目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

183 / 239ページ

一一章 七〇七年七月 9

 両文化の間には互いの収穫物や道具類を交易するための拠点となる、集落のネットワークも形成されていった。五―六世紀にかけて、蝦夷たちはこの交易ネットワークを介し、倭人文化を盛んに自分たちの暮らしの中に取り入れたんだ。中には限りなくそっちに傾斜するグループも現れた。東北中部や越国北部の蝦夷たちだった。その人たちはその主要生計戦略を狩猟・漁労・採集から水田稲作にかえ、倭人化への道を歩んでいく」
 「倭人化していく人たちはそんなに多くはなかったのでしょう?」
 「そう、ほとんどの蝦夷集団は、祖先から受け継いだ基本生計戦略を維持しながら、倭人の生活形態を一部だけ取り入れ、それと狩猟・漁労・採集生活を組み合わせ、自らの生活様式を変革させていった。蝦夷は倭人から馬具と共に馬を繁殖・飼育・調教する技術、馬飼(うまかい・牧馬)を導入した。馬の使用は蝦夷の移動・運搬能力を飛躍的に高めた。馬飼は東北北部の風土や蝦夷の生活様式にかなっていたのだろう。この技術は彼らの主要産業の一つとなり、蝦夷の地は名馬の産地となっていく。
 さらに彼らは鉄の矢じりや鉄製の小刀・刀・斧を取り入れ、狩猟・漁労技術、収穫物の加工技術を飛躍的に向上させた。その中で際立ったのが鉄製の矢じりを使用した弓矢の技術と騎馬の一体化だった。彼らはこの技術を日常の生業に取り入れていく。


一一章 七〇七年七月 10

 こうした北の文化と南の文化の融合は蝦夷の生活を豊かにし、交易のネットワークに流通する諸産物の質を向上させ、量を拡大させた。倭人たちとの交易も盛んになり、北の異相・異俗の住民たちの存在は少しずつ大きくなっていった」
 「いつごろのことなのですか?」
 「六世紀中ごろ、列島各地で国譲り、つまり国造化が大きく進展し始めたころだ。この時までに王権にとって実利を伴う交易相手となっていた彼らは、国造制の埒外にある化外の民として王権支配の対象となる。倭政権は時には恩恵を与えることによって、時には武力によって各地の蝦夷集団を服属させて、飛鳥京への入朝を促す政策を取るんだ。
 服属した蝦夷の族長ははるばる王宮まで来朝して調(みつき)を貢納し、王権ならびにその祖先神や守護神にまで忠誠を誓う。もちろんその見返りも小さくはなかった。朝貢してきた蝦夷は王権が主催する大掛かりな饗宴を受け、得がたい位階や持ちきれないほどの贈り物(絹織物・綿織物・鉄製農具・武器など)をもらった。
 この蝦夷政策は大化の改新後さらに強化される。改新政権は蝦夷の居住地域、西の越国と東の陸奥国に柵(き)あるいは城柵(じょうさく)と呼ばれる拠点を設置していくんだ。柵は木柵(もくさく)・築地(ついじ)・濠などの防御施設で囲まれた一種の城で、内側には官衙(かんが)があり、兵舎があった。倭人と蝦夷の交易拠点であったが、東国や北陸などから組織的に送られた移民、柵戸(きのへ)の居留拠点でもあった。そしてそれは当然のことながら蝦夷征討の前進基地の役割も持っていたんだ」


