目次
第1章
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
page 54
page 55
page 56
page 57
page 58
page 59
page 60
page 61
page 62
page 63
page 64
page 65
page 66
page 67
page 68
page 69
page 70
page 71
page 72
page 73
page 74
page 75
page 76
page 77
page 78
page 79
page 80
page 81
page 82
page 83
page 84
page 85
page 86
page 87
page 88
page 89
page 90
page 91
page 92
page 93
page 94
page 95
page 96
page 97
page 98
page 99
page 100
page 101
page 102
page 103
page 104
page 105
page 106
page 107
page 108
page 109
page 110
page 111
page 112
page 113
page 114
page 115
page 116
page 117
page 118
page 119
page 120
page 121
page 122
page 123
page 124
page 125
page 126
page 127
page 128
page 129
page 130
page 131
page 132
page 133
page 134
page 135
page 136
page 137
page 138
page 139
page 140
page 141
page 142
page 143
page 144
page 145
page 146
page 147
page 148
page 149
page 150
page 151
page 152
page 153
page 154
page 155
page 156
page 157
page 158
page 159
page 160
page 161
page 162
page 163
page 164
page 165
page 166
page 167
page 168
page 169
page 170
page 171
page 172
page 173
page 174
page 175
page 176
page 177
page 178
page 179
page 180
page 181
page 182
page 183
page 184
page 185
page 186
page 187
page 188
page 189
page 190
page 191
page 192
page 193
page 194
page 195
page 196
page 197
page 198
page 199
page 200
page 201
page 202
page 203
page 204
page 205
page 206
page 207
page 208
page 209
page 210
page 211
page 212
page 213
page 214
page 215
page 216
page 217
page 218
page 219
page 220
page 221
page 222
page 223
page 224
page 225
page 226
page 227
page 228
page 229
page 230
page 231
page 232
page 233
page 234
page 235
page 236
page 237
page 238
page 239
page 240
page 241
page 242
page 243
page 244
page 245
page 246
page 247
page 248
page 249
page 250
page 251
page 252
page 253
page 254
page 255
page 256
page 257
page 258
page 259
page 260
page 261
page 262
page 263
page 264
page 265
page 266
page 267
page 268
page 269
page 270
page 271
page 272
page 273
page 274
page 275
page 276
page 277
page 278
page 279
page 280
page 281
page 282
page 283
page 284
page 285
page 286
page 287
page 288
page 289
page 290
page 291
page 292
page 293
page 294
page 295
page 296
page 297
page 298
page 299
page 300
page 301
page 302
page 303
page 304
page 305
page 306
page 307
page 308
page 309
page 310
page 311
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

245 / 312ページ


     < ちょっと危ない原発都々逸 >

794     会社赤字で

          社長は黒字

              これが辣腕

                   トップだわ


795    社長の椅子は

          みんなでまわす

                運が勝負の

                     退職金


796    保障に修理

          バンバン使おう

                原発村の

                    景気良さ


797    巨大な赤字も

          何するものか

               電気料金

                  上げりゃ済む


798    泣こが喚こが

          電気は使う

              言う事きかなきゃ

                    とめりゃよい


799    慾で集まる

           原発村は

              毒をながそと

                     想定外


800    ほかの原発

          事故ないうちは

                 想定内で

                      安全だ!


