目次
第1章
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
page 54
page 55
page 56
page 57
page 58
page 59
page 60
page 61
page 62
page 63
page 64
page 65
page 66
page 67
page 68
page 69
page 70
page 71
page 72
page 73
page 74
page 75
page 76
page 77
page 78
page 79
page 80
page 81
page 82
page 83
page 84
page 85
page 86
page 87
page 88
page 89
page 90
page 91
page 92
page 93
page 94
page 95
page 96
page 97
page 98
page 99
page 100
page 101
page 102
page 103
page 104
page 105
page 106
page 107
page 108
page 109
page 110
page 111
page 112
page 113
page 114
page 115
page 116
page 117
page 118
page 119
page 120
page 121
page 122
page 123
page 124
page 125
page 126
page 127
page 128
page 129
page 130
page 131
page 132
page 133
page 134
page 135
page 136
page 137
page 138
page 139
page 140
page 141
page 142
page 143
page 144
page 145
page 146
page 147
page 148
page 149
page 150
page 151
page 152
page 153
page 154
page 155
page 156
page 157
page 158
page 159
page 160
page 161
page 162
page 163
page 164
page 165
page 166
page 167
page 168
page 169
page 170
page 171
page 172
page 173
page 174
page 175
page 176
page 177
page 178
page 179
page 180
page 181
page 182
page 183
page 184
page 185
page 186
page 187
page 188
page 189
page 190
page 191
page 192
page 193
page 194
page 195
page 196
page 197
page 198
page 199
page 200
page 201
page 202
page 203
page 204
page 205
page 206
page 207
page 208
page 209
page 210
page 211
page 212
page 213
page 214
page 215
page 216
page 217
page 218
page 219
page 220
page 221
page 222
page 223
page 224
page 225
page 226
page 227
page 228
page 229
page 230
page 231
page 232
page 233
page 234
page 235
page 236
page 237
page 238
page 239
page 240
page 241
page 242
page 243
page 244
page 245
page 246
page 247
page 248
page 249
page 250
page 251
page 252
page 253
page 254
page 255
page 256
page 257
page 258
page 259
page 260
page 261
page 262
page 263
page 264
page 265
page 266
page 267
page 268
page 269
page 270
page 271
page 272
page 273
page 274
page 275
page 276
page 277
page 278
page 279
page 280
page 281
page 282
page 283
page 284
page 285
page 286
page 287
page 288
page 289
page 290
page 291
page 292
page 293
page 294
page 295
page 296
page 297
page 298
page 299
page 300
page 301
page 302
page 303
page 304
page 305
page 306
page 307
page 308
page 309
page 310
page 311
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

240 / 312ページ

746    忘れないでと 縋って泣いた

         あの夜のお前が 愛おしい…さくら

      忘れないでと 言った時には

         携帯むなしい コール音…ゆうほ


747    本音はいくつも

         心に用意

            いつもかわらぬ

                    下心


748    喧嘩じゃ負けぬと

           空鉄砲を

              打てど玉出ず

                   こうべ垂れ


749    夜のさくらが 妖しく誘う

           命を預けて 酒を呑む…さくら

      ぬしに預けた 命に利子を

           つけてかえそと いらぬこと…ゆうほ


750    あたしゃ人気の

           八方美人

             からだひとつじゃ

                  身がもたぬ


751    あなたの胸に 命を預け

          今にも散って しまいそう…さくら

      命預けりゃ 身はぬけがらさ

           さそうが突こうが ぬし次第…ゆうほ


752    子育て終わって

           ふたりの会話

               犬がいなけりゃ

                      はじまらぬ


753    あいそ笑いは

         会社でつとめ

             作り笑いで

                 家すごす


754    服を選んで

          サイズに文句

              私はエスよ 

                  エムじゃない


755    自粛の一言

         つづうらうらに

              自縄自縛の

                   墓穴掘る



<世の中ひねくり都々逸特別ページ>

756    自粛といわれ

          気にして委縮 

              これじゃ他粛じゃ

                  ありゃせんか


757    ギターで原発

          替え歌つくり

              ネットで削除

                   戒厳令?


758    あなた嘘つき

           安全だよと

               責任とれよに

                    想定外


759    花粉放射能

          飛散がこわい

             悲惨な浮世に

                   誰がした


760    あちら民主

          こちらは自民

              みんな一緒で

                    頭どり  


761    誰も反対

          できない道理

              前に出されて

                  無理強いを


762    自粛と言われて

           さくらもしぼむ

               今年しゃしきびで

                     花見する





4/9 有名人弄り都々逸

764   三角関係 

        もつれて揉めて 

              解いてほしいの 

                    ピタゴラス

765   メタボ奥様

        風呂入りあふれ

             オット分かった 

                  アルキメデス

766    悪妻いなけりゃ 

           哲学なんぞ 

               考えないわ

                    ソクラテス

767    宗教裁判

           しらふじゃいけぬ 

                 天と目回る

                      ガリレオ

768    昨夜のみだれ

          微笑むモナリザ 

               秘密にしてね

                    レオナルド…ダビンチ
 
769    ふたりの関係 

          解き明かそうと 

               相対性の 

                    理論こね…アインシュタイン

770     おれも作ろう 

           注精子爆弾 

               アメリカ女 

                   性伏だ!…ビンラーデン

771     徳という柴 

           背負ってあるく 

                 幾年月を 

                    推し量る…二宮損得

772     喜び組を 

           夜ごと相手に

                暴れん坊の 

                      金将軍


      <  童話弄り都々逸  >

774     乙な乙姫

          遊んだ後は

             回春せよと

                 バイアグラ…竜宮城


775    夜ごと機織り

           恩返しより

               ふたりからんで

                 仏壇返し…鶴の恩返し


776    男とりかえ

        セレブになった

           わらしべセレブ 

                 今風に…わらしべ女


777    こんどはおまえと

           ゆっくりいくわ 

               ともに頂上 

                  カメさんと…ウサギとカメ


778    今日はあぶない

           あしたもだめよ 

               月の道なら

                   詳しいわ…かぐやひめ


779    年にひと夜じゃ

           満足できぬ

               爺(じい)でなければ 

                   身がもたぬ…七夕

780    ここほれワンワン

          教えて無駄か 

              うちの爺さん 

                  ボケの花…花咲爺さん


781    カネでものごと

          解決しよと

              おまえの根性

                   焼きつくす…安珍清姫


782    熊をあいてに

           四十八手

              裏技おぼえ 

                  吉原へ…金太郎


783    キントン雲乗せ

          如意棒つかい 

              女泣かせの 

                   孫悟空…性遊記 





   <夫婦都々逸>

784    うちの亭主が

         定年なれば

            家事と留守番

                しこまなきゃ


785    旅の湯つかり

         湯船があふれ

             妻のメタボを

                  思い知る

786    負けてあなたに

         飛びこみたいに

             意地をはらなきゃ

                     すまぬ夜

787    腹が出てきた

          古女房を

             見ても安心

                 オレじゃない


788    つよがりみせても

           逃げてくとこは

               ぬしの胸うち

                   他にゃない

789    赤の他人の

           おまえに惚れて

               今じゃ血よりも

                     こい赤に


790    ぬしは後ろで

         櫓をこいだなら 

             あたしゃ前いて 

                    舵を切る


791    妻がパックの

         時だけ文句

            言うだけ言って

                 逃げを打つ

792    ぬしと相乗り

          漕ぎだす船は

             嵐こようと

                 ふたり連れ


793    涙ながさぬ

          人形よりも 

            笑い屁をこく 

                  妻がよい




読者登録

ゆうほさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について