目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

206 / 239ページ

一二章 七〇七年八月 11

 それを聞いたシホツチノ神は「それでは私奴がうまい手立てを教えましょう」といって、細かく編んだ竹籠の子船をつくり、それにホヲリノ命を載せ、次のように指示した。
 「私がこの船を押し出します。しばらく流れに身を任せなさい。そのうちよい潮路にぶつかるでしょう。その潮路に乗っていくと、魚の鱗(うろこ)のように建物が立ち並ぶ宮殿に行き着きましょう。それが海の神、すなわち綿津見神(わたつみのかみ)の御殿でございます。その御門まで行きますと、傍らに泉があり、そのほとりに聖なる桂の木があるでしょう。その木の枝に登ってお待ちになれば、海の神の娘があなたを見つけ、あとを仕切ってくれましょう」
 ホヲリノ命はその指示に従った。全てがシホツチノ神のいった通りに進行し、ホヲリは桂の木の枝に登って待った。すると海の神の娘、豊玉毘売命(とよたまびめのみこと)の侍女(はしため)が玉器(たまもひ)を手に姿を現した。侍女が水を汲もうとした時、泉の水に光が差した。不思議に思って振り仰いでみると、見目麗しい若者の姿が目に止まった。
 その瞬間ホヲリノ命は侍女に水を所望した。侍女はそれに応え、器に水を入れて差し出した。ホヲリノ命は水を飲もうとはせず、首にかけた玉の緒を解き、玉を一粒口に含み玉器の中に吐き入れた。すると玉は器にしっかりと張り付き、侍女が剥がそうとしても剥がれなかった。そこで侍女は器に玉を付けたまま、トヨタマビメノ命に差し上げた。


一二章 七〇七年八月 12

 トヨタマビメは器の玉を認めて、侍女に尋ねた。「もしや門の傍に誰かいるのではないの?」
 侍女はそれに次のように答えた。
 「泉の傍の桂の木の上に人がおります。たいそう美しい、立派な若者で、わが海神の宮の王にも勝る気貴いお方です。その方が所望なさるので水を差し上げましたが、お飲みにならず、この玉を器に吐き入れたのです。取ろうとしてもどうしても取れませんので、玉を入れたまま器をお持ちしました」
 これを聞いてトヨタマビメは不思議なことだと思って外に出た。すると確かに素晴らしい青年が立っている。姫は一目でホヲリを気にいり、宮に戻って父神に伝えた。「わが門前に見目麗しい立派な方がおられます」と。
 海神が門の外に出てみると確かに若者がいた。「この方は天津日高の御子、虚空津日高だ」海神はそういうと、直ちにホヲリノ命を宮殿の中に招き入れ、海驢(あしか)の皮畳を八重に重ね、またその上に絹畳を八重に重ねて敷き、その上に座らせた。そして数え切れないほどの台の上に結納の品々と御馳走をうずたかく並べ、娘のトヨタマビメを妻に差し上げた。こうしてホヲリノ命は、三年の間海神の国で過ごすことになった。


一二章 七〇七年八月 13

 三年が瞬く間に過ぎたある日、ホヲリは事の始まりを思い出し、深いため息を漏らした。それを聞いた妻のトヨタマビメは父に相談した。「三年の間ただの一度も嘆かれることはありませんでしたのに、昨夜に限って深いため息をつかれました。何かわけがあるのではないでしょうか」と。
 そこで父のワタツミノ大神が聟君(むこぎみ)に尋ねた。「今朝方娘がこう申しました。共に暮らして三年、一度として嘆息なさることもありませんでしたのに、昨夜初めて深いため息を漏らされたと。何かわけがあるのでしょうか。そもそもあなた様がこの国に来られたわけは何なのでしょうか?」
 そこでホヲリノ命は、ワタツミノ大神に、兄から借りた釣鉤をなくし、それを返せと責め立てられたことから始まったいきさつを詳しく物語った。
 海神はこの話を聞くと、海の中の全ての魚を呼び集め、くだんの釣鉤を取った者がいないかどうか尋ねた。すると魚どもが口ぐちに答えた。
 「先ごろ、赤鯛が喉に何かが刺さっていて何も食べられないとこぼしておりましたから、きっとこの者が取ったのでございましょう」
 そこで海神が赤鯛の喉を探ったところ、果たして釣鉤が刺さっていた。海神はそれをすぐさまはずし、洗い清めてホヲリノ命に差し上げた。この時ワタツミノ大神は次のような策略を授けた。


一二章 七〇七年八月 14

 「この釣鉤を兄君にお返しになる時には、〈この鉤はふさぎ鉤・いらいら鉤・貧乏鉤・愚か鉤〉と呟いて、後ろ手でお渡しなさい。さらに兄君が高地に高田(あげた)を作ったら、あなた様は低地に下田(くぼた)をお作りなさい。また兄君が下田を作るようなら、あなた様は高田をお作りなさい。私は水を司る神、兄君を三年間不漁・不作に陥らせましょう。
 もし兄君がそれをあなた様のせいだと思って攻めてくるようなら、ここに差し上げる潮満珠(しほみつたま)を出しておぼれさせ、もし兄君が参って許しを請うようなら、潮干珠(しほひるたま)を出して救い上げ、これを交互に繰り返して懲らしめてお上げなさい」そういって潮満珠と潮干珠の二対の珠を授けた。
 さらに海にいる鮫(わに)という鮫を呼び集め、「天津日高の御子、虚空津日高がお国に帰られようとしている。御子を送り届け、それを復命するのに何日かかるか、一人ずつ答えてみよ」といった。
 かかる日数はワニの身の丈にほぼ応じていた。一番大きな一尋鮫(ひとひろわに)が「私は一日でお送りして戻ってまいりましょう」と答えた。
 そこで海神はそのヒトヒロワニに向かって「それならお前がお送り申せ。ただし海の中を渡る時、怖い思いをおさせしてはならぬぞ」といいつけて、ホヲリノ命をそのワニの首に乗せて送り出した。


一二章 七〇七年八月 15

 ヒトヒロワニはいった通り一日で送り届けた。帰り際ホヲリノ命は身に帯びた小刀をはずし、ワニの首に結び付けてやった。
 国に帰ったホヲリノ命は、釣鉤を海神の教えた通りのやり方で兄のホデリノ命に返し、田を作った。それ以後ホデリノ命は次第に困窮し、それを弟のせいだとして攻めてくるようになった。
 そこでホヲリノ命は、ホデリノ命が攻めてくる時には潮満珠を出しておぼれさせ、許しを乞う時には潮干珠を出して救い上げる手を繰り返した。やがて兄のホデリノ命はすっかり降参し、弟のホヲリノ命に頭を下げていった。「私はこれから先、昼夜を置かず、守護人(まもりびと)となってあなたに仕えます」と。
 それからしばらくの時が経過し、海神の娘、豊玉毘売命(とよたまびめのみこと)が夫のホヲリノ命のもとを訪ねてきて、次のようにいった。
 「私はあなたの子を身ごもり、いよいよ出産の時期が迫りました。天つ神の御子を海原で産むわけにはいきませんので、こうして地上に出向いてきたのです」そういって、早速海辺の渚近くに鵜の羽を葺草(ふきぐさ)にして産屋(うぶや)を造り始めた。
 ところがその産屋の屋根が葺き終らないうちに陣痛が始まり、トヨタマビメはこらえ切れなくなって産屋に駆け込んだ。いよいよお産が始まろうとする時、姫は夫に向かって頼んだ。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について