目次
第1章
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
page 54
page 55
page 56
page 57
page 58
page 59
page 60
page 61
page 62
page 63
page 64
page 65
page 66
page 67
page 68
page 69
page 70
page 71
page 72
page 73
page 74
page 75
page 76
page 77
page 78
page 79
page 80
page 81
page 82
page 83
page 84
page 85
page 86
page 87
page 88
page 89
page 90
page 91
page 92
page 93
page 94
page 95
page 96
page 97
page 98
page 99
page 100
page 101
page 102
page 103
page 104
page 105
page 106
page 107
page 108
page 109
page 110
page 111
page 112
page 113
page 114
page 115
page 116
page 117
page 118
page 119
page 120
page 121
page 122
page 123
page 124
page 125
page 126
page 127
page 128
page 129
page 130
page 131
page 132
page 133
page 134
page 135
page 136
page 137
page 138
page 139
page 140
page 141
page 142
page 143
page 144
page 145
page 146
page 147
page 148
page 149
page 150
page 151
page 152
page 153
page 154
page 155
page 156
page 157
page 158
page 159
page 160
page 161
page 162
page 163
page 164
page 165
page 166
page 167
page 168
page 169
page 170
page 171
page 172
page 173
page 174
page 175
page 176
page 177
page 178
page 179
page 180
page 181
page 182
page 183
page 184
page 185
page 186
page 187
page 188
page 189
page 190
page 191
page 192
page 193
page 194
page 195
page 196
page 197
page 198
page 199
page 200
page 201
page 202
page 203
page 204
page 205
page 206
page 207
page 208
page 209
page 210
page 211
page 212
page 213
page 214
page 215
page 216
page 217
page 218
page 219
page 220
page 221
page 222
page 223
page 224
page 225
page 226
page 227
page 228
page 229
page 230
page 231
page 232
page 233
page 234
page 235
page 236
page 237
page 238
page 239
page 240
page 241
page 242
page 243
page 244
page 245
page 246
page 247
page 248
page 249
page 250
page 251
page 252
page 253
page 254
page 255
page 256
page 257
page 258
page 259
page 260
page 261
page 262
page 263
page 264
page 265
page 266
page 267
page 268
page 269
page 270
page 271
page 272
page 273
page 274
page 275
page 276
page 277
page 278
page 279
page 280
page 281
page 282
page 283
page 284
page 285
page 286
page 287
page 288
page 289
page 290
page 291
page 292
page 293
page 294
page 295
page 296
page 297
page 298
page 299
page 300
page 301
page 302
page 303
page 304
page 305
page 306
page 307
page 308
page 309
page 310
page 311
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

285 / 312ページ

         < 恋と涙 都々逸 >



1188    女の涙を 仕分けてみたが

             嘘か真か 分からない…さくら

       嘘も誠も 流れる涙

             おなじ身の内 しょっぱいさ…ゆうほ



1189    誰も訪なう 事無き庵 

            おまえ閉じ込め 愛でている…遊びびと

       君の心の 庵の中で

            住めりゃ嬉しい 夢中庵…ゆうほ



1190    今にも落ちそな 涙を見れば

             愛しさ募る 恋の道…さくら

       人魚の涙は 真珠になって

             お前涙は 恋の玉…ゆうほ



1191    薄く粧い 深夜の宴

             主の好みの 笑み添えて…遊びびと

       惚れたおまえにゃ 何かじゃなくて

             俺の全てを 添えるだけ…ゆうほ



1192    近頃涙も あんまり出ない

             そろそろ涙腺 枯れたかな…さくら

        涙白露 枯れ果てたのに

             何で枯れない 浮気草…ゆうほ






      < ぼやき 都々逸 >


1193    ソロバン勘定

           しっかりするに

                恋のかけひき

                    できぬ野暮


1194    金が仇と

           三途の川へ

                ここも六文

                     渡し賃


1195    熱くでるもの

           瞬間湯沸かし

                出つくしゃ冷たさ

                      手が切れる


1196    あの夜ふたりで

            手つかず道を

                 無理に通した

                       君が良い


1197     男は心だ

           顔ではないと

               切った啖呵が

                    すでに負け


1198    女演じる

           仕草に色気

               何故に習わぬ

                     うちのかか


1199    ワンコインもち

            食堂街を

                悩んでやっぱり

                      ワンコそば


1200    小鼻ピクピク

           エレベーターで

                尻を押さえて

                     顔見あう


1201    女家つき

           男は人に

                ついた所で

                     風が吹く




       < しっぽり 都々逸 >


1202    ほのかに残る 女の色香

            袖口抑えて 酌をする…さくら

       抜いた襟足 主の目奪い

            恋の仇を ごぼう抜き…ゆうほ



1203    徳利持つ手の 白くて細い

            夕顔咲いてる 路地の店…さくら

        徳利飲み干し まだあるはずと

            手で擦っては 猪口に受け…ゆうほ



1204    雨の雫で 作った曲は

             今夜はワルツで ふたり酒…さくら

       ワルツ踊れば 拍子もあって

             閨に持ち込む 三拍子…ゆうほ



1205    雨が止んだら お帰りなのね

             もっともっと 降ればいい…さくら

        やらず雨なら 主そのままで

             主がいったら あたしゃ濡れ…ゆうほ



1206    さっきの出来事 見ていたように

             つわぶきの葉の てらてらと…さくら

       日陰育ちの 花さえ意地が

              あんたのお陰 実をつける…ゆうほ  




    < 色艶お料理 都々逸 >


1215    クシ刺しされて

             衣をまとい

               灼熱地獄も

                  堪えてカツ

                 …串カツ


1216    酒を飲まされ

           温められりゃ

               口を開いて

                   身もみせる

                  …ハマグリ酒蒸し


1217    皮を剥いたら

           手でしっかりと

                擦って汁出す

                       おろし金

                      …とろろ汁

1218    穴に無理やり

          みを入れながら

              挟んであげる

                    君の為

                   …蓮根フライ


1219    キュととじてる

           やわ肌舌に

             なかのうま汁

                  しみて出る

                …小篭包  


1220    お湯につかった

            白肌ひかり

               のったカツオが

                     たつような

                   …湯豆腐


1221    寒ささらされ

          干されりゃ皺に

               重石乗せられ

                     幾歳月

                    …沢庵漬け


1222    干され叩かれ

            味出る頃に

              切り身にされて

                   つまの上

                  …鰹タタキ


1223    生まれたままの

           きみ割りこんで

                そっと口入れ

                     舐めるよに

                   …生卵御飯


1224    あたし好みの

           マッタケながめ

               手にとりいかに

                      悩む夜

                    …みてるタケ


1225    ケムに捲かれて 

          くすぶるハート

               君に食われりゃ

                      本望さ

       ・・・焼き鳥屋・ハツ   …月うさ




    <人生劇場 都都逸>


1226    自分の道は

           自分で作り

              道を外すも

                 人だもの


1227    人生如何に

          生きるか悩み

              とどのつまりが

                    人つくり 


1228    色々理屈を

            弄繰り回し

               閨でするのは

                      皆同じ


1229    親を罵る

           言葉の裏で

              わが身罵る

                   自分いる


1230    命の炎は

           消えるがさだめ

                お釈迦様でも

                     あの世行く


1231    出会うさだめと

            こころを括りゃ

                 地獄極楽

                     この身受け

                    …リーベ


1232    川の流れと

            あなたの情け

               何処で切ったら

                     よいのやら

                     …さくら



読者登録

ゆうほさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について