目次
第1章
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
page 54
page 55
page 56
page 57
page 58
page 59
page 60
page 61
page 62
page 63
page 64
page 65
page 66
page 67
page 68
page 69
page 70
page 71
page 72
page 73
page 74
page 75
page 76
page 77
page 78
page 79
page 80
page 81
page 82
page 83
page 84
page 85
page 86
page 87
page 88
page 89
page 90
page 91
page 92
page 93
page 94
page 95
page 96
page 97
page 98
page 99
page 100
page 101
page 102
page 103
page 104
page 105
page 106
page 107
page 108
page 109
page 110
page 111
page 112
page 113
page 114
page 115
page 116
page 117
page 118
page 119
page 120
page 121
page 122
page 123
page 124
page 125
page 126
page 127
page 128
page 129
page 130
page 131
page 132
page 133
page 134
page 135
page 136
page 137
page 138
page 139
page 140
page 141
page 142
page 143
page 144
page 145
page 146
page 147
page 148
page 149
page 150
page 151
page 152
page 153
page 154
page 155
page 156
page 157
page 158
page 159
page 160
page 161
page 162
page 163
page 164
page 165
page 166
page 167
page 168
page 169
page 170
page 171
page 172
page 173
page 174
page 175
page 176
page 177
page 178
page 179
page 180
page 181
page 182
page 183
page 184
page 185
page 186
page 187
page 188
page 189
page 190
page 191
page 192
page 193
page 194
page 195
page 196
page 197
page 198
page 199
page 200
page 201
page 202
page 203
page 204
page 205
page 206
page 207
page 208
page 209
page 210
page 211
page 212
page 213
page 214
page 215
page 216
page 217
page 218
page 219
page 220
page 221
page 222
page 223
page 224
page 225
page 226
page 227
page 228
page 229
page 230
page 231
page 232
page 233
page 234
page 235
page 236
page 237
page 238
page 239
page 240
page 241
page 242
page 243
page 244
page 245
page 246
page 247
page 248
page 249
page 250
page 251
page 252
page 253
page 254
page 255
page 256
page 257
page 258
page 259
page 260
page 261
page 262
page 263
page 264
page 265
page 266
page 267
page 268
page 269
page 270
page 271
page 272
page 273
page 274
page 275
page 276
page 277
page 278
page 279
page 280
page 281
page 282
page 283
page 284
page 285
page 286
page 287
page 288
page 289
page 290
page 291
page 292
page 293
page 294
page 295
page 296
page 297
page 298
page 299
page 300
page 301
page 302
page 303
page 304
page 305
page 306
page 307
page 308
page 309
page 310
page 311
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

256 / 312ページ

不謹慎にも葬式を詠んだ都々逸です。

今からあの世にお出かけしようと言う方、気にせず笑って許してね!


