目次
第1章
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
page 54
page 55
page 56
page 57
page 58
page 59
page 60
page 61
page 62
page 63
page 64
page 65
page 66
page 67
page 68
page 69
page 70
page 71
page 72
page 73
page 74
page 75
page 76
page 77
page 78
page 79
page 80
page 81
page 82
page 83
page 84
page 85
page 86
page 87
page 88
page 89
page 90
page 91
page 92
page 93
page 94
page 95
page 96
page 97
page 98
page 99
page 100
page 101
page 102
page 103
page 104
page 105
page 106
page 107
page 108
page 109
page 110
page 111
page 112
page 113
page 114
page 115
page 116
page 117
page 118
page 119
page 120
page 121
page 122
page 123
page 124
page 125
page 126
page 127
page 128
page 129
page 130
page 131
page 132
page 133
page 134
page 135
page 136
page 137
page 138
page 139
page 140
page 141
page 142
page 143
page 144
page 145
page 146
page 147
page 148
page 149
page 150
page 151
page 152
page 153
page 154
page 155
page 156
page 157
page 158
page 159
page 160
page 161
page 162
page 163
page 164
page 165
page 166
page 167
page 168
page 169
page 170
page 171
page 172
page 173
page 174
page 175
page 176
page 177
page 178
page 179
page 180
page 181
page 182
page 183
page 184
page 185
page 186
page 187
page 188
page 189
page 190
page 191
page 192
page 193
page 194
page 195
page 196
page 197
page 198
page 199
page 200
page 201
page 202
page 203
page 204
page 205
page 206
page 207
page 208
page 209
page 210
page 211
page 212
page 213
page 214
page 215
page 216
page 217
page 218
page 219
page 220
page 221
page 222
page 223
page 224
page 225
page 226
page 227
page 228
page 229
page 230
page 231
page 232
page 233
page 234
page 235
page 236
page 237
page 238
page 239
page 240
page 241
page 242
page 243
page 244
page 245
page 246
page 247
page 248
page 249
page 250
page 251
page 252
page 253
page 254
page 255
page 256
page 257
page 258
page 259
page 260
page 261
page 262
page 263
page 264
page 265
page 266
page 267
page 268
page 269
page 270
page 271
page 272
page 273
page 274
page 275
page 276
page 277
page 278
page 279
page 280
page 281
page 282
page 283
page 284
page 285
page 286
page 287
page 288
page 289
page 290
page 291
page 292
page 293
page 294
page 295
page 296
page 297
page 298
page 299
page 300
page 301
page 302
page 303
page 304
page 305
page 306
page 307
page 308
page 309
page 310
page 311
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

