目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

189 / 239ページ

一一章 七〇七年七月 15

 国司はそれぞれ自らが統治する国に接する蝦夷の地に柵を設置し、配下の一員を城司として常駐させた。城司は東国の軍団から徴発された鎮兵と服属した蝦夷で編成された浮軍(ふぐん)の指揮、移民(柵戸・きのへ)の保護、さらには城柵に朝貢してくる蝦夷に対する饗応や禄の支給などの任務に当たった。
 このような形で城柵ができ上がると、蝦夷たちはここに獣皮・昆布・塩干物などの産物を貢納にやってくる。その返礼として城司は宴会を催し、鉄器・絹織物・米などの物資、さらには位階や夷姓(いせい)などの禄を授けた。こうした朝貢的な支配関係をベースに、両者の間には互酬的な交易がにぎやかに展開していく。
 そうした動きに合わせるように、東国から柵戸が入り込み、城柵を中心に田畑が広がり、郡ができ上がっていく。律令国家はこうした柵と郡を次々と設置して、日本海側・太平洋側の蝦夷を地方支配のもとに組み込んでいったんだ」
 「私たちが蝦夷国にいた二年間はその真っ最中だったのですね」
 「この柵と郡の設置によって、現地住民の生活環境はもう元には戻せないほどにかわってしまっていた。その生き方にも大きな変更が迫られていた。由衣が感じたように、彼らの心の中には野生への回帰と文明への同化がせめぎ合って鬱屈がたまっていた。それがたまりにたまれば、蝦夷たちはこれからも反乱を組織するかもしれない。しかし反乱はそれがどれほど大きなものになっても、間違いなく制圧されてしまうだろう。そして蝦夷は、好むと好まざるとにかかわらず北辺の日本人になっていくことだろう」


一一章 七〇七年七月 16

 「私もそう思います。隼人も同じね」
 「日向・大隅・薩摩の三国にまたがる西南日本は、本州で最も高温多湿の常緑広葉樹林帯に属している。はるかな昔からうっそうと茂るカシ・シイ・クスなどの照葉樹の森は豊かな植物資源と同時に、多様な動物種を育んできた。北流して薩摩半島で二つに分かれる黒潮も西南の海岸地帯に豊富な海洋資源をもたらした。こうした豊かな自然の恵みを求めて、早くから狩猟・漁労・採集の民がこの地に移り住んだ。その中に後に隼人と呼ばれることになる人々の祖先もいた。彼らが西南の地に分散定住したのが、前一〇世紀ごろだという」
 「ずいぶん長い歴史があるのね」
 「照葉樹林を生活の主舞台に選んだ人々は、イノシシ・シカ・ウサギ・サルなどの獣類、キジ・カモなどの鳥類をとった。海岸に接した地を選んだ人々は、スズキ・ボラ・クロダイなどの内湾魚、サメ・サワラ・シイラなどの外洋魚をねらった。そしていずれの先住隼人もドングリ・シイなどの堅果類、クズ・ヤマノイモなどの野生イモ類、野イチゴ・山ブドウ・アケビなどの漿果類を採集すると同時に、それとアワ・ヒエ・キビなどの畑作を組み合わせた生活を展開していたんだ。


