目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

198 / 239ページ

一二章 七〇七年八月 3

 「笠沙の御碕(かささのみさき)に立たせるというのはどうだろう。ニニギはそこで、阿多隼人の娘に出会う。二人の間に子供が三人生まれることにし、そのうちの長子と三男に隼人の役とヤマトの役を配して、西南日本の地を巡る隼人族とヤマト王権との攻防を物語るという筋立てにする。
 このくだりを利用して、一つ決めておきたいことがある。それは天皇の寿命を有限にする時点だ。古事語の創作を開始した時、神々は死なない、皇祖神も生き続ける、ただしこの神々に直接つながるその後の天皇たちの命は有限にするという設定でストーリーをスタートさせた。しかし当時はまだ天皇の寿命をどこで無限なものから有限なものに切り替えるか決めてなかったんだ。それをここにしてはどうだろう。
 寿命を持つのは、高天原から葦原中国の高千穂の霊峰に降り立った皇祖神の次の世代からにする。そう、ニニギノ命が地上で最初の配偶者を選び、子供を誕生させる、その子供たちが何かの理由で、有限の寿命を持つようになったとしたいんだ。でもどんな手がいいかなあ」
 「そうですね。二人の娘を用意する。一方と結婚するとこれまでのように無限の寿命を持つ子が生まれる。もう一方を配偶者にすると有限の寿命を持つ子が生まれる。ニニギノ命はそれを知らずに自分の気持ちのままに一方を選ぶ。その結果、子孫の寿命がことごとく限りあるものになるという筋立てはどうでしょうか」


一二章 七〇七年八月 4

 「そのアイデアを生かすと、こんな展開になる……」

 

 〈ヒコホノニニギノ命が阿多隼人の国を訪れた時、笠沙の御碕で美しい乙女に出会った。
 「誰の娘か?」と尋ねた。
 少女が答えるには「私は大山津見神(おほやまつみのかみ)の娘で、名は神阿多都比売(かむあたつひめ)、別名を木花乃佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)と申します」
 そこでさらに、「そなたには姉妹があるのか?」こう尋ねると、
 「私には石長比売(いはながひめ)という姉がおります」こう答えた。
 ニニギノ命が「私はそなたと結婚したいと思うのだが、そなたの気持ちはどうか」
 こう尋ねたところ、「私からは何も申し上げられません。父のオホヤマツミノ神の返事をお聞きください」そう答えた。
 そこで早速オホヤマツミノ神に使いを出し、姫との結婚を申し出た。
 父神はその申し出を聞いて喜び、数え切れないほどの台を用意し、そこに結納の品々をうずたかく載せると共に、コノハナノサクヤ姫だけでなく、姉のイハナガ姫をも添えて差し出した。
 ところがその姉の方はひどく醜い容姿をしていたので、ニニギノ命は一目見るなり怖じ気づき、父親のもとに送り返した。そして妹のコノハナノサクヤ姫だけを留めて一夜の契りを結んだ。


一二章 七〇七年八月 5

 さて姉妹の娘を送り出した父神オホヤマツミノ神である。彼は姉のイハナガ姫が返されたことを深く恥じて、次のように申し送った。
 「私が娘を二人、一緒に差し上げたのにはわけがあります。もしイハナガ姫をお選びになるならば、天つ神の御子の命は、雪が降り風が吹いても、常に岩のように永遠のものとなるように、またコノハナノサクヤ姫を選ばれれば、木の花が咲き誇るがごとく繁栄いたしますように、そして二人を一緒に選ぶなら、永遠の命と限りない繁栄の二つを手に入れられますように、そう祈念したからにほかなりません。
 ところがあなた様は、イハナガ姫を送り返し、コノハナノサクヤ姫だけをお留めになりました。それ故、これから誕生する天つ神の御子の寿命は、木の花のようにはかないものになりましょう」
 こういうわけで、今に至るまで、天皇の命は永遠ではなくなった〉

 

 「こうした展開にした上で、ヤマト王権の支配に組み込まれながらも失われることのない隼人の誇りや気概を、天孫の子を宿した木花乃佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)の言動を通して歌い上げたいんだ。こんなふうに……」


一二章 七〇七年八月 6

 〈しばらくの時が経過した後、コノハナノサクヤ姫がニニギノ命のもとを訪れ、次のように伝えた。
 「私はあなたの子を宿し、今や出産の時を迎えました。この子は天つ神の御子ですから、私一人の子として生むことはできない、そう思って申し出たのです」
 それを聞いてニニギノ命は嘲るようにいった。「何とコノハナノサクヤ姫よ、そなたは一夜の契りで孕んだというのか。それは私の子ではあるまい。きっと国つ神の子に違いない」
 するとサクヤ姫は、「私が孕んだ子がもし国つ神の子なら、お産は無事には済みますまい。でも天つ神の子なら必ずや無事に生まれることでしょう」
 こう毅然と答えると、直ちに八尋もある産殿(うぶや)を造らせ、その中に入るや内側から土を塗って戸口を塞いでしまった。そしてお産が始まると産殿に火を放ち、三柱の子を生んだ。
 火が勢いよく燃え盛った時に生まれた御子の名は火照命(ほでりのみこと)、この命は阿多隼人の豪族、阿多の君の祖神である。次に生まれた御子の名は火須勢理命(ほすせりのみこと)、その次に生まれた御子の名は火遠理命(ほをりのみこと)、またの名は天津日高日子穂穂手見命(あまつひこひこほほでみのみこと)である〉


一二章 七〇七年八月 7

 「この三柱の子のうち長男ホデリノ命を隼人役に、三男ホヲリノ命をヤマト役に仕立て、二人を戦わせるんだ。ホデリノ命を海の獲物を糧に生きる海幸彦、ホヲリノ命を山の獲物を糧に暮らす山幸彦にし、二人がお互いの生業を象徴する釣鉤(つりばり)と弓矢を交換し、相手の稼業に挑戦するというのはどうだろう」
 「ヤマト役のホヲリノ命を狩猟の民にするのは何故、どうして農耕の民にしないのですか?」
 「海と山は象徴で、それぞれが対照的な世界に住む存在だという区別をしているだけだよ。物語だからなるべくシンプルな方がいいんだ。話の展開も釣鉤を手にした山幸彦の方に焦点を合わせ、弓矢を受け取った海幸彦が山でどうだったか、うまくいったのか、いかなかったのか、そっちの首尾は省略しようと思うんだ」
 「そういうところを見ると、海に向かった山幸彦は慣れないことに挑戦して、失敗ばかりすることになるわけね」
 「よくわかったね。おまけに海幸彦から借りた大事な釣鉤をなくしてしまうという筋立てでどうだ。山幸彦は代わりの釣鉤を作らせ、それで責任を果たそうとするんだけど、海幸彦は承知しない。海幸が山幸に渡した釣鉤というのは単なる釣り具の一つではなく、狩猟・漁労・採集の民―隼人―が長い歴史の中で育んだ共同体であり、彼らが自然との相互作用の中で築き上げた生活環境なんだ。それを山幸―ヤマト―は破壊してしまった」



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について