801    ただちに死ぬこと

          ないよといわれ

                 寿命考え 

                    ああそうか


802    人のうわさも

           七十五日

              万年プルトニュウム

                      勝てやせぬ


803    核をばらまく

           原発こわい

               妻の厳罰

                     もっと怖い


804    白状しろと 

          訊けばボソボソ

             「レベル7です

                チョット出した」





   < ちょっと危ない医療都々逸 笑って許してネ!>


805    医は仁術は

          昔の言葉

             今は算術 

                必須だね


806    サービス産業と

          言われる病院

             看護師美人で

                 固めチャオ


807    お粥メニューの

           病院食で 

             歯だけじょうぶが

                    恨めしい


808    医者に訊くより

           待合室で

              訊けば詳しい

                   わが病気


809    カルテを書いて

           自分も読めぬ

              首をひねると

                   患者ドキッ


810    医者と妻とが

          ひそひそ喋る

             こっちは心臓

                  バクバクさ


811    やっときたよと

          救急のれば

              たらいまわしで

                   目もまわる


812    ルンルン気分で

            採血くれば

              看護師ドラキュラ

                     見える時


813    あの看護師は

           美人じゃないか

                用もないのに

                     ベルを押す


814    あそこの患者

           いけすかないと

               注射痛目に

                   刺してやる



    < ちょっと危ない神さま仏さま都々逸  >

815    「おれが絶対

           唯一神さ」

             うちのカミサン

                  ありゃ悪魔?


816    奈良の大仏

         座ってばかり

             しびれ切れれば

                    世直しを


817    見てるだけなら

          張子の虎さ

              願いきいてよ

                   ハイハイと


818    三途の河も

          六道銭が

             いるとはあの世

                    世知辛い


819    精一杯に

          生きてきたのに

                 閻魔鏡で

                   何故に問う 


820    神の都合で

          動物たちも

             僕になったり

                 悪魔なる


821    神が奇跡を

         起こせるのなら

            とっくに争い

                無い浮世


822    ちょっとのお金

         あれこれ願い

           神もそれなり

                金次第


823    御利益あれば

         何でも売れる

            神さま商売

                大利益


824    仏見世物

          拝観料を

             神も仏も

                 飯のタネ


825    浮いた税金

          交際費だよ

            芸者舞子に

               ホステスと


826    経で鍛えた

          自慢の喉で

             祇園カラオケ

                芸者口説く


827    おまえ灰なら

         わしゃ骨壷に

             永久につつんで

                    冥途旅


828    逝った地獄も

         住めば都さ

            おまけにとわに

                 不老不死


829   天か神かは

         しらないけれど

             地震津波と

                何故起こす



       <  文字数字弄り都々逸  >


830    「ほ」の字のおまえが

             一本抜けりゃ

               「ま」ぬけとん「ま」に 

                       見えてくる



831    父の教えの

         「心して生きよ」

             今も守って

                  性の道


841    母の教えの

         傘の字見れば

             人が覆って

                 守るもの



842    屁と言うものは

          外じゃはずかし

             部屋の中にて

                  おと比べ


843    母という字は

           横なり休む

              疲れた姿じゃ

                 ないかいな


844    愛(I)の私は

         あなたを優(You)に

             醒めたら卑(He)に

                    見えるよな


845    二人三脚?

          五脚のはずが

              どこでどうなる

                     姿かな



846    好きか嫌いか

         訊くよな野暮は

             恋のいろはも

                 ちりぬるを



847    二度と開かぬ

         わが身をぬしは

               指先ひとつ

                   またひらく



848    恋の願掛け

          お百度よりも

             一度の口づけ

                   願叶う





    <   スポーツ都々逸   >

849    バットで三振

          振り逃げうまい

              浮世この手で

                   ホストなる…野球


850    危なくなれば

        パスするラグビー

            女揉めれば

                 次まわす…ラグビー


851    棒でつついて

          穴入れうまい

            ハスラージゴロが

                   昼と夜…玉突き


852    3P組んで

         立ってる棒に

            しがみ付いたら

                のぼりつめ…棒倒し


853    ガチンコ勝負は

         夜だけやって

             昼は八百長

                  土俵うえ…相撲


854    人の嫌がる

          所を狙う

            性格悪いと

               嫁行けず…テニス


855    わが身こけよが

         落としちゃならぬ

              玉にいのちを

                 かける魔女…バレーボール


856    いつの間にやら

          抜いては刺した

               鞘に納めて

                   知らぬ顔…居合抜き


857    周り良く見て

          足で勝負さ

             頭使って

                 だましうち…サッカー


858    やろとおもうな

          思えば逃げる

             奥に生きてる
           
                  下心…柔




読者登録

ゆうほさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について