目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

195 / 239ページ

一一章 七〇七年七月 21

 反乱を起こせば、同胞を敵に回し、同胞と闘わねばならない。闘えば自分たちだけでなく、同胞もまた苦境に立たせる結果となる。辺境に置かれた少数部族共通の悲劇だ。
 われわれが隼人の地を訪ねたのは、この反乱から三年たった七〇五年だったが、律令支配に対する彼らの不満は続き、反乱のマグマもたまっていた」
 「公民にされようとしている隼人の反乱はいくらでもまた起こりそうに見えましたし、悲劇はまた繰り返されていくような感じでした。でもそうしながら彼らも蝦夷と同様、この国の一員になっていくのでしょうね。そしてその無念の思いも忘れ去られていくことになるんだわ」
 四年に亘った列島辺境の語り旅の中で、阿礼の心に最もしみたのが、 異境の語り部たちの好意であり、彼らが語り伝えた辺境人の想いだった。阿礼の失われかけた創作意欲には再び火がともっていた。彼らの想いを伝えるエピソードをつくり、それをヨコ糸の一本にして古事語(いにしえのことがたり)の中に織り込みたい、阿礼はそう思っていたのである。
 右京西市の静かな雑踏が引き始めた。二人は立ち上がって飛鳥川に出、川伝いに南下して旧宅のある川原に向かった。


一二章 七〇七年八月 1

 一二章 七〇七年八月


 

 阿礼と由衣は飛鳥寺から北上して香具山に向かった。途中立ち寄った旧飛鳥浄御原宮にはすでに宮の原形を留めるものは何一つなかった。藤原京をつくる時、ここにあった建物はことごとく解体され、移築されたからである。遷都からは一二年がたっていて、宮殿跡は田と畑にかわっていた。二人は過ぎ去った飛鳥時代の仕事と暮らしを懐かしみながら、北に向かい香具山の頂上に立った。木立の切り払われた頂から西に目をやると、眼下に藤原京が広がっているのが見える。都城の暮らしを支える田畑はすでに畝傍山の麓近くまで迫っている。わずか一〇数年の間に飛鳥京をはるかに凌ぐ都域に変貌していた。
 そしてこの藤原京も今その寿命を迎えようとしているのである。元明女帝は亡き息子文武の意向を受け、新しい都城の候補地選びを進めているはずだ。恐らく、移転先は列島各地を結ぶ水上交通と陸上交通の連絡がよく、河川の治水や灌漑施設が行き届き、大和盆地の中ですでに最も豊かな農耕集落となっている平城(なら)の地に落ち着くのではないか。いずれにしても遷都になれば、今見てきた飛鳥京のように、眼下の建造物はそのほとんどが解体され、新都に移築されてしまう。都城の跡は水田にかえられることだろう。そんなことを想像しながら、阿礼は由衣に視線を向けた。


一二章 七〇七年八月 2

 「当初の計画では、大国主神による国譲りがなり、天照大御神の孫が葦原中国に降る天孫降臨を最後にして上つ段を終え、次は旧記にそう形で中つ段に入る。そう考えていた。そして中つ段の最初の語りとして初代天皇神武が兄と共に日向から大和の地へ向かう東遷(東征)物語を準備していたんだが、この天孫降臨と東征物語の間に、旅で出会った蝦夷と隼人をモデルにした話を挿入してみようと思うんだ。両方だと長くなりすぎるから一つにまとめて、舞台は隼人の地、西南日本にする」
 「隼人の地を選ぶ理由は?」
 「先にアマテラスの孫、ヒコホノニニギノ命の天降り先を竺紫の日向の高千穂の霊峰にし、そこに彼が宮殿を建てて住んだという筋語りをつくったろう。あれがあるからニニギノ命のその後としてこれを語るには、西南九州を舞台にする方がいいんだ」
 「今度の旅では日向・大隅・薩摩・阿多と四つの隼人集団に出会ったけれど、全部を扱うの?」
 「いや、これも一つに絞ろう。薩摩国の最も奥、西南の先端に暮らす阿多隼人にしよう。一番世話になったのも阿多の語り部だったし、彼らの語った隼人の歴史が最も忘れがたいからだ」
 「日向に降り立ったニニギノ命を、最南の阿多隼人の国に旅させるのね?」由衣の目が輝いた。


一二章 七〇七年八月 3

 「笠沙の御碕(かささのみさき)に立たせるというのはどうだろう。ニニギはそこで、阿多隼人の娘に出会う。二人の間に子供が三人生まれることにし、そのうちの長子と三男に隼人の役とヤマトの役を配して、西南日本の地を巡る隼人族とヤマト王権との攻防を物語るという筋立てにする。
 このくだりを利用して、一つ決めておきたいことがある。それは天皇の寿命を有限にする時点だ。古事語の創作を開始した時、神々は死なない、皇祖神も生き続ける、ただしこの神々に直接つながるその後の天皇たちの命は有限にするという設定でストーリーをスタートさせた。しかし当時はまだ天皇の寿命をどこで無限なものから有限なものに切り替えるか決めてなかったんだ。それをここにしてはどうだろう。
 寿命を持つのは、高天原から葦原中国の高千穂の霊峰に降り立った皇祖神の次の世代からにする。そう、ニニギノ命が地上で最初の配偶者を選び、子供を誕生させる、その子供たちが何かの理由で、有限の寿命を持つようになったとしたいんだ。でもどんな手がいいかなあ」
 「そうですね。二人の娘を用意する。一方と結婚するとこれまでのように無限の寿命を持つ子が生まれる。もう一方を配偶者にすると有限の寿命を持つ子が生まれる。ニニギノ命はそれを知らずに自分の気持ちのままに一方を選ぶ。その結果、子孫の寿命がことごとく限りあるものになるという筋立てはどうでしょうか」


一二章 七〇七年八月 4

 「そのアイデアを生かすと、こんな展開になる……」

 

 〈ヒコホノニニギノ命が阿多隼人の国を訪れた時、笠沙の御碕で美しい乙女に出会った。
 「誰の娘か?」と尋ねた。
 少女が答えるには「私は大山津見神(おほやまつみのかみ)の娘で、名は神阿多都比売(かむあたつひめ)、別名を木花乃佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)と申します」
 そこでさらに、「そなたには姉妹があるのか?」こう尋ねると、
 「私には石長比売(いはながひめ)という姉がおります」こう答えた。
 ニニギノ命が「私はそなたと結婚したいと思うのだが、そなたの気持ちはどうか」
 こう尋ねたところ、「私からは何も申し上げられません。父のオホヤマツミノ神の返事をお聞きください」そう答えた。
 そこで早速オホヤマツミノ神に使いを出し、姫との結婚を申し出た。
 父神はその申し出を聞いて喜び、数え切れないほどの台を用意し、そこに結納の品々をうずたかく載せると共に、コノハナノサクヤ姫だけでなく、姉のイハナガ姫をも添えて差し出した。
 ところがその姉の方はひどく醜い容姿をしていたので、ニニギノ命は一目見るなり怖じ気づき、父親のもとに送り返した。そして妹のコノハナノサクヤ姫だけを留めて一夜の契りを結んだ。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について