目次
第1章
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
page 54
page 55
page 56
page 57
page 58
page 59
page 60
page 61
page 62
page 63
page 64
page 65
page 66
page 67
page 68
page 69
page 70
page 71
page 72
page 73
page 74
page 75
page 76
page 77
page 78
page 79
page 80
page 81
page 82
page 83
page 84
page 85
page 86
page 87
page 88
page 89
page 90
page 91
page 92
page 93
page 94
page 95
page 96
page 97
page 98
page 99
page 100
page 101
page 102
page 103
page 104
page 105
page 106
page 107
page 108
page 109
page 110
page 111
page 112
page 113
page 114
page 115
page 116
page 117
page 118
page 119
page 120
page 121
page 122
page 123
page 124
page 125
page 126
page 127
page 128
page 129
page 130
page 131
page 132
page 133
page 134
page 135
page 136
page 137
page 138
page 139
page 140
page 141
page 142
page 143
page 144
page 145
page 146
page 147
page 148
page 149
page 150
page 151
page 152
page 153
page 154
page 155
page 156
page 157
page 158
page 159
page 160
page 161
page 162
page 163
page 164
page 165
page 166
page 167
page 168
page 169
page 170
page 171
page 172
page 173
page 174
page 175
page 176
page 177
page 178
page 179
page 180
page 181
page 182
page 183
page 184
page 185
page 186
page 187
page 188
page 189
page 190
page 191
page 192
page 193
page 194
page 195
page 196
page 197
page 198
page 199
page 200
page 201
page 202
page 203
page 204
page 205
page 206
page 207
page 208
page 209
page 210
page 211
page 212
page 213
page 214
page 215
page 216
page 217
page 218
page 219
page 220
page 221
page 222
page 223
page 224
page 225
page 226
page 227
page 228
page 229
page 230
page 231
page 232
page 233
page 234
page 235
page 236
page 237
page 238
page 239
page 240
page 241
page 242
page 243
page 244
page 245
page 246
page 247
page 248
page 249
page 250
page 251
page 252
page 253
page 254
page 255
page 256
page 257
page 258
page 259
page 260
page 261
page 262
page 263
page 264
page 265
page 266
page 267
page 268
page 269
page 270
page 271
page 272
page 273
page 274
page 275
page 276
page 277
page 278
page 279
page 280
page 281
page 282
page 283
page 284
page 285
page 286
page 287
page 288
page 289
page 290
page 291
page 292
page 293
page 294
page 295
page 296
page 297
page 298
page 299
page 300
page 301
page 302
page 303
page 304
page 305
page 306
page 307
page 308
page 309
page 310
page 311
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

