目次
第1章
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
page 54
page 55
page 56
page 57
page 58
page 59
page 60
page 61
page 62
page 63
page 64
page 65
page 66
page 67
page 68
page 69
page 70
page 71
page 72
page 73
page 74
page 75
page 76
page 77
page 78
page 79
page 80
page 81
page 82
page 83
page 84
page 85
page 86
page 87
page 88
page 89
page 90
page 91
page 92
page 93
page 94
page 95
page 96
page 97
page 98
page 99
page 100
page 101
page 102
page 103
page 104
page 105
page 106
page 107
page 108
page 109
page 110
page 111
page 112
page 113
page 114
page 115
page 116
page 117
page 118
page 119
page 120
page 121
page 122
page 123
page 124
page 125
page 126
page 127
page 128
page 129
page 130
page 131
page 132
page 133
page 134
page 135
page 136
page 137
page 138
page 139
page 140
page 141
page 142
page 143
page 144
page 145
page 146
page 147
page 148
page 149
page 150
page 151
page 152
page 153
page 154
page 155
page 156
page 157
page 158
page 159
page 160
page 161
page 162
page 163
page 164
page 165
page 166
page 167
page 168
page 169
page 170
page 171
page 172
page 173
page 174
page 175
page 176
page 177
page 178
page 179
page 180
page 181
page 182
page 183
page 184
page 185
page 186
page 187
page 188
page 189
page 190
page 191
page 192
page 193
page 194
page 195
page 196
page 197
page 198
page 199
page 200
page 201
page 202
page 203
page 204
page 205
page 206
page 207
page 208
page 209
page 210
page 211
page 212
page 213
page 214
page 215
page 216
page 217
page 218
page 219
page 220
page 221
page 222
page 223
page 224
page 225
page 226
page 227
page 228
page 229
page 230
page 231
page 232
page 233
page 234
page 235
page 236
page 237
page 238
page 239
page 240
page 241
page 242
page 243
page 244
page 245
page 246
page 247
page 248
page 249
page 250
page 251
page 252
page 253
page 254
page 255
page 256
page 257
page 258
page 259
page 260
page 261
page 262
page 263
page 264
page 265
page 266
page 267
page 268
page 269
page 270
page 271
page 272
page 273
page 274
page 275
page 276
page 277
page 278
page 279
page 280
page 281
page 282
page 283
page 284
page 285
page 286
page 287
page 288
page 289
page 290
page 291
page 292
page 293
page 294
page 295
page 296
page 297
page 298
page 299
page 300
page 301
page 302
page 303
page 304
page 305
page 306
page 307
page 308
page 309
page 310
page 311
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

