目次
第1章
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
page 54
page 55
page 56
page 57
page 58
page 59
page 60
page 61
page 62
page 63
page 64
page 65
page 66
page 67
page 68
page 69
page 70
page 71
page 72
page 73
page 74
page 75
page 76
page 77
page 78
page 79
page 80
page 81
page 82
page 83
page 84
page 85
page 86
page 87
page 88
page 89
page 90
page 91
page 92
page 93
page 94
page 95
page 96
page 97
page 98
page 99
page 100
page 101
page 102
page 103
page 104
page 105
page 106
page 107
page 108
page 109
page 110
page 111
page 112
page 113
page 114
page 115
page 116
page 117
page 118
page 119
page 120
page 121
page 122
page 123
page 124
page 125
page 126
page 127
page 128
page 129
page 130
page 131
page 132
page 133
page 134
page 135
page 136
page 137
page 138
page 139
page 140
page 141
page 142
page 143
page 144
page 145
page 146
page 147
page 148
page 149
page 150
page 151
page 152
page 153
page 154
page 155
page 156
page 157
page 158
page 159
page 160
page 161
page 162
page 163
page 164
page 165
page 166
page 167
page 168
page 169
page 170
page 171
page 172
page 173
page 174
page 175
page 176
page 177
page 178
page 179
page 180
page 181
page 182
page 183
page 184
page 185
page 186
page 187
page 188
page 189
page 190
page 191
page 192
page 193
page 194
page 195
page 196
page 197
page 198
page 199
page 200
page 201
page 202
page 203
page 204
page 205
page 206
page 207
page 208
page 209
page 210
page 211
page 212
page 213
page 214
page 215
page 216
page 217
page 218
page 219
page 220
page 221
page 222
page 223
page 224
page 225
page 226
page 227
page 228
page 229
page 230
page 231
page 232
page 233
page 234
page 235
page 236
page 237
page 238
page 239
page 240
page 241
page 242
page 243
page 244
page 245
page 246
page 247
page 248
page 249
page 250
page 251
page 252
page 253
page 254
page 255
page 256
page 257
page 258
page 259
page 260
page 261
page 262
page 263
page 264
page 265
page 266
page 267
page 268
page 269
page 270
page 271
page 272
page 273
page 274
page 275
page 276
page 277
page 278
page 279
page 280
page 281
page 282
page 283
page 284
page 285
page 286
page 287
page 288
page 289
page 290
page 291
page 292
page 293
page 294
page 295
page 296
page 297
page 298
page 299
page 300
page 301
page 302
page 303
page 304
page 305
page 306
page 307
page 308
page 309
page 310
page 311
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

50 / 312ページ

     恨みますまい

        冬の冷たさ

           ぽとりと落ちる

                恋椿


     あそことここは

        ぴたりとはまる

           どこで違った

              恋はめ絵


     自分じゃ妻と

        思っていても

          男名前で

            メールする



     携帯とらぬと

       心に決めた

         震え呼ぶ身に

            負けてとる


     初夜のひめごと

        おのこは震え

          やまとなでしこ

              リードする

     ワニに食われた

       左手よりも

          あのこ噛まれた

             足痛い

            …フック船長


     口で言うより

        手の方がはやい

            妻を相手の

               時じゃない

                   …柔


      夢を捨てたら

        命も終わる

           信じられない

               浮世でも


     今年に付けた

        色しみ落とし

           明日にそなえる

                 冬紅葉


     数をこなせと

        お見合い塾で

           あたしゃ犬なら

                君棒か


     逢瀬のあとで

         地蔵にあえば

            いやに目につく

                 卍の印


     首もまわらぬ

       今年の暮で

          娑婆ではしるは

                火の車


     恋の双六

       サイコロ振って

          あがるあがらぬ

               君の腕

     氷雨うらめし

       打たれて咲いた

           花のしずくは

                わが涙


     
     マレーで吠えて

       とどろきわたる

          褥雄たけび

            今いくぞ!


          …快穴ハリマオ


     ピノキオだって

        心を持った

           愛のない君

               木稔人


     男相手じゃ

       誰にも負けぬ

          マワシとられる
   
              妻にゃ負け

               
                …相撲


     恋の坂道

       ふたりで押して

          息が切れよと

              恋は恋


     好いたお方に

       ふられた日には

         おまえ相手の

             しのび酒


    じじばば捨てる

        姥捨て山は

           金でひきとる

              養老院


     あの世逝く時

        一言のこす

          おまえゆっくり

             来いという


     夢をなくした

        奈落の底で

           何で住めるか

               あの人と



    木枯らし吹けば

        奪われそうで

           君と口づけ

              つなぎとめ


     盗人稼業が

        可愛く見える

           今の日本の

              不思議さよ

  
             …石川五右衛門


     猿と呼ばれて

        天下をとった

          今のかしらは

              猿以下さ


             …秀吉


     夢まぼろしの

        下天を生きる

           持つべき夢の

              大きささ


             …信長


      とてもすきゆえ

       別れにゃならぬ

          君の信じた

           俺じゃない


      ゆげ舞い上がり

        ペッタンペッタン

           餅つく音が

              風呂の中


読者登録

ゆうほさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について