206 / 312ページ

414     あなたに惚れた

              わたしの心
  
                    隠して君に 

                         探してと


415     言葉さまざま 

              違っていても 

                    愛と恋だけ 

                         分かるよな


416     人を裏切る 心の弱さ 

              今度は自分が 裏切られ…さくら

        惚れたあなたの 裏切りならば 

              せめて知らずに 過ごしたい…ゆうほ


417     桜花見で

              賑わうけれど 

                   あたしゃ主だけ 
    
                         見られたい


418     八百長相撲で 

              やめさられて 

                   今度はプロレス 

                         おてのもの


419     手造り料理を 

              あげたいお方 

                   さてはあたしも

                         惚れたよう


420     夢と希望を 

              託した藩が 

                    それがこれでも 

                          戻れない


421     過去の小骨を

              呑み下そうと

                    そのたび痛み

                          身をよじる


422     ひと目忍んだ 

              逢瀬の為に 

                   逢えば燃えるが 

                           まわり闇


423     おまえの尻は 

              赤いと罵声 

                    猿も欲しいさ

                           ボスの椅子 



424     いつのまにやら 

              わたしの心 

                    惚れたあなたが 

                            居座って


425     笑おと泣こと

             空蝉ならば
      
                  悔いを残して
          
                         何とする


426    泣く泣く譲った 大事なおひと 

              粗末にしては 許しません…さくら

       あたしゃ形見の 着物のような 

              主が着なけりゃ 似合わない…ゆうほ


427     「ネエチャン綺麗 

              だが妻じゃない」 

                     もてる苦労も 

                          世界級

                           …尖閣諸島


428     そやけどちょっと 話が違う 

              お金はないし 家もない…さくら

        あなたいたなら 充分ですと 

              言った口から 金の事…ゆうほ 


429     「久しぶりだな」

              出会ったふたり 

                     名前浮かばず
        
                          「それじゃ、又」


430     寒いと閨で 

             離さぬ君は 

                   夏にはなんと 

                           いうのやら


431     好かぬお方の 

             ラブメールより

                   好いた名前を 

                           見ていたい


432     デモを止めよと

             網の目絞る

                   どうせネットじゃ 

                          水こぼれ


433     浮気で亭主に 

             惚れたというの 

                    熨斗と借金 

                          つけてやる




434     飲んだ事ない 悲しい酒を

             一度だけ飲み 泣きくずれ…りーべ

        ふたりして飲みゃ 悲しい酒の

             酔いと涙も  ふりわけて…ゆうほ


435     古女房の 

             おまえと俺は 

                  愛の一文字 

                      書ききれぬ


436     お前はいつも 笑っているが

             困ったことなど あるのかな…さくら


        困りごとなら 胸一杯で 

             笑うことなら 山ほどに…ゆうほ


437     つれないおまえの

             気を惹く為にゃ 

                   餌とよいさお 

                        かけひきか


438     泣いたカラスが もう笑ってる

             一緒に酒でも 呑みましょか…さくら

        泣いて気を惹く おまえの癖は 

             知らぬふりして 慰める…ゆうほ


439     使えるものを 

             エコで買い替え

                  何がエコだか

                        無駄なのか


440     池に移った

             月取れないか 

                  濡れてみなけりゃ 

                         わからない


441     皆で働き 

             皆で貧乏 

                  果ては皆で 

                         ホームレス


442     夢は見るもの

             追いかけるもの 

                  惚れたあなたと 

                         似ているな


443     「好き」の寝言に 

             寝顔をみつめ 

                   唇合わせ 

                         「好き」をのむ



444      松は角刈り

             わたしを待って 
                
                  天が届けた 

                       綿帽子


445     あんたが大将 男やないか 

             なんべん言ってる 同じこと…さくら

        わたしは大将 あなたはオカミ

             今じゃカミサマ 言うとおり…ゆうほ


446     すねて喋らぬ 

             おまえの手口 

                  分かっていても 

                         根負けし


447     わが子重いと 

             恨んだことも 

                   立てば心配 

                         母ごころ


448     それでいいのだ 人生なんて

                四角四面じゃ 角がたつ…さくら

        角が立ってる わたしだけれど

                夫婦なるときゃ 角隠し…ゆうほ


449     もう一回と 

            泣いてせがまれ

                  無理にさしたの

                         挟み将棋


450     ヨイショとわかって 乗ってはいるが

             毎度じゃちょっと バカみたい…さくら

        君をかついで 浮世の闇も 

              笑っていこう 夫婦道…ゆうほ


451     昼はグルメで 

              贅沢をして 

                   夜は夫と 

                       ダイエット


452     一緒になるときゃ

               「離しはしない」

                    今じゃ女房
                      
                        「話さない」


453    さっき別れた 

              君もう泣くか

                    雲が教える

                        涙雨


リーベ 2句

ri32    箪笥長持ち 

           祝いの席で 

                人には見せぬ 

                       秘めごと絵


ri33     わたしの蝶は

             あなただけなの

                   他にやらない

                        甘い密


遊帆(UFO)1句

uf1      龍の鉤爪 

           解かねばならぬ 

                 仏の国の 

                        わが山野




454     つぼみなりゃこそ 

              想いは膨れ 
 
                   咲けば萎むか

                          見ぬが花


455     うなじにかかる あなたの吐息 

                裾が乱れる 緋縮緬…さくら

        膝を閉じてる つもりの裾は

                乱れ緋色の 湯文字だけ…ゆうほ


456      あなたの過去など 

              知りたくないと 

                    言って携帯

                           チェックする


457     一夜妻でも 命をかけて 

               愛した証しが ほしいのよ…さくら

        ひと夜使った ひとつの枕

               ふたり愛知る 夢枕…ゆうほ


458     六十年目の 

               同窓会は 

                   話弾んで 

                       噛みあわず


459     別れたお人に よく似たお客 

              今夜も会えるか 春の月…さくら

       何年振りかに 出会えたあなた

              逢わなきゃよかった 君消える…ゆうほ


460     キャリアウーマン 

              女か母か 

                   どちらに戻る 

                          悩む五時


461     待って待って 待ちくたびれて

              やっと想いが かなう夜…さくら

        思いの丈を あなたにぶつけ 

              ふとみりゃそこが またおもい…ゆうほ


462     雁は飛んでく 

              山川万里 

                   恋しわが君 

                         探すよに


463     桜ひとひら

             唇に落ち

                  「好き」と一緒に くちうつし


464     昨夜亭主が 

             ねどこであばれ

                    あれは鯰か 

                         今日地震
                 
                        …東北太平洋沖地震お見舞い申し上げます。


読者登録

ゆうほさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について