目次
第1章
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
page 54
page 55
page 56
page 57
page 58
page 59
page 60
page 61
page 62
page 63
page 64
page 65
page 66
page 67
page 68
page 69
page 70
page 71
page 72
page 73
page 74
page 75
page 76
page 77
page 78
page 79
page 80
page 81
page 82
page 83
page 84
page 85
page 86
page 87
page 88
page 89
page 90
page 91
page 92
page 93
page 94
page 95
page 96
page 97
page 98
page 99
page 100
page 101
page 102
page 103
page 104
page 105
page 106
page 107
page 108
page 109
page 110
page 111
page 112
page 113
page 114
page 115
page 116
page 117
page 118
page 119
page 120
page 121
page 122
page 123
page 124
page 125
page 126
page 127
page 128
page 129
page 130
page 131
page 132
page 133
page 134
page 135
page 136
page 137
page 138
page 139
page 140
page 141
page 142
page 143
page 144
page 145
page 146
page 147
page 148
page 149
page 150
page 151
page 152
page 153
page 154
page 155
page 156
page 157
page 158
page 159
page 160
page 161
page 162
page 163
page 164
page 165
page 166
page 167
page 168
page 169
page 170
page 171
page 172
page 173
page 174
page 175
page 176
page 177
page 178
page 179
page 180
page 181
page 182
page 183
page 184
page 185
page 186
page 187
page 188
page 189
page 190
page 191
page 192
page 193
page 194
page 195
page 196
page 197
page 198
page 199
page 200
page 201
page 202
page 203
page 204
page 205
page 206
page 207
page 208
page 209
page 210
page 211
page 212
page 213
page 214
page 215
page 216
page 217
page 218
page 219
page 220
page 221
page 222
page 223
page 224
page 225
page 226
page 227
page 228
page 229
page 230
page 231
page 232
page 233
page 234
page 235
page 236
page 237
page 238
page 239
page 240
page 241
page 242
page 243
page 244
page 245
page 246
page 247
page 248
page 249
page 250
page 251
page 252
page 253
page 254
page 255
page 256
page 257
page 258
page 259
page 260
page 261
page 262
page 263
page 264
page 265
page 266
page 267
page 268
page 269
page 270
page 271
page 272
page 273
page 274
page 275
page 276
page 277
page 278
page 279
page 280
page 281
page 282
page 283
page 284
page 285
page 286
page 287
page 288
page 289
page 290
page 291
page 292
page 293
page 294
page 295
page 296
page 297
page 298
page 299
page 300
page 301
page 302
page 303
page 304
page 305
page 306
page 307
page 308
page 309
page 310
page 311
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