一一章 七〇七年七月 11

 「越国には柵が二つ設置されたと聞かされましたが?」
 「六四七年の渟足柵(ぬたりのき・新潟市付近)と六四八年の磐船柵(いわふねのき・村上市付近)で、ここには越と信濃の住民が移民として送られたらしい。斉明期になると、こうした城柵を足がかりにしながら、さらに積極的な蝦夷政策が展開される。
 斉明朝は六五八年から六六〇年まで、三年連続して北方遠征を敢行した。北征軍を率いたのは越国守(こしのくにのかみ)、阿倍引田臣比羅夫(あへのひけたのおみひらふ)だった。比羅夫は六五八年四月の第一回北方遠征で一八〇艘の船団を率いて飽田(あきた・秋田)に向かった。水先案内をしたのはすでに服属していた津軽の蝦夷だった。記録によれば、比羅夫は彼らの助けを借りて飽田と渟代(ぬしろ・能代)の蝦夷を降服させ、さらに渡嶋(わたりのしま・渡島半島)の蝦夷を津軽半島に招いて饗応し帰還している。
 翌六五九年三月の第二回北征では、飽田・渟代・津軽・胆振鉏(いぶりさえ・道南)の蝦夷数百人を一堂に会させて饗応し禄を授けている。さらに翌六六〇年三月の三回目の北征では陸奥の蝦夷を水先案内にして北海道に渡り、粛慎(あしはせ)という未知の民族を降伏させている。
 こうして斉明期には本州最北の蝦夷だけでなく、北海道渡嶋の蝦夷や未知の民族粛慎までを服属させ、はるか倭京(やまとのみやこ)まで来朝させるんだ」


一一章 七〇七年七月 12

 「来朝した化外の民の服属儀礼はどういうところで行われたの?」
 「場所は政権ごとに違っていた。敏達期は王宮近傍の河原を舞台にしたが、推古朝からは王宮の朝庭にかわった。そして斉明期には特別の場所が準備された。飛鳥寺の北西、飛鳥川との間にある石神(いしがみ)広場だ。
 六五六年、斉明女帝は前年焼失した飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)の上に新王宮、後飛鳥岡本宮(のちのあすかおかもとのみや)を建設した折に、周囲の再開発を進めて飛鳥京を一新させた。その一環として整備されたのが、甘樫丘から西に見下ろせる石神広場なんだ。天武期になってから撤去されてしまったが、当時この広場には須弥山(しゅみせん)像があった。毎年この像を中心に数百人の蝦夷が集められ、倭王権への忠誠を、天神地祇(てんしんちぎ)・天皇霊など王権の守護神に誓う儀式が行われた。これによって王権は王都に集まった内外の人々に、倭国の統一が進み、大王の支配する世界が本州の北辺まで及んでいること、大王の権威はそこに居住する異形・異相の化外の民を従えるまでに高まっていることを伝えようとした」
 「そのねらいは十分に達成されたはずですね」
 「斉明王朝は王権の充実ぶりを国内だけでなく、海外にも示そうと、六五九年の遣唐使に蝦夷の男女二人を同道させている。この時使節団は二人を唐の皇帝高宗に謁見させ、この者たちは毎年定期的に倭国に朝貢する蝦夷国の代表だと紹介している。


一一章 七〇七年七月 13

 これによって斉明朝は、倭国もまた蝦夷という北夷を朝貢国として従える帝国であることを主張しようとした。この政治的演出が実際唐の対倭国政策に影響を与えたかどうかはわからない。でも倭国の側はそれに効果があると信じた」
 「そう期待するほど、服属した蝦夷は当時の倭王権にとって大きな存在だったのですね」
 「こうして蝦夷は歴代の王権によって倭国の統一、国際的地位の向上に重要な役割を割り振られ、実際その役を王権に服属することによって果たしてきた。しかしその経緯は決して生易しいものではなかった。同胞が相食む悲劇が繰り返されてきたんだ。
 倭王権の不当な蝦夷政策が続き、それを背景にした柵役人の理不尽な要求が重なると、蝦夷は立ち上がって反乱を起こした。そういう時の蝦夷の戦闘能力は高かった。東北北部人は狩猟と馬飼を主要な生業としてきたからね。彼らはその生業で鍛え上げた弓矢の技術と騎馬の技術を一体化させた弓馬戦で柵を襲撃した。
 この蝦夷反乱の制圧に動員されたのが、他部族の蝦夷だったんだよ。柵には中央から派遣された武官、東国の下総・下野(しもつけ)・常陸などから送られた鎮兵が常駐していたが、彼らには蝦夷の反乱軍を撃退する力はなかった。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について