…悠

       主がいなけりゃ 生きてはいけぬ

           今じゃ主いりゃ 生きられぬ…ゆうほ




       < 足も色々 都々逸>


1402    手出し金出し

           足まで出そと

               好かぬお前じゃ

                     無駄足さ



1403    風の音さえ

           主来たおもい

               下駄の音聞きゃ

                      舞い上がる



1404    今宵うしみつ

           出番の時さ

                おあしいらない

                       お岩さま



1405     九じゃ離さぬ

           お菊に言われ

                 さらに重ねる

                       深いなか



1406     浮世無事越え

            あの世で地獄 

                ほんに息つく

                      暇がない





      < 夏のれん 都々逸 >


1407    破れ傘でも あるだけましよ

          これでよければ 持ってきな…さくら

       傘を貸すより 泊って行けと

          言わぬ主さん 意地悪い…ゆうほ



1408    最後のお酒を ふたりで呑んで

           明日は他人の 涙雨…さくら

       他人であろうと なかろと同じ

           あなたと同じ 空気吸う…ゆうほ



1409    ほたるの宿で 燃やした命

           ついて消えて また燃える…さくら

       突いて混ぜたら 残り火燃える

           水を用意の 火の用チン…ゆうほ



1410    忍の一字に すっかりなれて

           仕事あるだけ ありがたい…さくら

       会社じゃ言わザル 五時から虎に

           床に入れば 盛り猫…ゆうほ 



1411    妻になれない 生涯だけど

           ひとりで生きる 夏のれん…さくら

       女の道が 妻だけなんて

           気儘風鈴 風任せ…ゆうほ




      < 悪い癖 都々逸 >


1411    ちょいと逢わねば 心は済まず

           逢えば引かるる 後ろ髪…真 恋

       逢瀬過ごした 乱れた髪に 

           辛い思いの 恋情話…ゆうほ



1412    共に白髪と 誓いし仲も

           背中合わせの 床の内…真 恋 

       あの世高砂 も一度帆あげ

           ふたり漕ぎだす 三途川…ゆうほ



1413    色の句節は 未だ知りませぬ

           聞きたきゃ寝かした 三味線に…真 恋

       主を呼ぶよに 清掻き鳴らしゃ

           心共鳴る 三味の音…ゆうほ



1414    小唄都々逸 上手にできて

            女ぐせだけ 悪い癖…真 恋

       人に惚れさせ すげない素振り

            殺したいよな 悪い癖…ゆうほ



1415    昼は人目を 忍んでいれど

            暮れるとこっそり 来る彼方…真 恋

       顔は見ぬとも そばいるだけで

             心休まる 恋病…ゆうほ



読者登録

ゆうほさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について