目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

202 / 239ページ

一二章 七〇七年八月 7

 「この三柱の子のうち長男ホデリノ命を隼人役に、三男ホヲリノ命をヤマト役に仕立て、二人を戦わせるんだ。ホデリノ命を海の獲物を糧に生きる海幸彦、ホヲリノ命を山の獲物を糧に暮らす山幸彦にし、二人がお互いの生業を象徴する釣鉤(つりばり)と弓矢を交換し、相手の稼業に挑戦するというのはどうだろう」
 「ヤマト役のホヲリノ命を狩猟の民にするのは何故、どうして農耕の民にしないのですか?」
 「海と山は象徴で、それぞれが対照的な世界に住む存在だという区別をしているだけだよ。物語だからなるべくシンプルな方がいいんだ。話の展開も釣鉤を手にした山幸彦の方に焦点を合わせ、弓矢を受け取った海幸彦が山でどうだったか、うまくいったのか、いかなかったのか、そっちの首尾は省略しようと思うんだ」
 「そういうところを見ると、海に向かった山幸彦は慣れないことに挑戦して、失敗ばかりすることになるわけね」
 「よくわかったね。おまけに海幸彦から借りた大事な釣鉤をなくしてしまうという筋立てでどうだ。山幸彦は代わりの釣鉤を作らせ、それで責任を果たそうとするんだけど、海幸彦は承知しない。海幸が山幸に渡した釣鉤というのは単なる釣り具の一つではなく、狩猟・漁労・採集の民―隼人―が長い歴史の中で育んだ共同体であり、彼らが自然との相互作用の中で築き上げた生活環境なんだ。それを山幸―ヤマト―は破壊してしまった」


一二章 七〇七年八月 8

 「だから海幸は、山幸に代わりのものを返す、別のもので償うといわれても承服しないのね」
 「困り果てた山幸彦に手を貸す神が登場する。海の神だ。山幸はこの海神の国にいって、そこの姫をもらう。さらになくしたと思った兄の釣鉤を見つけてもらう。それだけでなく、兄を懲らしめる、海幸をやっつける術を教授されて帰ってくるんだ」
 「兄の海幸をやっつける手助けをする海神とその娘がいる、海の国というのは何をさすのですか」
 「そう、海の中にあるように描写しようと思っているんだが、実はそこも隼人の国で、別の地域の隼人国をイメージしているんだ。ヤマト王権が隼人の反乱を制圧する時に、他の地域に住む隼人族の手を借りただろう。〈隼人を制するには隼人をもって〉、それを〈山幸が海幸の追及から逃れるために海神の手を借りる〉、そういうふうになぞらえたいんだ」
 「不公平な話ですよね。山幸は海神の手を借りて海幸をやっつける。それが、大和が隼人の手を借りて隼人をやっつけるということを表すわけでしょ。いずれにしても山幸は海幸に勝ち、実際ヤマトは隼人に勝つんだけど、聞き手はそれを正当な勝ちだと評価するかしら。聞いた人は負けた海幸、いや隼人の方に同情を寄せるんじゃないかしら」


一二章 七〇七年八月 9

 「そこがねらいなんじゃないか。確かにこんな勝ち方をした山幸彦、つまりヤマト王権は人々の支持は得られない。得られないどころか、反発を受けること必至だ。山幸、王権がそうした事態を回避しようとするなら、このあとが大事なんだ。これから先山幸=ヤマトが服属した海幸=隼人に対してどれだけのお返しができるか、つまり同胞となった彼らの仕合わせをどれだけ真剣に考慮し続けられるかなんだ。その願いを込めつつ、でもここでは余計なことは語らない。海幸は降参し、山幸に服従を誓う。今起きていることは実際そういうことだろう。そこで物語を終えてしまう。あとは聞き手の感性に委ねてしまうんだ」

 

