目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

212 / 239ページ

一二章 七〇七年八月 17

 これに対して夫のホヲリノ命も次のような歌を送って返した。
 「沖にすむ鴨の立ち寄る綿津見(わたつみ)の島に、共寝(ともね)をした麗しい妻がいることを、いつまでも忘れることはないであろう」
 ホヲリノ命、すなわち火遠理命、別名天津日高日子穂穂手見命(あまつひこひこほほでみのみこと)は高千穂宮にいて五八〇年に及んだ。御陵は、その高千穂の山の西にある。
 そのホヲリの子、天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命が、その姨(おば)に当たる玉依毘売命を妻として産ませた御子の名は、五瀬命(いつせのみこと)、次に稲氷命(いなひのみこと)、次に御毛沼命(みけぬのみこと)、次に若御毛沼命(わかみけぬのみこと)、別名豊御毛沼命(とよみけぬのみこと)、さらなる別名神倭伊波礼毘古命(かむやまといはれびこのみこと)。以上四柱。
 このうちミケヌノ命は白波の穂を踏んで、常世国に渡っていった。イナヒノ命は妣(はは)の国を訪ねて、海原へ旅立った〉

 

 「これで上つ段は終了するのですね」
 「そうなんだ。ホヲリノ命の一番目の孫五瀬命と四番目の孫、別名を二つ持つ若御毛沼命の話は中つ段の冒頭に置くつもりだ。彼らは日向高千穂で成長し、長じて一緒に国を治めるようになるが、日向一国だけでは満足できずに、東国に向けて征服の旅に出る。その東征の時には弟の若御毛沼命にリーダーシップを発揮させ、呼称として彼の二つ目の別名、神倭伊波礼毘古命(諡神武)を使いたいと思っているんだ。その東征(東遷)物語と共に中つ段が始まることになる」


一二章 七〇七年八月 18

 そういいながら阿礼は立ち上がり、香具山の山頂から藤原京に出る山道を下った。あとに従った由衣が語りかけた。
 「こんなに面白い物語ができ上がろうとしているのに、依頼主の天武天皇ははるか遠くにいってしまわれました。聞いていただくわけにいかないのが残念」
 「存命中に間に合ったとしても、聞いてはいただけなかったかもしれない。天武の希望する内容とはならなかったからね」
 「この古事語(いにしえのことがたり)は、最初からそういう内容になる運命を持っていたのではないかしら。何故って、創作者にあなたが選ばれたんですから」
 「そうかもしれない。こうする以外になかった」
 「私には、このようにでき上がったものの方が多くの人に受け入れられることになるように思えるわ。今度の旅であなたの語る古事語に聞き入る人々の顔を見てきてそう確信しているの。でもこのままではもっと多くの人に伝えることはできないし、長い命を保つこともできません。あなたは一人、しかも歳はすでに六〇を越えているのですから。少しでも多くの人に受け入れられながら、命脈を保たせるにはどうしたらいいか、それを私はずっと考えているの。


一二章 七〇七年八月 19

 これまでのように後継者を育てて語り継いでいくという方法があります。でもこれだけの作品を語れる人は限られます。語り部が限られれば、聞き手も限られます。やがて語り継ぐ人が得られなくなれば、この物語は消えてしまいます。
 物語を最初に文字や書物(巻き物)にすることは、それはそれは大変なことだと思います。でも書いたものは一旦できあがればあとは写書(写巻)で済みます。写巻は語り部ほどではありませんが、それに似た役目をして、相手に物語を伝えることができます。しかも写書はいつでも、どこでも、いくらでも簡単につくることができます。語り部の後継者を育むのと大きな違いです。
 問題は、受け手です。語りの場合、受け手は聞き手、写書の場合は読み手。これまでは語り部がいて、人はその聞き手として聞く能力を磨いてきた。読み手になるなんてことは考えてもみなかった。でも文字は少しずつ人々の生活の中に入ってきています。読むことができるようになっても初めは語り部が語ってくれるほどには味わうことはできないかもしれないけれど、これが当たり前になれば、読む力が磨かれ、肉声が伝えるものと同じ、いやそれ以上のものを感じ取れるようになる可能性はあると思うのです。


一二章 七〇七年八月 20

 文字を読む人の数はまだ少ない。でもそれに馴染んでいく人の数はこれから増えていくはずです。それに合わせて、写巻の数も増えていく。あなたが創った物語は、多くの人に読まれ、読み継がれることになる。天武天皇もそれを考えておられた。古事語が完成したら誰かにそれを文字にさせる、そういわれたと伺いました。その機会がなくなった今、改めてその役を私がするというのはどうかしら?」
 「そんな大変なことを考えていたのか。文字をもたないこの国が他国の文字を借りて日本語を書き表す、その試みは始まったばかり。それを専門にする学者でも至難だというのに、由衣、お前がそれをやれば、それこそ命を削ることになる」
 「命を削るように大事なことに打ち込めれば、こんな仕合わせな人生はないでしょう。あなたと生きた証になるわ」
 「たとえ書き上げられたとしても、それが世に出る保証はないぞ。書を世に出すには王家の力なくしてはかなわないからだ。古事語は天武の発案で誕生したものだけれども、彼の望むようにはでき上がらなかった。そんな物語を、あとを継いだ王家が書として公にするだろうか?」
 「私は見返りを求めません。ただやってみたいの。この物語にはそれだけの価値があるのだから」


一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1

 一三章 七〇七年秋―七一一年夏
 

 

 七〇七年一一月、文武の喪葬儀礼が終了した。これと共に中断していた遷都の動きが加速する。遷都先は、阿礼が予想したように大和盆地北端、平城(なら)の地となった。七〇八年二月元明は平城京への遷都の詔を出し、九月には平城山に連なる佐紀(さき)丘陵の南斜面の整地作業をスタートさせた。新都のモデルとなったのは藤原京だった。旧都を基準に、それを三倍以上に拡大する形で新都のプランがつくられた。
 まず大路・小路の道路づくり、それによって区切られる町(坪)づくりが行われ、次いで京域を流れる河川の付け替え、堀川の掘削、それに渡す橋づくりが進められた。これら一連の工事が進捗する中で、移築作戦がスタートした。藤原京では宮殿、役所、貴族・役人の邸宅、庶民の住宅が次々と解体された。中ツ道や下ツ道のはたに立つと、梱包された部材が延々と人の肩や背あるいは牛車によって運ばれていくのを見ることができた。また下ツ道にそって掘られた運河のほとりに立つと、掘立柱を初めとする重量物を運ぶ筏や船の長い列を眺めることができた。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について