目次
第1章
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
page 54
page 55
page 56
page 57
page 58
page 59
page 60
page 61
page 62
page 63
page 64
page 65
page 66
page 67
page 68
page 69
page 70
page 71
page 72
page 73
page 74
page 75
page 76
page 77
page 78
page 79
page 80
page 81
page 82
page 83
page 84
page 85
page 86
page 87
page 88
page 89
page 90
page 91
page 92
page 93
page 94
page 95
page 96
page 97
page 98
page 99
page 100
page 101
page 102
page 103
page 104
page 105
page 106
page 107
page 108
page 109
page 110
page 111
page 112
page 113
page 114
page 115
page 116
page 117
page 118
page 119
page 120
page 121
page 122
page 123
page 124
page 125
page 126
page 127
page 128
page 129
page 130
page 131
page 132
page 133
page 134
page 135
page 136
page 137
page 138
page 139
page 140
page 141
page 142
page 143
page 144
page 145
page 146
page 147
page 148
page 149
page 150
page 151
page 152
page 153
page 154
page 155
page 156
page 157
page 158
page 159
page 160
page 161
page 162
page 163
page 164
page 165
page 166
page 167
page 168
page 169
page 170
page 171
page 172
page 173
page 174
page 175
page 176
page 177
page 178
page 179
page 180
page 181
page 182
page 183
page 184
page 185
page 186
page 187
page 188
page 189
page 190
page 191
page 192
page 193
page 194
page 195
page 196
page 197
page 198
page 199
page 200
page 201
page 202
page 203
page 204
page 205
page 206
page 207
page 208
page 209
page 210
page 211
page 212
page 213
page 214
page 215
page 216
page 217
page 218
page 219
page 220
page 221
page 222
page 223
page 224
page 225
page 226
page 227
page 228
page 229
page 230
page 231
page 232
page 233
page 234
page 235
page 236
page 237
page 238
page 239
page 240
page 241
page 242
page 243
page 244
page 245
page 246
page 247
page 248
page 249
page 250
page 251
page 252
page 253
page 254
page 255
page 256
page 257
page 258
page 259
page 260
page 261
page 262
page 263
page 264
page 265
page 266
page 267
page 268
page 269
page 270
page 271
page 272
page 273
page 274
page 275
page 276
page 277
page 278
page 279
page 280
page 281
page 282
page 283
page 284
page 285
page 286
page 287
page 288
page 289
page 290
page 291
page 292
page 293
page 294
page 295
page 296
page 297
page 298
page 299
page 300
page 301
page 302
page 303
page 304
page 305
page 306
page 307
page 308
page 309
page 310
page 311
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