262 / 312ページ

      < 愛 夢 応援 都々逸 >


969    山でも海でも 野原の中も

          お前いるなら マイホーム…ゆうほ

       何処に続くの 見知らぬ里へ

          道を示すは 主の愛…遊びびと


970    恋文写真を 火の中入れりゃ

          遠い恋火が 身を悶え…ゆうほ

      すべて終わって この身をけじめ

          なのに残り火 消えぬとは…遊びびと


971    とりそこなった あなたの夢も

          捨てずもってりゃ またがある…ゆうほ

      そんな笑顔に 惹かれて添うて

          悔いは有りゃせぬ この先も…遊びびと


972    愛を吹きかけ 春風乗せりゃ

          タンポポ綿毛 君のもと…ゆうほ

      ペナン浮き草  あなたの胸に

          カモメ届けよ  この想い…遊びびと


973    悲しみ癒す 人肌なのさ

        懐とびこみゃ 揺り籠に…ゆうほ

      主の温もり この身を融かし

         帰る処を  見失い…遊びびと


974    君が横いる 只それだけで 

         手鍋ひとつも いりゃせんわ…ゆうほ

      主の傍なら 修羅場も渡る

         決めたあの夜  今もなお…遊びびと


975     仲を違えぬ 証にしよう

         割れ盃を 懐に…ゆうほ

       別れ怖くて 恋などできぬ

         酒で流して 凛と立つ…遊びびと


976    色のかわるが 紫陽花だけど

         変わらぬ心 かきつばた…ゆうほ

      藍を染めれば 指先蒼く

         主に染まれば  女色…遊びびと


977    腕によりかけ 得意の料理

         恋しい彼と よりもどす…ゆうほ

      好みすべてを 頭にきざみ

         白いエプロン  台所…遊びびと


978    目を閉じ耳を すましてごらん

         君のこころが 俺のいえ…ゆうほ

      父母の愛とて 及ばぬ程に

         この身の奥に 主の棲む…遊びびと




     < 愚痴 都々逸 >


979    屋台で落とした

            情熱青春

               君を失くした

                    恋と夢


980    私に見せない

          笑顔を見たら

              君の姿を

                   見失う


981    日照り続きの

           となりの後家に

                水をやりいく

                    馬鹿亭主


982    ちちくり三日

           浮気は三年

               結婚すれば

                    終身刑

983    惚れているなら

            何故朝帰る

               事が終われば

                    そわそわと


984    足癖悪い

          突いたり蹴ったり

              そんなおまえにゃ

                     けりつける


985    血の通わない

          おまえだけれど

              痴情通って

                   いるらしい


986    恋すりゃ千里

          飛んでもいける

              醒めりゃ横いて

                   目をつぶる


987    どうせ都合の

           良い女なの

              あなたもたっぷり

                     都合して


988    おまえ命と

          何回聞いた

              すぐにはじける

                    シャボン玉

989    夢を買うにも

          金いるらしい

              先に借金

                  首輪され


990    観音菩薩と

          思って娶り

             いつのまにやら

                     鬼嫁に




     < 恋唄対句 都都逸 >


991    妬む想いに あなたを怨み

        逢えない夜の 鬼の面、、、遊びびと

      布団丸めて あなたをつくり

        叩いてつねって 抱いて寝る…ゆうほ


992    女房持ちだと 承知で惚れて

         とことん惚れた 憎いひと…さくら

      女房あっても 誠があれば

         妻の座ほしい わけじゃない…ゆうほ


993    情けの重さは 心で測り

          義理の重さは 身で測る…さくら

      義理は捨てても お前は捨てぬ

          情け棹さす なま身なら…ゆうほ


994    雨に打たれて 咲いてる花の

          なんと艶やか したたかに、、、遊びびと

      夜のとばりに 恥じらい隠し

           あさの白露 ポトリ落つ…ゆうほ


995    嘘をつけない あなたのように

           さつきの鯉の 吹流し…さくら

      さつきの空に 真鯉と緋鯉

           上でからむか こいのぼり…ゆうほ


996    今夜はゆっくり ふたりで呑もう

           来た道行く道 まだ続く…さくら

      同じ道行き 寄り道しては

            遅れ謝る 夫婦道…ゆうほ


997    ぬしの心の 色変わらぬか

            日陰で涙 すみれ草…リーベ 

       根なし竹垣 絡んできては

            朝に微笑む 朝顔か…ゆうほ


998    あなた恋しい 埋み火あれど

           燃やしてならぬ 由あらば…リーベ

      逢えば埋み火 又燃え上がる

           逢わなきゃ心 焙られる…ゆうほ



     < 夫婦 都都逸 >


999    宝探しに 似てると知った

         願い叶わぬ 夫婦道…遊びびと

      かねの草鞋で 探したおまえ

         金のかわりに 福みつけ…ゆうほ



1000    死ぬまで一緒と  誓った言葉

         今じゃ死ぬ前 逃げ出そう…リーベ

       あなたいなけりゃ 涙も出るが

          いれば愚痴でる 角が出る…ゆうほ



1001    浮気するなら わたくしよりも

            ずっと綺麗な 人にして…さくら

       妻がおかめで 浮気をしたに

            朝に顔みりゃ おかちめんこ…ゆうほ



1002    そしたら納得 出来たでしょうに

           なんであんなに ブスなのよ…さくら

       おかちめんこも 見ようでたのし

            あきがこぬよな 花の笑み…ゆうほ



1003    足の先まで 唇這わせ

             突き上げ落とす 主の技、、、遊びびと

       足に絡んで 締め付けられりゃ

             逃げる手もなし 俵締め…ゆうほ



1004    人の情けと 浮世の義理を

            拾って捨てて 五十年…さくら

       義理で沈んで 情けに流れ

            浮世棹さし 舵をきる …ゆうほ



1005    あちらのあやめが 手招きしてる

            こちらのあやめは 袖をひく…さくら

       あやめ枕で ふたりの夢を

            朝の菖蒲湯 もう一度…ゆうほ




           < ひとり 都都逸 >


1006    俺が好きかと

          きかれりゃ好きと

              言わにゃならない

                     諭吉さま


1007    惚れているから

          絡んでみたい

             嘘に本音を

                 混ぜる酒


1008    馬鹿なわたしに

            惚れてる男

                心広いか

                   大馬鹿か


1009    嫌な男に 

          貢がれるより 

              惚れたぬしさん

                      貢ぐ恋


1010    甲斐性と根性

          おまえにゃないが

               子作りだけは

                    お手のもの


1011    あんな男と

           強がり言って

              愚痴がのろけに

                     かわる夜


1012    浮気玉撃ち

          戻って夜戦

             あげ足とられ

                   玉もつく


1013    信用されてか

           愛無いゆえか

                家をあけよと

                      不動妻


1014    口説き文句に

           酔わされながら

                財布中身も

                     酔えそうな



1015    暗い浮世を

          これ幸いに

              提灯記事の

                    多い事






読者登録

ゆうほさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について