目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

200 / 239ページ

一二章 七〇七年八月 5

 さて姉妹の娘を送り出した父神オホヤマツミノ神である。彼は姉のイハナガ姫が返されたことを深く恥じて、次のように申し送った。
 「私が娘を二人、一緒に差し上げたのにはわけがあります。もしイハナガ姫をお選びになるならば、天つ神の御子の命は、雪が降り風が吹いても、常に岩のように永遠のものとなるように、またコノハナノサクヤ姫を選ばれれば、木の花が咲き誇るがごとく繁栄いたしますように、そして二人を一緒に選ぶなら、永遠の命と限りない繁栄の二つを手に入れられますように、そう祈念したからにほかなりません。
 ところがあなた様は、イハナガ姫を送り返し、コノハナノサクヤ姫だけをお留めになりました。それ故、これから誕生する天つ神の御子の寿命は、木の花のようにはかないものになりましょう」
 こういうわけで、今に至るまで、天皇の命は永遠ではなくなった〉

 

 「こうした展開にした上で、ヤマト王権の支配に組み込まれながらも失われることのない隼人の誇りや気概を、天孫の子を宿した木花乃佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)の言動を通して歌い上げたいんだ。こんなふうに……」


一二章 七〇七年八月 6

 〈しばらくの時が経過した後、コノハナノサクヤ姫がニニギノ命のもとを訪れ、次のように伝えた。
 「私はあなたの子を宿し、今や出産の時を迎えました。この子は天つ神の御子ですから、私一人の子として生むことはできない、そう思って申し出たのです」
 それを聞いてニニギノ命は嘲るようにいった。「何とコノハナノサクヤ姫よ、そなたは一夜の契りで孕んだというのか。それは私の子ではあるまい。きっと国つ神の子に違いない」
 するとサクヤ姫は、「私が孕んだ子がもし国つ神の子なら、お産は無事には済みますまい。でも天つ神の子なら必ずや無事に生まれることでしょう」
 こう毅然と答えると、直ちに八尋もある産殿(うぶや)を造らせ、その中に入るや内側から土を塗って戸口を塞いでしまった。そしてお産が始まると産殿に火を放ち、三柱の子を生んだ。
 火が勢いよく燃え盛った時に生まれた御子の名は火照命(ほでりのみこと)、この命は阿多隼人の豪族、阿多の君の祖神である。次に生まれた御子の名は火須勢理命(ほすせりのみこと)、その次に生まれた御子の名は火遠理命(ほをりのみこと)、またの名は天津日高日子穂穂手見命(あまつひこひこほほでみのみこと)である〉


一二章 七〇七年八月 7

 「この三柱の子のうち長男ホデリノ命を隼人役に、三男ホヲリノ命をヤマト役に仕立て、二人を戦わせるんだ。ホデリノ命を海の獲物を糧に生きる海幸彦、ホヲリノ命を山の獲物を糧に暮らす山幸彦にし、二人がお互いの生業を象徴する釣鉤(つりばり)と弓矢を交換し、相手の稼業に挑戦するというのはどうだろう」
 「ヤマト役のホヲリノ命を狩猟の民にするのは何故、どうして農耕の民にしないのですか?」
 「海と山は象徴で、それぞれが対照的な世界に住む存在だという区別をしているだけだよ。物語だからなるべくシンプルな方がいいんだ。話の展開も釣鉤を手にした山幸彦の方に焦点を合わせ、弓矢を受け取った海幸彦が山でどうだったか、うまくいったのか、いかなかったのか、そっちの首尾は省略しようと思うんだ」
 「そういうところを見ると、海に向かった山幸彦は慣れないことに挑戦して、失敗ばかりすることになるわけね」
 「よくわかったね。おまけに海幸彦から借りた大事な釣鉤をなくしてしまうという筋立てでどうだ。山幸彦は代わりの釣鉤を作らせ、それで責任を果たそうとするんだけど、海幸彦は承知しない。海幸が山幸に渡した釣鉤というのは単なる釣り具の一つではなく、狩猟・漁労・採集の民―隼人―が長い歴史の中で育んだ共同体であり、彼らが自然との相互作用の中で築き上げた生活環境なんだ。それを山幸―ヤマト―は破壊してしまった」


一二章 七〇七年八月 8

 「だから海幸は、山幸に代わりのものを返す、別のもので償うといわれても承服しないのね」
 「困り果てた山幸彦に手を貸す神が登場する。海の神だ。山幸はこの海神の国にいって、そこの姫をもらう。さらになくしたと思った兄の釣鉤を見つけてもらう。それだけでなく、兄を懲らしめる、海幸をやっつける術を教授されて帰ってくるんだ」
 「兄の海幸をやっつける手助けをする海神とその娘がいる、海の国というのは何をさすのですか」
 「そう、海の中にあるように描写しようと思っているんだが、実はそこも隼人の国で、別の地域の隼人国をイメージしているんだ。ヤマト王権が隼人の反乱を制圧する時に、他の地域に住む隼人族の手を借りただろう。〈隼人を制するには隼人をもって〉、それを〈山幸が海幸の追及から逃れるために海神の手を借りる〉、そういうふうになぞらえたいんだ」
 「不公平な話ですよね。山幸は海神の手を借りて海幸をやっつける。それが、大和が隼人の手を借りて隼人をやっつけるということを表すわけでしょ。いずれにしても山幸は海幸に勝ち、実際ヤマトは隼人に勝つんだけど、聞き手はそれを正当な勝ちだと評価するかしら。聞いた人は負けた海幸、いや隼人の方に同情を寄せるんじゃないかしら」


一二章 七〇七年八月 9

 「そこがねらいなんじゃないか。確かにこんな勝ち方をした山幸彦、つまりヤマト王権は人々の支持は得られない。得られないどころか、反発を受けること必至だ。山幸、王権がそうした事態を回避しようとするなら、このあとが大事なんだ。これから先山幸=ヤマトが服属した海幸=隼人に対してどれだけのお返しができるか、つまり同胞となった彼らの仕合わせをどれだけ真剣に考慮し続けられるかなんだ。その願いを込めつつ、でもここでは余計なことは語らない。海幸は降参し、山幸に服従を誓う。今起きていることは実際そういうことだろう。そこで物語を終えてしまう。あとは聞き手の感性に委ねてしまうんだ」

 

 〈さて長男ホデリノ命は海の獲物を追う海佐知毘古(うみさちびこ・海幸彦)として大小さまざまな魚を釣り上げるのを生業とした。三男ホヲリノ命は山の獲物を追う山佐知毘古(やまさちびこ・山幸彦)として大小さまざまな鳥獣を仕留めるのを生業とした。
 ある時弟のホヲリノ命が兄のホデリノ命に向かって、「私の弓矢と兄さんの釣鉤を交換して、私が海で、兄さんが山で仕事をしてみませんか?」と提案した。
 何度提案しても海幸彦は首を縦に振らなかったが、山幸彦があまりにうるさくいうので、根負けして山幸彦に釣鉤を貸すことになった。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について