236 / 312ページ

699    オールドパーって あなたのことね

           古くてパーで お人よし…さくら

      バ~ヵボンとは あなたのようね

           バーボン飲みすぎ ノーテンキ…ゆうほ


700    酒と恋とは

         ほろよい気分

           過ぎれば苦しい

                 時ばかり


701    ちがうちがうよ ウイスキーだよ

         空きビンだけなら うちにある…さくら

      空き瓶枕じゃ 痛いだろうと

          そっと膝かし 一人酒…ゆうほ


702    大酒呑んで

        天下も呑んで

           女将に呑まれ

                 でる酒場


703    けんかした夜の 気まずい思い

         一人静かの 夜が更ける…さくら

      布団の隅の おまえの足に

         寝返りしたよに ふれてみる…ゆうほ


704    喧嘩するなら

         この子をご覧

            徹夜してまで

                作った子


705    頭痛の種は どこから来るの

         いつものあなたの 無理ですよ…さくら

      痛みあるときゃ 注射一本

         恋のやまいも なおりそう…ゆうほ


706    浮気心は

         数々あれど

            常に変わらぬ

                  下ごころ


707    いつかおまえと

          「川」の字寝たい

           そのまえ「リ」の字

                  試したい


708    四方八方

         気づかいしても

            生きてゆくのは

                 四苦八苦



<東北太平洋沖特別都々逸ページ>

716    御用批評家

          テレビでしゃべる

             金の轡(くつわ)が 

                   見え隠れ


717    「心遣い」の

          CMばかり

              「心遣い」が

                  ほしいよな


718    節電呼び掛け

         深夜も放送

             あれば見るのが

                   世の習い


719    鎖切りとり

         檻さえ壊し

              冥界プルト

                  暴れだす


720    天災ならば

          諦めもするが

             人災愚災

                 悔い残る


721    昔塩なら

          今エネルギー

              国民金玉

                  手の内さ


722    何も思わず

          使った電気

             孫子につけを

                  残すまじ


723   せっかく咲いた

         桜と人情

            散らさずいたい

                 北の空


724    慾で集まる

         各界トカゲ

            しっぽ切っては

                  又闇へ

725    なにが何でも

         生きてやるぞと

             辛い浮世も

                夢が咲く



725    いろはの「い」の字は 習いもするが

             習はなくても いろの道…さくら

      いまは「あいうえ」 やっぱり「あい」よ

              学校で習う 愛の道…ゆうほ


726    たった一度の

          逢瀬の後は

             三三九度が

                待っている


728    男同士で 酒酌み交わし

         お国自慢の 歌がでる…さくら

      もさい男は お酒とさくら

         茶碗叩いて やけ艶歌…ゆうほ


729    花見宴会

         自粛なそうな

             踊る阿呆に

                 見る阿呆



730    多情仏心 あなたのことと

          諦めてたわ きのうまで…さくら

      合縁奇縁 前世の定め

          離れられない ふたりなら…ゆうほ


731    しもは一寸

         したさき三寸

            憎いおまえは

                  五寸釘


732    後は静かに 小さな船で

           あなたと海へ 帰りたい…さくら

      波もないのに 船揺らされて

           海の蛍も 恋火つく…ゆうほ


733    上はふたつ身

          下ひとつ身で

              思いおこせよ

                    二輪草

734    ふたつ返事で

        乗ったはよいが

             竿をささねば

                    屋形船


735    月にむら雲

         わたしの心

          こよい濡れそで

                 宿をとる



736    好きなあの方

           思うて5年

             色はあせない

                   紅桜…リーベ


737    喧嘩売るなら いつでも買うよ

          背負いかごいっぱい 持っといで…さくら

      喧嘩売りたい 長屋でひらきゃ

           犬も食わない 夫婦喧嘩…ゆうほ


738    心づかいも

         いいにはいいが

             あたしゃいいのは

                      金遣い 


739    逢わなきゃこんなに 切ない夜を

           ひとり落ちてく 夜の底…さくら

      逢わなきゃ半身を 取られたような

           長い夜には 堪えられぬ…ゆうほ


740    あのとき別れ

          踏みとどまって

            ふたり花観る

                 今がある…リーベ


741    逢えない月日を 数えてみても

          無情の雨が 降るばかり…さくら

      神と仏に 背いてまでも

          逢うがふたりの 恋の道…ゆうほ


742    黙って背中を

         合わせるふたり

             チョンとつついて

                   ほどを見る


743    煙草灰皿

          金持ち心

             溜めりゃ汚なく

                 なるものさ 


744    賄賂と言う字を

          考え見れば

             貝(金)が各々

                 有るらしい


745    選挙始まり

         公約がなる

             二股公約?

                 とりあえず




746    忘れないでと 縋って泣いた

         あの夜のお前が 愛おしい…さくら

      忘れないでと 言った時には

         携帯むなしい コール音…ゆうほ


747    本音はいくつも

         心に用意

            いつもかわらぬ

                    下心


748    喧嘩じゃ負けぬと

           空鉄砲を

              打てど玉出ず

                   こうべ垂れ


749    夜のさくらが 妖しく誘う

           命を預けて 酒を呑む…さくら

      ぬしに預けた 命に利子を

           つけてかえそと いらぬこと…ゆうほ


750    あたしゃ人気の

           八方美人

             からだひとつじゃ

                  身がもたぬ


751    あなたの胸に 命を預け

          今にも散って しまいそう…さくら

      命預けりゃ 身はぬけがらさ

           さそうが突こうが ぬし次第…ゆうほ


752    子育て終わって

           ふたりの会話

               犬がいなけりゃ

                      はじまらぬ


753    あいそ笑いは

         会社でつとめ

             作り笑いで

                 家すごす


754    服を選んで

          サイズに文句

              私はエスよ 

                  エムじゃない


755    自粛の一言

         つづうらうらに

              自縄自縛の

                   墓穴掘る




読者登録

ゆうほさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について