 〈さて長男ホデリノ命は海の獲物を追う海佐知毘古(うみさちびこ・海幸彦)として大小さまざまな魚を釣り上げるのを生業とした。三男ホヲリノ命は山の獲物を追う山佐知毘古(やまさちびこ・山幸彦)として大小さまざまな鳥獣を仕留めるのを生業とした。
 ある時弟のホヲリノ命が兄のホデリノ命に向かって、「私の弓矢と兄さんの釣鉤を交換して、私が海で、兄さんが山で仕事をしてみませんか?」と提案した。
 何度提案しても海幸彦は首を縦に振らなかったが、山幸彦があまりにうるさくいうので、根負けして山幸彦に釣鉤を貸すことになった。


一二章 七〇七年八月 10

 山幸はその釣り針を手に海に出たが、慣れない仕事では一匹の魚も釣り上げることができなかった。それどころか、やっとの思いで兄から借りた大事な釣鉤をなくしてしまうのである。
 途方に暮れて帰宅すると、兄の海幸が「山の道具は狩人が持つべきもの、海の道具は釣人が持つべきもの、そろそろ元通りに道具を取り替えよう」という。いわれた弟の山幸は困り果て、「兄さんから借りた釣鉤で魚を釣ろうとしたけどただの一匹も取れなかった。その上兄さんの大事な釣鉤を海の中になくしてしまったのです」と事の顛末を語ったが、兄は許さず、「何としてもあの釣鉤を返せ」と弟を責め立てた。
 仕方なく弟は腰に帯びた十拳剣(とつかのつるぎ)を潰して鉤を五〇〇本作り、これで勘弁してくれと頼んだが、兄は受け取ろうとしない。山幸はさらに鉤千本作って償おうとしたが、それでも海幸は手を触れようともせず、「元の釣鉤を返せ」と迫った。
 途方に暮れたホヲリノ命が海辺で泣き悲しんでいると、潮路を司る塩椎神(しほつちのかみ)がやってきて尋ねた。「日の御子、虚空津日高(そらつひこ・天津日高・あまつひこ)よ、どうなさいました。何故そんなに泣き悲しんでおられるのです?」
 こう聞かれて、ホヲリは次のように答えた。「私は、自分の道具と引き換えに、兄のホデリノ命から釣鉤を借りたのですが、それをなくしてしまったのです。代わりになる鉤をたくさん作って返そうとしたのですが、兄が『それではだめだ。元の釣り針を返せ』といって聞かないので、こうして泣き悲しんでいるのです」


一二章 七〇七年八月 11

 それを聞いたシホツチノ神は「それでは私奴がうまい手立てを教えましょう」といって、細かく編んだ竹籠の子船をつくり、それにホヲリノ命を載せ、次のように指示した。
 「私がこの船を押し出します。しばらく流れに身を任せなさい。そのうちよい潮路にぶつかるでしょう。その潮路に乗っていくと、魚の鱗(うろこ)のように建物が立ち並ぶ宮殿に行き着きましょう。それが海の神、すなわち綿津見神(わたつみのかみ)の御殿でございます。その御門まで行きますと、傍らに泉があり、そのほとりに聖なる桂の木があるでしょう。その木の枝に登ってお待ちになれば、海の神の娘があなたを見つけ、あとを仕切ってくれましょう」
 ホヲリノ命はその指示に従った。全てがシホツチノ神のいった通りに進行し、ホヲリは桂の木の枝に登って待った。すると海の神の娘、豊玉毘売命(とよたまびめのみこと)の侍女(はしため)が玉器(たまもひ)を手に姿を現した。侍女が水を汲もうとした時、泉の水に光が差した。不思議に思って振り仰いでみると、見目麗しい若者の姿が目に止まった。
 その瞬間ホヲリノ命は侍女に水を所望した。侍女はそれに応え、器に水を入れて差し出した。ホヲリノ命は水を飲もうとはせず、首にかけた玉の緒を解き、玉を一粒口に含み玉器の中に吐き入れた。すると玉は器にしっかりと張り付き、侍女が剥がそうとしても剥がれなかった。そこで侍女は器に玉を付けたまま、トヨタマビメノ命に差し上げた。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について