249 / 312ページ

    <   スポーツ都々逸   >

849    バットで三振

          振り逃げうまい

              浮世この手で

                   ホストなる…野球


850    危なくなれば

        パスするラグビー

            女揉めれば

                 次まわす…ラグビー


851    棒でつついて

          穴入れうまい

            ハスラージゴロが

                   昼と夜…玉突き


852    3P組んで

         立ってる棒に

            しがみ付いたら

                のぼりつめ…棒倒し


853    ガチンコ勝負は

         夜だけやって

             昼は八百長

                  土俵うえ…相撲


854    人の嫌がる

          所を狙う

            性格悪いと

               嫁行けず…テニス


855    わが身こけよが

         落としちゃならぬ

              玉にいのちを

                 かける魔女…バレーボール


856    いつの間にやら

          抜いては刺した

               鞘に納めて

                   知らぬ顔…居合抜き


857    周り良く見て

          足で勝負さ

             頭使って

                 だましうち…サッカー


858    やろとおもうな

          思えば逃げる

             奥に生きてる
           
                  下心…柔



    < ちょっと危ない思わせぶり都々逸 >

859    さしてほしいと

          思っていたに

              滴で濡らす

                  君の袖



860    こいをつるには

            良い餌と竿

               これで釣れなきゃ

                     金がいる


861    拗ねたそぶりの

           おまえの癖は

               そっとベル押しゃ

                      またひらく


862    たった一つの

          誠の糸に 

            すがった下は 

                 地獄池


863    蝦で釣れるよな

          タイではないわ

                竿に誠を

                   つけてみな


864    散らそと枯らそと

          おいらの腕さ

              水の加減の

                    難しさ


865    花見込み合う

          さくらの木より

             おまえと寝そべる

                     草の上


866    逢えた嬉しさ

          隠そとしても

             頬がものいう

                  ピンク色

867    おまえ命と 
    
         肌墨いれて 

            色の変わらぬ 

                   恋あかし


868    惚れずいれるさ

          いつでも戻る

              言った時には

                    恋地獄


869    あなただけしか

            開かぬ花は

               夜を待ってる

                     月見草


870    事が終った

          あなたの背中

               帰り仕度の

                    方を向く



869    あなただけしか

            開かぬ花は

               夜を待ってる

                     月見草


870    事が終った

          あなたの背中

               帰り仕度の

                    方を向く


871    手に手をとって

          言うたじゃないか

              それを手切れじゃ

                     金ばさみ


872    おまえ愛して

          一途に生きて

              チョット先いく

                    三途川


873    夢のなかでも

         つれないあなた

            好きと言ったら

                 目が覚める


874    口八丁に

          手八丁

            おまけに足は

                  達者もの


875    あたし胸うち

         見透かし遊ぶ

            どこか憎めぬ

                うちのひと


876    悪い所は

         私に似たと

            夫似てない

                言いわけを


877    恨みつらみの

         添え状書いて

             閻魔さまあて

                  棺桶に


878    捨てるも殺すも

           私にゃ同じ

              主に命を

                消されたい


879    ふられ上手な

         おまえだけれど

             あきらめ下手な

                  野暮な奴



       <  動物、虫都々逸 >

880    わたしゃ野良猫

           愛想もできぬ

               情けすがれる

                  世じゃないわ


881    浮気の虫を

          探してみれば

              臍下三寸

                 死んだふり


882    角はいらない

         やりだけだして

              どこをさそうか

                   かたつむり


883    おまえ狐で

           おれ狸なら

               ケモノヘンゆえ

                       狂う仲


884    おんなひっかけ

           地に落とすとは

                土瓶落としか

                    ひもなのか


885    オタマジャクシは

            一匹だけが

               それがお前だ

                      奇跡だろ


886    尻で光って

           恋する蛍

               頭光りゃ

                     恋も消え


887    俺が獅子なら

           おまえは牡丹

                夫婦看板

                    ししっばな


888    蟻の暮らしと

           人比べれば

                蟻が幸せ

                     見えるよな


889    猿山国会

         似てるじゃないか

              派閥ボスの座

                    追い落とし 



   < 食べ物都々逸 >


890    貴船川床

         そうめん流し

            絡めとりたい

                 君の愛


891    黄色でホカホカ

           香りのお芋

               こう門さまの

                    お通りだ 


892    焼き栗焼き芋

           上手に焼くに

                なんでヤキモチ

                      焦がすのか


893    夜も寝ないで

          ふたりで仕込み

               朝は豆腐屋

                     ラッパ吹く


894    子どもすし屋で

          大トロ鉄火

             親はハラハラ

                  カッパ巻き


895    デパ地下並んで

          有名スイーツ

              パパの晩飯

                   コンビニで


896    冷凍物は

         レンジでチンと

             冷えたおまえは

                     二回チン


897    痩せる食品

          ママ通販で

              金の工面で

                  パパ痩せる


898    グルメレストラン

          オバサマ占領

             立ち食いそばは

                    オヤジ族


899     泥の中でも

           清楚な花を

              しかも穴ある

                   蓮が好き







読者登録

ゆうほさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について