目次
第1章
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
page 54
page 55
page 56
page 57
page 58
page 59
page 60
page 61
page 62
page 63
page 64
page 65
page 66
page 67
page 68
page 69
page 70
page 71
page 72
page 73
page 74
page 75
page 76
page 77
page 78
page 79
page 80
page 81
page 82
page 83
page 84
page 85
page 86
page 87
page 88
page 89
page 90
page 91
page 92
page 93
page 94
page 95
page 96
page 97
page 98
page 99
page 100
page 101
page 102
page 103
page 104
page 105
page 106
page 107
page 108
page 109
page 110
page 111
page 112
page 113
page 114
page 115
page 116
page 117
page 118
page 119
page 120
page 121
page 122
page 123
page 124
page 125
page 126
page 127
page 128
page 129
page 130
page 131
page 132
page 133
page 134
page 135
page 136
page 137
page 138
page 139
page 140
page 141
page 142
page 143
page 144
page 145
page 146
page 147
page 148
page 149
page 150
page 151
page 152
page 153
page 154
page 155
page 156
page 157
page 158
page 159
page 160
page 161
page 162
page 163
page 164
page 165
page 166
page 167
page 168
page 169
page 170
page 171
page 172
page 173
page 174
page 175
page 176
page 177
page 178
page 179
page 180
page 181
page 182
page 183
page 184
page 185
page 186
page 187
page 188
page 189
page 190
page 191
page 192
page 193
page 194
page 195
page 196
page 197
page 198
page 199
page 200
page 201
page 202
page 203
page 204
page 205
page 206
page 207
page 208
page 209
page 210
page 211
page 212
page 213
page 214
page 215
page 216
page 217
page 218
page 219
page 220
page 221
page 222
page 223
page 224
page 225
page 226
page 227
page 228
page 229
page 230
page 231
page 232
page 233
page 234
page 235
page 236
page 237
page 238
page 239
page 240
page 241
page 242
page 243
page 244
page 245
page 246
page 247
page 248
page 249
page 250
page 251
page 252
page 253
page 254
page 255
page 256
page 257
page 258
page 259
page 260
page 261
page 262
page 263
page 264
page 265
page 266
page 267
page 268
page 269
page 270
page 271
page 272
page 273
page 274
page 275
page 276
page 277
page 278
page 279
page 280
page 281
page 282
page 283
page 284
page 285
page 286
page 287
page 288
page 289
page 290
page 291
page 292
page 293
page 294
page 295
page 296
page 297
page 298
page 299
page 300
page 301
page 302
page 303
page 304
page 305
page 306
page 307
page 308
page 309
page 310
page 311
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

187 / 312ページ

343     浮気うぐいす 

           梅に振られて 

                 一声鳴いて 

                        姥桜  …暦恋



344     ふられたくない 

           うぐいすだけど

                 やらず雨なら

                       心待ち  …ゆうほ



345     そんなにきつく 抱きこまないで 

                   骨がきしんで 折れそうよ …さくら

        骨が折れよと 俺杖になる 

                    後は一緒に 灰になろ  …ゆうほ
ーー

346     君が玉なら 

              オレ砥石なる 

                    君の為なら 

                         身を削る


347     分からないから 

              恋人のまま 

                     全て知ったら 

                          古女房


348     あなたの胸に 抱かれた夜は 

                    ひたひた満ちる 夜の潮 …さくら

       帯をほどいて 漕ぎだす舟は 

                     潮の満ち引き 君任せ …ゆうほ


349     別れ涙に 

             おぼれるよりも 

                    うれし涙に 

                        おぼれたい


350     頭良いうえ 

             鼻利く妻は 

                  サツの犬なら 

                         オレはホシ


351     春の淡雪 すぐ消えるけど 

                あなたの面影 消えないの …さくら

        溶けた淡雪 涙になって

                面影朧 月かすむ      …ゆうほ


352      盃持って 目だけで合図 

                  わざと置いてく 忘れ傘 …さくら

         路地で待ってる きみ呼ぶ声を 

                   ひとつ傘なか 重ね影 …ゆうほ



353     異国湯けむり 

             川面をおおい 

                  湯上り娘が 

                      小橋立つ…台湾北投温泉にて


354    湯船でかわす 

             かたこと言葉 

                  何も背負わぬ 

                       情ある…台湾北投温泉にて


355    前世は連枝さ 

             離れていても 

                   いつか交わる 
       
                         恋の枝


356    相生結びで 

             えにしを結び 

                    解けぬ結びが 

                          何故切れる


357    我子托して 

             行かねばならぬ 

                    すまぬ泣いてか 

                           不如帰


358    君の色艶 

                            この世とあの世 

                                          合わせ一番 

                                                        惚れた馬鹿



359    わたしの心の 未練のように 

                  長く尾を引く 笛の音 …さくら

       月夜裂くよな 横笛聞けば 

                  我身裂けそな 恋の笛…ゆうほ


360     妻と毒の字 

           どこかが似てる 

                 ちょっと違えば

                         恐ろしい


361     足で踏まれた 

           タンポポさえも 

                 花咲き君を 

                        追って飛ぶ


362     一緒に「う」がつきゃ 

            一生になる 

                 せめて浮世の 

                        終わりまで


363     夜毎聞こえる あの笛の音は 

               妻をさがして 鳴く鳥か…さくら

        ひとの妻ゆえ 耐えねばならぬ 

                涙枯れはて 不如帰…ゆうほ


364     ひとり寝るとき

               ぬしの名呼んで 

                      枕叩いて 

                           腕枕



365     はらりこぼれる 

              涙は嘘か 

                  嘘からほんとに 

                          かわる恋


366     今年も見れぬ 

              桜はしだれ 

                   咲いて満月 

                         写せよと


337     あなたの大きな その手がこわい 

                子猫を抱くよに そっとして…さくら

       抱いたおまえの 爪牙怖い 

                子猫虎なる 閨の中    …ゆうほ


338     風に飛びのり 

             あなたのもとへ 

                   そんなタンポポ 

                           うらやまし


339     蝶よ花よと

             育てたおまえ 

                   何で蛾となり 

                          月見草


340     花は散っても 

             実は膨らんで 

                   人を酔わせる 

                          梅酒なる



341     失くした恋が 

             夜空に光る 

                 追ってペナンの 
                    
                        十字星


342     槍と角とで 

            喧嘩をせずに 

                 鞘に入れよう 

                        閨の中


343     ふたり逢う夜 

            小雪が舞えば 

                 心ひそかに 

                        大雪を


344     勢いだけで 

            繋いだからだ 

                 それで繋がる 

                        首に綱


345     気をつけなさいよ 気を許しては 

               今に落ちるわ 食虫花…さくら

       真の恋なら 落ちよとおもう 

                主の肥やしの 食虫花…ゆうほ


346     月夜砂浜 

            波音静か 

                 安らか眠れ 

                       若き兵


347     腰は曲がって 

            葉も抜け落ちる 

                 ボケが咲いたら 

                        一人前




読者登録

ゆうほさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について