一一章 七〇七年七月 17

 そうした生活が一五〇〇年ほど続いた四・五世紀に大きな変化が訪れる。水田稲作農耕が九州北部や中部から南下して、彼らの生活圏に及んでくるからね。先住隼人は狩猟・漁労・採集生活の中に、この新しい生活様式を取り入れようとした。それができないところもあったけどね。九州南部のかなりの範囲を占めるシラス台地だ」
 「ええ、火山が噴き出した灰が山と山の間に堆積してつくりだした平坦な大地で、地味に乏しく、雨が降れば崩壊し、乾燥すればかたまりとなる厄介な一帯だと教えられました」
 「この火山灰地は稲作水田にかえることはできなかった。人々は稲作に適した平野を選び、そこを拓いて水田を増やしていったんだ。
 この水田耕作は隼人の社会に新たな恵みをもたらした。それを加えて豊かな狩猟・漁労・採集生活を築いたのが宮崎平野を拠点にした日向(ひゅうが)隼人、志布志湾に面する肝属(きもつき)川流域と国分(こくぶ)平野を本拠にした大隅(おおすみ)隼人、川内(せんだい)川の上・下流域を拓いた薩摩(さつま)隼人、そして大口(おおくち)盆地・万ノ瀬(まんのせ)川流域に居住した阿多(あた)隼人だった。
 六世紀代、倭王権はこれら西南の隼人に目を付け、服従化政策を開始する。ここで王権が服従の証として求めたのが朝貢だった。


一一章 七〇七年七月 18

 隼人たちにはその要求を拒む力はなかった。彼らは西南の方物を携えてはるばる飛鳥京まで出向き、服属儀礼をしたり、朝廷で相撲を献上したりした。
 さらに倭王権は隼人の首長の一族や子弟などを大王の近習として貢上させた。近習隼人は武力集団として大王の護衛に当たると同時に、大王が亡くなるとその殯宮や陵墓の守護・守衛の役割を与えられた。
 壬申の乱を経て天武が律令体制の整備を始めるころになると、王権による隼人支配は一段と強化され、隼人の内属化が加速する。隼人を近畿周辺に移住させる政策が取られるようになるんだ。
 移住政策の対象となったのは大隅隼人と阿多隼人で、目的は在地の勢力を分断し、大隅と阿多の統治をしやすくするところにあった。特に阿多隼人の場合は際立っていて、彼らの本流が近畿に移動させられ、畿内隼人となった」
 「畿内隼人は隼人司(はやとのつかさ)と呼ばれる役所に所属させられて天皇の守護に当たったり、朝議に参列したり、行幸に供奉(ぐぶ)したりする役目をしていますね。山背国の木津川・宇治川や、大和国の紀の川・吉野川沿いの交通の要衝に警備役として配置されたり、隼人司で歌舞の教習を受けて、外国の使節団が入朝した時に隼人舞を奏したり舞ったりする役目を負わされた人たちもいて、その人々を私もよく目にします」


一一章 七〇七年七月 19

 「七〇一年の大宝律令の制定は、西南九州の民にさらなる試練を与えた。朝廷が隼人の地を律令国家に属する地方にかえ、彼らを公民にしようとしたからだ。やり方は蝦夷の場合と同様、城柵を築き、そこに移民、すなわち柵戸(きのへ)を送り込む方式だった。日向・大隅隼人の地に派遣されたのは豊国(豊前・豊後)の移民、薩摩・阿多隼人の地に配属されたのは肥後の柵戸だった。移民は平時は農耕技術者であり、緊急時には守備兵となって城柵づくりを支えた。
 律令国家はこうした城柵を拠点に隼人に水田をつくらせ、彼らを化外の民から化内の農耕民にかえ、里の数を増やし、郡を新設しつつ日向国・大隅国・薩摩国を編成していこうとした。
 しかし西南日本の自然環境が生んだ狩猟・漁労・採集生活を捨て、その母体となった照葉樹林を田畑にかえ、生活のリズムを変更していくのは容易なことではなかった。何よりも苦痛だったのは、共同体の解体を余儀なくされることだった。
 それまで隼人は首長を中心とする共同体の成員として生きてきた。自分たちの土地を共同体の所有地にし、自治的な生活を営んできた。それを否定されたんだ。中央政府から派遣された役人によって戸ごとに姓名・性別・年齢が記帳された。それに基づいて口分田の支給が行われたが、同時に租・調・庸・雑徭(労役負担)・兵士役など実にさまざまな負担が課せられるようになった。内地人にとっても辛いこうした負担は、にわかに公民にされた隼人にはとりわけ重く感じられたはずだ。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について