目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

236 / 239ページ

あとがき 5

 では何故『古事記』は、時代の移りかわりと共に絶えずその意味を更新され続けているのだろうか。それは『古事記』誕生の経緯が不明のままに置かれていることと深く結び付いているのではないだろうか。『古事記』とほぼ同時代に編纂され、『古事記』献上の八年後に撰上された『日本書紀』、あるいは二〇年後に提出された『出雲国風土記』のどこかに、『古事記』誕生のいきさつが書かれていてもよいはずなのに、『日本書紀』も『出雲国風土記』も『古事記』について何一つ触れていないのである。
 唯一の手掛かりは、現存する『古事記』写本に付けられた序だけである。序の作者は太安萬侶で、彼は『古事記』三巻を元明天皇に献上するために、上表文としてこれを付している。これによると、『古事記』成立には三人の人物がかかわっている。天皇天武、稗田阿礼、そして太安萬侶である。このうち天武と安萬侶は歴史上の人物で、その存在が歴史資料によって確かめられている。しかし稗田阿礼については、氏の稗田も名の阿礼もいかなる史料にも登場しない。つまり安萬侶の書いた序以外に、その存在を証明するものは何一つないのである。


あとがき 6

 その阿礼に関する安萬侶の記述もわずかで、天武天皇が「こう思い立たれた時、たまたまそばに氏を稗田、名を阿礼という舎人がいた。年は二八、生まれつき聡明で、どのような文章でも一度目にすればたちどころにそらんじることができ、一度耳にしたことはしっかりと記憶して忘れることがなかった」というもののみで、阿礼が男なのか、女なのかさえ不明なのである。
 それだけではない。安萬侶の序では、天武・阿礼・安萬侶それぞれが『古事記』成立に果たした役割もはっきりしないのである。例えば「天武天皇は阿礼に、これら『帝紀・本辞(旧記)』を誦習することを命じた」とあるが、これが、天武が旧辞をもとに創作したものを阿礼に「記憶」させたということなのか、それとも旧記をもとに阿礼に「創作」を命じたといっているのか明確でないのである。
 序はまた、元明天皇が「私安萬侶に中断していた天武天皇の事業を再開し、稗田阿礼が勅命によって誦習した『帝紀・本辞』を撰録して献上せよと命じられた。そこで私は仰せに従い、阿礼が誦習したものを事こまやかに撰録した」といっているが、これのみでは安萬侶が阿礼が口誦したものを筆録したのか、あるいは安萬侶はすでに文字となったものを編集しただけなのか、区別がつかないのである。
 さらには序の文体(漢文)と本文の文体(和漢混淆文)が違い、序で予告した内容と本文の中味が一致していない。こうした記述のあいまいさ、文体・内容の不統一はどこからくるのだろうか。それは草創期にあった日本語の未熟さに由来するものなのか、それとも何かの意図がそこに隠されているからなのか。


あとがき 7

 このように『古事記』の成立をめぐってはあまりに謎が多いのである。謎の解明は江戸時代以来さまざまな人々によって試みられてきたが、決定打はなく、『古事記』が誰によって企画・創作・筆録・編集されたのか、創作者がそこにどんな意図を込めようとしたのかはわからないままである。ために『古事記』はその中味が通して読まれることよりも、一部だけが強調して取り上げられ、それが他の目的に利用されるという運命を持たされたように思われる。
 おそらく『古事記』誕生の事実を史実によって解明することはできないであろう。だとすれば、小説というフィクションの形にして真実を探るというのはどうだろうか。そうした思い付きで誕生したのが『小説「古事記」』である。作業は次々と新しい知見を生みだしている古代の歴史世界、『古事記』そのものが語る作品世界、さらには『古事記』創作のゆかりの地を時には風に吹かれるように、時には風となって旅することによって進められた。この風の旅で『古事記』誕生のいきさつと、創作者が伝えようとした意図に迫ることができたのかどうか、筆者としてははなはだ心もとない。読者の皆様のご叱正を心からお願い申し上げる次第である。

 

 二〇一〇年初冬                          風旅人(かぜのたびと)


奥付


小説「古事記」


http://p.booklog.jp/book/17606


著者 : 風旅人
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/windtraveler05/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/17606

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/17606



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ



この本の内容は以上です。


読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について