目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

214 / 239ページ

一二章 七〇七年八月 19

 これまでのように後継者を育てて語り継いでいくという方法があります。でもこれだけの作品を語れる人は限られます。語り部が限られれば、聞き手も限られます。やがて語り継ぐ人が得られなくなれば、この物語は消えてしまいます。
 物語を最初に文字や書物(巻き物)にすることは、それはそれは大変なことだと思います。でも書いたものは一旦できあがればあとは写書(写巻)で済みます。写巻は語り部ほどではありませんが、それに似た役目をして、相手に物語を伝えることができます。しかも写書はいつでも、どこでも、いくらでも簡単につくることができます。語り部の後継者を育むのと大きな違いです。
 問題は、受け手です。語りの場合、受け手は聞き手、写書の場合は読み手。これまでは語り部がいて、人はその聞き手として聞く能力を磨いてきた。読み手になるなんてことは考えてもみなかった。でも文字は少しずつ人々の生活の中に入ってきています。読むことができるようになっても初めは語り部が語ってくれるほどには味わうことはできないかもしれないけれど、これが当たり前になれば、読む力が磨かれ、肉声が伝えるものと同じ、いやそれ以上のものを感じ取れるようになる可能性はあると思うのです。


一二章 七〇七年八月 20

 文字を読む人の数はまだ少ない。でもそれに馴染んでいく人の数はこれから増えていくはずです。それに合わせて、写巻の数も増えていく。あなたが創った物語は、多くの人に読まれ、読み継がれることになる。天武天皇もそれを考えておられた。古事語が完成したら誰かにそれを文字にさせる、そういわれたと伺いました。その機会がなくなった今、改めてその役を私がするというのはどうかしら?」
 「そんな大変なことを考えていたのか。文字をもたないこの国が他国の文字を借りて日本語を書き表す、その試みは始まったばかり。それを専門にする学者でも至難だというのに、由衣、お前がそれをやれば、それこそ命を削ることになる」
 「命を削るように大事なことに打ち込めれば、こんな仕合わせな人生はないでしょう。あなたと生きた証になるわ」
 「たとえ書き上げられたとしても、それが世に出る保証はないぞ。書を世に出すには王家の力なくしてはかなわないからだ。古事語は天武の発案で誕生したものだけれども、彼の望むようにはでき上がらなかった。そんな物語を、あとを継いだ王家が書として公にするだろうか?」
 「私は見返りを求めません。ただやってみたいの。この物語にはそれだけの価値があるのだから」


一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1

 一三章 七〇七年秋―七一一年夏
 

 

 七〇七年一一月、文武の喪葬儀礼が終了した。これと共に中断していた遷都の動きが加速する。遷都先は、阿礼が予想したように大和盆地北端、平城(なら)の地となった。七〇八年二月元明は平城京への遷都の詔を出し、九月には平城山に連なる佐紀(さき)丘陵の南斜面の整地作業をスタートさせた。新都のモデルとなったのは藤原京だった。旧都を基準に、それを三倍以上に拡大する形で新都のプランがつくられた。
 まず大路・小路の道路づくり、それによって区切られる町(坪)づくりが行われ、次いで京域を流れる河川の付け替え、堀川の掘削、それに渡す橋づくりが進められた。これら一連の工事が進捗する中で、移築作戦がスタートした。藤原京では宮殿、役所、貴族・役人の邸宅、庶民の住宅が次々と解体された。中ツ道や下ツ道のはたに立つと、梱包された部材が延々と人の肩や背あるいは牛車によって運ばれていくのを見ることができた。また下ツ道にそって掘られた運河のほとりに立つと、掘立柱を初めとする重量物を運ぶ筏や船の長い列を眺めることができた。


一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2

 新都造営に明け暮れる周辺を遠くに見ながら、由衣の書づくりが進行した。作業は予想をはるかに超えて困難なものとなった。語り部の口誦・歌謡を文字に置き換えて書にするなどという前例はなかったからである。ただ全くの手探りだったわけではない。由衣の前には、文字による新しい日本語(和語)をつくろうとした先人たちの血のにじむような努力の歴史があり、その成果があったからである。
 この国の祖先は、和語という独特の音声言語をつくり上げてきたが、それを書き表す独自の文字言語は生み出さなかった。その先人の出会ったのが、中国の文字、漢字だった。漢字は中国語を書くための文字で、言語の基本構造の異なる日本語を表記するのには実に不便だった。不便さを回避するには、母国語を捨て中国語に切り替えるという手もあったが、先人たちはそれをいさぎよしとせず、和語を使い続け、それを表記するのに厄介な漢字を使いこなす道を選んだ。
 最初は中国本土や朝鮮半島からの渡来人の手を借りた。彼らの助けによって漢文を日本語で読み解く方法、つまり漢文訓読法を考え出し、次に自らの手で漢文を書く経験を積み上げた。自分たちの言葉が持つ独自の表意にこだわりつつ、漢字・漢文の中から字義が合致する字・字文を見つけ出したり、見つからない時にはそれらを組み替えたり、造字・造文をしたりした。
 初めは漢字の字音だけを用いた漢文体だった。漢字は表意文字で一字一字に意味があり、また中国語としての音を持つ。先人たちはその中国語の字音を、その漢字と共に借用して自らの言語に適応させた音をつくりだした。つまり自らの言語の音韻体系・音節構造に適合するように変形させた音をつくりだし、漢字とその字音だけを使って日本語を表記したのである。


一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3

 七世紀前半の推古期になると、音の代わりに、漢字の表わす語の意味を日本語に訳した、字訓が考案された。先人たちはその字訓と字音を組み合わせて和語を表記する、音訓交用の変体漢文体を創出した。
 さらに七世紀後半の孝徳・斉明期になると、漢文体・変体漢文体のほかに、仮名(万葉仮名)を使うようになった。言語構造の異なる中国語の文字、漢字で日本語を表記する時、最も厄介だったのは地名・人名といった固有名詞だった。その固有名詞を表記するために、漢字の持つ意味を捨て、字音のみを使うようにもなった。字音仮名である。さらには漢字の字訓の方を使って、尾治(をはり)・小治田(をはりだ)などと表音的に書く工夫も生まれた。字訓仮名である。
 由衣は、先人が積み上げたこうした成果を駆使し、必死になって阿礼の口誦・歌謡を文字に変換した。阿礼の語り聞かせになるべく近づけようと漢文を減らし、なるべく音と訓を交えた音訓交用の変体漢文体、さらには字音仮名・字訓仮名を少しで多く取り入れようと心掛けた。
 問題は、夫の口をついて出る言葉の一語・一句を、字訓をもとにそれに当たる漢字を探して書くと、その漢字の意味と和語の意味がぴったりと合わないことだった。また字音をもとに一音一字漢字を借りて並べると、文がだらだらと長くなりすぎることだった。
 由衣は試行錯誤しながら、漢字の訓と音を巧みに組み合わせる和文表記法を編み出した。もちろんこの和漢混淆文では表記できないところもあった。そんなところは大雑把な表記をしておいて読み手の理解力に任せるというやり方をした。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について