目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

231 / 239ページ

終章 おことわり

 おことわり
 本書は現存する日本最古の歴史書・文学書といわれている『古事記』を主題にした小説で、関連上数多くの大王・天皇が登場する。その名を挙げる時、本来ならば生前の実名で統一すべきなのだが、ここでは現代人に馴染みのある、推古・天武といった漢風諡号(かんぷうしごう)を使うことにした。諡号は没後の諡(おくりな)。本書に登場する大王・天皇の漢風諡号は八世紀後半、奈良時代の貴族によって撰進されたもので、『古事記』が書かれた時代にはまだ存在していない。存在しない漢語の名称に頼るのは妙だが、そうした方が現代の読者の理解が得やすいはずだと考え、漢風諡号を基本とすることにした。
 本書はまた古い時代の長い時間の経過を扱うために、年次・月日を特定する暦が欠かせない。『古事記』創作の時代に使われた暦は中国王朝の暦に基づく和暦で、七〇一年施行の大宝律令以前は干支(かんし)、それ以後は元号である。本来ならばそれに従うべきなのだが、これもまた現代人には馴染まない。当時の日本に全く存在しない暦を用いるのは邪道だと思いつつも、馴染んだものに勝るものはないという理由から西暦を基本とした。
 本書ではさらに現代的表現が多用されている。とりわけ目につくのは外来語のカタカナ表記である。『古事記』がつくられた時代にそんな表現・表記があるかといわれれば一言もないが、それに代わりうるものをいろいろ探した挙句、古い時代のことを記述するにもやはり人々が共有する現代語によるしかないという結論に落ち着き、そのままにした。


あとがき 1

 あとがき


 

 七一二年女帝元明に献上される形で世に出た『古事記』三巻はその後、どのような歴史的扱いを受けたのであろうか。当初熱狂的に受け入れられた本巻は、中世に入ると忘れられた存在となり、古代期につくられた写巻は散逸してしまう。それがために、現存する『古事記』の写本は、最も古いもので一四世紀後半の南北朝時代に筆写されたものを残すのみ。しかもこれは冊子形式になっており、巻き物形式だったはずの奈良・平安期の写巻はただの一巻も伝えられていないのである
 忘れられた『古事記』が再びその姿をよみがえらせるのは近世。再生のきっかけとなったのは西洋文明の出現、立役者となったのが江戸後期に生きた国学者、本居宣長(もとおりのりなが・一七三〇―一八〇一年)であった。西洋文明は江戸中期、蘭学という形で日本列島に入り込んだ。その台頭が、古代以来当然のごとく馴染んできた中国文明とその精華である儒教への依存に再考を促し、自国の文化を探ろうとする国学を生んだのである。


あとがき 2

 方法は、日本古代の言語・文学、制度・習俗の研究を通して、古代社会にあった日本文化の固有性を探ろうとするものであった。その流れを汲んだ本居宣長が、日本文化のアイデンティティーの基礎を『古事記』に求めたのである。「日本は天照大御神を祖神とする天皇(すめらみこと)の支配する皇国で、優れた固有のことばと文化を持つ。その事実を明かすのが『古事記』である。それを識るには文字で書かれたことばを追ってはならない。文字の向こうには、文字化される以前の、元来の言葉、「古言」がある。その古言を探っていけば、いにしえの、けがれないまことの心、「古意」に達することができる」
 宣長は、『古事記』をそのような、いにしえの清らかな正実(まこと)を隠し持った書としてとらえ、それを解説するための注釈書を編纂した。『古事記伝』四四巻である。圧倒的業績であった。こうして『古事記』は本居宣長の手によって、日本の民族的、文化的世界の固有性を明らかにする根拠の書として、本来のものとは別の解釈をされ、異なる意味を引きだされ、新しいテキストに生まれかわることになった。


あとがき 3

 『古事記』の新しい解釈・意味付けは、近代にはいると、国家によって大々的に行われるようになる。そのきっかけも西洋の産業文明との遭遇であった。日本がこの文明に直面した時、西洋列強はすでに帝国となってその成果を追求し、この国を植民地にしようと狙っていた。この危機は何としても回避しなければならなかった。回避するだけでなく、自らも帝国を形成して産業文明の実現をはからねばならなかったのである。
 そのためには旧体制を再編成して近代国家をつくり、旧住民を新国家の国民として統合していく必要があった。明治国家はその要として天皇を選び、天皇を特別な存在、万世一系の君主に仕立てあげようとした。その根拠の一つとして利用されることになったのが、『古事記』の「国生み神話」と「天孫降臨神話」だったのである。
 明治国家はこれをもとに、「この国はその万世一系の天皇がこれを統治する」という条文をつくり、それを大日本帝国憲法の第一条に据えて制度化した。これに呼応して、『古事記』の神話を日本民族の文化的根源として位置付け、これを「日本神話」に転換させる「国民文学」運動が起こり、『古事記』は近代国家日本の古典となっていくのである。


あとがき 4

 日本はその後産業文明の運動律、植民地の争奪戦に巻き込まれ、ついには世界規模の大戦に向かっていく。この時国家は、「この国は万世一系の天皇が統治する神国で、日本国民(大和民族)は臣民として古来より天皇に仕えてきた」とする天皇中心史観(皇国史観)をもって自国民を戦いに動員、植民地人に対しても「天皇を君主としていただく皇国は至上の国家体制(国体)で、その国民となるのは何よりも名誉なことだ」として、彼らを皇国の国民(皇民)にして戦争に協力させたのである。
 無残な結末を迎えた戦後、『古事記』の立場は一変した。日本国家の古典としてあがめられたはずのこの書は、人々を戦争に駆り立てた元凶として、国民による批判の書にかわるのである。
 誕生以来、このように劇的な変遷をたどった『古事記』であるが、それによって中味や本質がかわったわけではなく、『古事記』は常に『古事記』であり続けた。かわったのは時代による『古事記』の解釈で、その点で『古事記』はその意味を絶えず更新させられる運命を持ったのである。
 この運命はその後もかわっていない。『古事記』の神話には、それよりも古い原始神話が含まれているはずだという想定のもとに『古事記』を分解・区分けし、本来の日本神話を見つけ出そうとする研究の対象となったり、あるいは日本人の心性のふるさと、感性の原点であるという想定のもとに『古事記』神話を分解・構造化し、日本民族の文化の源流・系統を探ろうとする比較研究の素材となったりして、その後も『古事記』に対する新しい解釈・意味付けがなされるという歴史は継続しているのである。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について