目次
第1章
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
page 54
page 55
page 56
page 57
page 58
page 59
page 60
page 61
page 62
page 63
page 64
page 65
page 66
page 67
page 68
page 69
page 70
page 71
page 72
page 73
page 74
page 75
page 76
page 77
page 78
page 79
page 80
page 81
page 82
page 83
page 84
page 85
page 86
page 87
page 88
page 89
page 90
page 91
page 92
page 93
page 94
page 95
page 96
page 97
page 98
page 99
page 100
page 101
page 102
page 103
page 104
page 105
page 106
page 107
page 108
page 109
page 110
page 111
page 112
page 113
page 114
page 115
page 116
page 117
page 118
page 119
page 120
page 121
page 122
page 123
page 124
page 125
page 126
page 127
page 128
page 129
page 130
page 131
page 132
page 133
page 134
page 135
page 136
page 137
page 138
page 139
page 140
page 141
page 142
page 143
page 144
page 145
page 146
page 147
page 148
page 149
page 150
page 151
page 152
page 153
page 154
page 155
page 156
page 157
page 158
page 159
page 160
page 161
page 162
page 163
page 164
page 165
page 166
page 167
page 168
page 169
page 170
page 171
page 172
page 173
page 174
page 175
page 176
page 177
page 178
page 179
page 180
page 181
page 182
page 183
page 184
page 185
page 186
page 187
page 188
page 189
page 190
page 191
page 192
page 193
page 194
page 195
page 196
page 197
page 198
page 199
page 200
page 201
page 202
page 203
page 204
page 205
page 206
page 207
page 208
page 209
page 210
page 211
page 212
page 213
page 214
page 215
page 216
page 217
page 218
page 219
page 220
page 221
page 222
page 223
page 224
page 225
page 226
page 227
page 228
page 229
page 230
page 231
page 232
page 233
page 234
page 235
page 236
page 237
page 238
page 239
page 240
page 241
page 242
page 243
page 244
page 245
page 246
page 247
page 248
page 249
page 250
page 251
page 252
page 253
page 254
page 255
page 256
page 257
page 258
page 259
page 260
page 261
page 262
page 263
page 264
page 265
page 266
page 267
page 268
page 269
page 270
page 271
page 272
page 273
page 274
page 275
page 276
page 277
page 278
page 279
page 280
page 281
page 282
page 283
page 284
page 285
page 286
page 287
page 288
page 289
page 290
page 291
page 292
page 293
page 294
page 295
page 296
page 297
page 298
page 299
page 300
page 301
page 302
page 303
page 304
page 305
page 306
page 307
page 308
page 309
page 310
page 311
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

56 / 312ページ

    ~ 正月遊び ~

        
     もとはひとつの

       貝ではないか

          ふたり重なる

             貝合わせ


     クルリ飛び乗る

        君の手のひら

           綱渡りさえ

             おてのもの

  
               …独楽


     出来たお多福

        おまえに似てる

           いつも笑って
   
               福がある

         
              …福笑い


     おまえお多福

       おれひょっとこさ

          ほかに何いる

              笑いだけ


     君の手の上

        舞うお手玉は

          おれの姿か

             運命か


     前にのせたり

        後ろでのせる

           はてはとが尖った

              上に乗る

  
             …けん玉



     氷雨しとしと

       髪まで凍る

          春を待ち立つ

              藁かかし


     大老以下の

        まつりの仕組み

           今と同じじゃ

              ないかいな


              …家康


     あたしゃ三日で 

        あの人落とす

           次の日あれば

               次の人


     心変わりは

        しないと言って

           肌のいれずみ

              あちこちに


     逢わずにいたら

         契もせぬに

           定めうらめし

               忍ぶ恋


     ぬしに惚れよと

        身を飾るとも

          出るにでられぬ

               籠の鳥


     あたま抜ければ

        イジメにあうわ

           横一線の

             やまとびと


     逢瀬の後の

        朝霜ふんで

           家路へ急ぐ

              君憎い


     三味も唄ない

        ひとの世なんて

           闇夜墓場じゃ

              ありゃせぬか


     遊びをせんと

       生まれたからにゃ

          情けないなら

             人でなし

    
             …平清盛 



     月下美人は

        わたしと同じ

            愛のしずくを

                待ついのち


     万にひとつの

        心変わりに

           入れた墨まで

                憎くなる


     ほぞをかんでも

        せんないものを

            もしももしもと

                くりかえす


      嘘を承知で

        騙されたいと

           言われりゃ本気

               なるあたし


     つもる恨みを

         さらりととかし

            こたつの中の

                ゆきみ酒


     別れて君を

        見守るよりは

            むしり取っても

                愛したい


     良いも悪いも

        すべてがあたし

            それを承知の

                恋ならば


     
      夜泣きする子の

        涙を拭けば

           可愛さ募り

               苦労消え


     浮世一杯

       生きてきたのに

           なんで地獄が

               あるのやら


     六道銭など

        必要ないさ

           小唄うたって

               三途川




読者登録

ゆうほさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について