twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 童話・絵本 , ファンタジー 作者 盛留真悟_ALGI Products
価格 無料
タグ ファンタジーメルヘン童話脚本
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

174 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 70ページ (Web閲覧)
72ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
人間の少年アマタとニワトリビトの少年イルサが、願いを叶えるために樹海オスタークへと入っていくお話。全ての電波塔物語の中核ともいえる、ガルン最古の電波塔物語。



45分程度の内容で少人数でも打てるため、新人のデビュー公演や、急な本番に備えての稽古に適しています。

上演するときや、二次創作や、営利の目的でいろいろ付け足して上映したりという発表に許可はいりませんが、どんなに表現を盛り付けても基本的に売上の10%以上を主張します。


※この作品は2001年2月に淵源座第二回公演として上演されました。
※この作品は2009年6月に多摩大学演劇サークルSouthernCrossによって上演されました。
※2013年6月表紙を差し替えました。(撮影:はればれうさぎ)

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

400円
路地裏流・繁盛店の創り方

この本を開く

全国の路地裏で、商売を成功させている方はたくさんいます。悪条件は考え方次第で好条件になる、というモノ...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

もっとみる