     <ちょっと不謹慎葬式 都々逸 >



917    あの世行こうと

          思っているに

               遺産どこだと

                     いう家族


918    俺の人生

         成功したよ

             お前たちこそ

                    わが遺産


919    僅かな遺産

           残したために

               葬式どころじゃ

                    ありゃせんわ


920    慌てふためく

           家族にかわり

               葬式メニューの

                       松竹梅


921    高い金だし

         貰った戒名

             あの世も地位で

                    勝負かな


922    可愛い子孫

         何をされよと

              祟る先祖が

                   あるもんか


923    死んで泣くなら

          生きてるうちに

               何かする事

                    あった筈


924    死に際なって

          妻の名違い

              夫婦喧嘩で

                     元気出る


925    愛犬葬式

         ひと様おなじ

             骨あげ初七日

                   ワンダフル


926    おまえゆっくり

           俺先に行く

               出たとこ勝負

                     冥途旅




       < 対句都々逸 >


927    いつの頃より  覚えたお酒

         桜ひとひら  添えて呑む、、、遊びびと

      いないあなたの 猪口前置いて

         させばわたしが かわり呑む…ゆうほ


928    薄墨色の さくらの小道

          肩を寄せ合う 花あかり…さくら

      肩にかかった その手をとって

          胸で感じる 暖かさ…ゆうほ


929    若葉萌えたつ  五月の野山

          この身の奥にも  泉湧く、、、遊びびと

      泉探して 奥山はいり

          道に迷うか 色の道…ゆうほ


930    今度とお化けは 出たことないの

          当てにしないで 待ってるわ…さくら

      おまえ口だけ べっ甲かんざし

           あたしゃ口だけ ぬし命…ゆうほ


931    別れ怖くて  恋などできぬ

           酒で流して  凛と立つ、、、遊びびと

      終わりはどんな 姿になろと

            恋は恋だよ 悔いもない…ゆうほ


932    ほんとはほっと しているくせに

             顔じゃないんだ 心だよ…さくら

      綺麗な花で 毒あるよりは
  
             踏まれ花咲く タンポポよ…ゆうほ


933    絹の糸より  優しい雨に

            心包んで  別れ酒、、、遊びびと

      繭でつつんで 女になるの

            はきだす糸に 君からめ…ゆうほ





       < 年輪都都逸 >


934    耳も遠いし 

         目も悪くなり

             歯と話さえ

                 噛みあわず


935    薄くなるのは

         おいらのオツム

              ついでに薄影

                   ただでのる


936    賞味期限は

         まだまだあるさ

            ついでにできた

                   年変える


937    オツム泡立ち

         バブルと消えりゃ

             つらい苦労も

                  はじけとぶ


938    おまえ貰って

          籤大当たり

             あげまん女房

                   福の神


939     男えらそに

           仕事をしても

                命育む

                  事できぬ


940    時の流れと

          ある一点で

             出会たおまえは

                    奇跡縁


941    先に旅立つ

        あなたをおくり

           むかえはいらぬ

                  ひとりいく


942    甲羅経たのも

           幾年月に

             ひとよ夢見た

                 浮世かな


943    植木等じゃ

         はいそれまでョ

             浮世忘れて

                 冥途旅




         < 恋唄対句 都都逸 >


944    咲いて散るのが  この世のさだめ

           笑って受ける  苦い酒、、、遊びびと

      たとえ散ろうと 実はなるものさ 

           そそぐお酒は 恋しずく…ゆうほ


945    何も計らず  とことん惚れた

           そんなこの身が 愛おしく、、、遊びびと

      浮こが沈もが 捨て身の恋さ 

           おもいのこすな 浮世恋…ゆうほ


946    憎み怨んで  別れて帰り

           バラの花束  部屋の前、、、、遊びびと

      バラでごまかす わけではないが

           口じゃ言えない 野暮な奴…ゆうほ


947    そっと手をそえ 蛇の目の傘が

             ぐらり傾く 夜の風…さくら

       ふたりでひとつ 蛇の目の猪口を

             させば口元 よいひらく…ゆうほ


948    のれんをくぐり 抱くよに座る

            黙って呑んでる ふたり酒…さくら

      肌がしってる ふたりの間

            黙って呑んで 潮をまつ…ゆうほ


949    誰もわけなど 聞いてはくれぬ

            肩を寄せ合う 霧の街…さくら

       雨も降らぬに 傘傾けて

             隠れ肩寄せ 茶屋のかど…ゆうほ 



950    歳の重ねは 自然のことで

             ぬしと重ねる こと忘れ…りーべ

       君にかさなり 骨なるまでは

            せめてなりたや 君の傘…ゆうほ




    < ちょっとあぶない夫婦 都々逸 >

951    絡み睦んだ

          ベッドも今は

               罵り叩く

                  レスリング


952    根性甲斐性

          ひとつも無くて

               浮気性だけ

                   ある亭主


953    うまい食事に

           たっぷり酒を

               夜ごと寝かさず

                     精ださす


954    良妻あげまん

          言われた妻は

              悪妻ぶたまん

                      鬼婆


955    定年までは

         御苦労さまと

              亭主これから

                  ひとり主夫


956    これがおまえの

             三行半だ

                笑みをかくして

                        妻涙


957    婚活オフ会

          カラオケ合コン

             歳もサバよみ

                    若づくり


958    ふたり繋がる

           あの赤い糸

              今じゃ罠だと

                    思うよな


959    子供独立

          夫は定年

             年金分けりゃ

                   別れ道


960    お互い言い分

           山程あって

              最後のセリフ

                   何も無い


961    おまえいなけりゃ

          生きてはいけぬ

             今は一緒じゃ

                 死にそうな





読者登録

ゆうほさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について