193 / 312ページ

358     人目忍んで 咲かせる花に 

            名前つけましょ 「涙花」…月うさ

        離れ離れに 咲いてはいても 

            こころつながる 「勿忘草」…ゆうほ


359     むかしゃ上座で 

            いま便座上 

                 そのうち仏壇 

                       我が棲家


360     命果つまで 愛しています 

             都わすれに そっとふれ…さくら

        ちぎりとりたい 残した君を 

             いのち縮もと わが手なか…ゆうほ


361     ふたり向き合い

             阿吽の呼吸 

                  閨の中でも 

                       金剛に


362     恋の炎に 焼き尽くされて 

             燃えて落ちるか 紅椿…さくら

        八百屋お七の 恋の火消せず 

             悲しその身も 紅蓮の火…ゆうほ


363     土の下いる 

             おふくろさんに 

                   詫びて届かぬ 

                         親不孝


364     風に吹かれて 

             飛ぶタンポポに 

                   思い託して 

                         息吹かけ


365     届かぬ想いで 濡らした袂 

               乾かぬうちに 春の雨…月うさ

        濡れた袂を 見せたくないと

               口に含んで つくる笑み…ゆうほ


366     遠い昔の 

             恋文みれば 

                   前にいる人 

                         どこの人 




367     風になびいた 

             柳の恋は 

                 折れる事ない 

                        春一番


368     一目惚れして 

             嫁ぐのやめた 

                 あの時あった 

                         憎い人


369     あなたのしもを 

             かえるのいやよ 

                  それじゃ遺書なと 

                         書きかえよ


370     梅も咲いたし 桜も咲くよ 

             どうしてお前は 咲かないの…さくら

        あなたの前で 咲き散りたいと 

             操まもって 虞美人草    …ゆうほ


371     梅見してるか 

             ももみているか 

                    それともよその 

                          はなみるか


372     花の下いる 

             見目良い女 

                  思わず伸びる

                           鼻の下


373     トイレ掃除の 

             妻の手みれば

                  俺の歯ブラシ 

                          ゴシゴシと


374     色は黒いが 

             これでももてる

                  もてなきゃ鴉に 

                          子はできぬ


375     ほのかな想い 実らぬ恋に

               未練残した なごり雪…月うさ

       雪に描いた 相会傘は 

               とけてまじわり 流れ行く…ゆうほ


376     きりぎりすなら 

              夜なりゃ泣くが 

                     義理の褥じゃ 

                           泣けもせぬ



377     花弁をむしられ 花芯の蜜を 

              吸い尽くされて とけてゆく…さくら

        とけてあなたの 心の中に 

              ともに笑って  ともに泣く…ゆうほ


378     花の香りに 

              誘われ蜜を 

                   吸ったあとには 

                        さしてみる…蜜蜂


379     わたしの心の 動きのような 

              小さくよせた 小紋よせ…さくら

        きつく締められ お前の色に 

              染めて干される 辻が花…ゆうほ


380     狸じじいは 

              大筒見せて 

                   うてば淀どの 

                         燃えあがる


381     やっぱりいつもの 泥大島は 

              からだ馴染んだ あなたです…さくら

        縦と横糸 ぴたりと合って 

              絵なる泥染  俺おまえ   …ゆうほ


382     こだわり続けた 

              男の道が 

                  人の道なら 

                        よかろうに


383     いくら想いを 寄せてもだめよ 

             あのひといつも 水中花…さくら

       ならぬ恋路に 道踏み外し 

             怒り触れたか  水中花…ゆうほ



384     蛍恋すりゃ

             身を焦がすのに 

                   お前やきもち 

                        焦がすだけ


385     幸せならば 

             お前とふたり 

                   苦労するなら 

                         俺ひとり


386     夢か幻 

             妄想なのか 

                   君が出てくりゃ 

                          覚めないで




387     虹の心を 

           硝子にこめて 

                 恋火燃やして 

                        とじこめる


388     俺とおまえは 
  
            消し炭なのか

                 ちょっと火がつきゃ 

                         燃え上がる


389     砂の城だと 承知で住んで 

            わたしの方が ばかでした…さくら

        金の城より おいらのボロ屋 

            手鍋ひとつで 幸せさ   …ゆうほ


390     お前好きだが 

            どこから攻めよ 

                  きみの心に 

                        スキがない


391     指の間を さらさら落ちる 

            砂を見てると むなしいわ…さくら

        砂の一粒 浮世を写す 

             落ちる間の 泣き笑い …ゆうほ


392     バナナほおばる 

             マレーの美人 

                    上目つかわれ

                           アラ~!いいの?


393     国を舵取る

              話じゃなくて 

                   家事は誰とる 

                         痴話喧嘩


394     それでは先に 鶯やるよ 

               桜の頃には きっと行く…さくら

        さくら散り終え 葉桜なれど 

                君の為にと 花一つ…ゆうほ


395     ガラスコップに 

              入った恋は 

                    君の言葉で 

                          直ぐ割れる


396     定年退職 

            会社に何も 

                 支障ないのが 

                        ちょっと悔し


真恋6句

m4    すねて一足 

           なだめて三足 

                 別れともない 

                        おぼろ月  …真恋

                        
m5    きれたお方の 

           優しい言葉 

                 思い出させる 

                      春の雨   …真恋


m6    酔わせてください 

           今夜は酔うて 

                 存分言いたい

                      胸の内   …真恋


m7    さんざ浮名を 

           流したあげく 

                雨降る夜にゃ 

                     思い出す   …真恋


m8    竹に雀は 

           品よく止まる 

                サテ止まらぬか 

                        色の道   …真恋


m9    咲いた桜に 

           なぜ駒つなぐ 

                 駒が勇めば 

                      花が散る   …真恋

読者登録

ゆうほさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について