目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

180 / 239ページ

一一章 七〇七年七月 6

 「二つの地域で今進められている国づくりに対しても、人々の思いにはどこか釈然としない、承服しがたいものがあるように感じられてならなかったの。
 蝦夷の地へは北上川から、隼人の地へは球磨川から入りましたよね。どちらの地でも大掛かりな城柵の建設が進み、周囲には内地と同じように水田と畑地が広がっていました。その代わり東北北部人の暮らしを支えてきたはずのナラ・ブナ林、西南九州人の生活の母体であったはずのカシ・シイ林はどれも無残な切られ方をしていたわ。訪ねた城柵の役人たちは横柄だったし、移住してきた内地植民者たちもわがもの顔でした。現地住民は本当は主であるはずなのに、国づくりからはずされている感じが強くしたのです。
 それだけではなかったわ。人々の表情に何か大きな迷いがある。祖先から受け継いだ豊かな自然の恵みに依存する生活の代わりに、大地に這いつくばる生活をしていること、自立性の高い部族社会を完全に捨てて、律令国家の統治下にある地方社会にかわっていってしまうことへの迷い」
 「由衣のいう通りだ。えみしやはやとの人々の顔には、われわれにない彫の深さや目鼻立ちの濃さが生み出す独特の勇猛さ、精悍さがあるが、普段はそれが寡黙な表情や穏和な微笑で隠されている。でも何かのはずみで鋭い目つきと共にこれがむき出しになる様子を見た。それを見ると、この人々は国司に対しても、それを派遣した律令国家に対しても心を許していないという気がした。


一一章 七〇七年七月 7

 いや水田農耕を基本とする生活様式、それを前提とした律令国家の公民になることをいさぎよしとしてはいないぞ、何かがあればかつての野生の民に立ち戻るぞ、そういう意志を秘めている印象を強くしたね。
 ただ同時にあきらめの色も浮かんでいたと思う。反乱を起こしたって、たちどころに制圧されると思っている。さらに自分たちは、内地の暮らし振りの味を知ってしまって、もうそれを手放すことはできないのではないかとも感じている。そうした現地の民の思いを代弁してくれたのが、かの地で世話になった語り部たちだった。彼らは一族が語り継いできた伝承と合わせて、それを語ってくれた。私のような中央からきた旅のよそ者に」
 「それはあなたが同じ語り部だったからでしょう。しかもあなたは現地の言葉の習得に本当に真剣だった。たちまちのうちに二つとも聞いて話すことができるようになったわね」
 「それも彼らのおかげだよ。いずれも諸部族に伝わる英雄叙事詩を語らせたら、見事な語り手ばかりだったが、あの人たちは、自分たちの言葉をどう使ったら私が理解できるか、どうつなげたらしゃべることができるようになるか、いつも気を配っていた。語り言葉に対する彼らの類まれなセンスがなかったら、現地語の習得はなかった。ましてや日本列島の北辺と南辺の事情を知ることは不可能だった。律令国家の側にも記録があるけど、それはあまりにもわずかで、しかも王権を中心に編集されたものだからね」


一一章 七〇七年七月 8

 「現地の言い伝えと、王権側の記録を比べ合わせてみると、二つの世界がたどった歴史はあなたの目からはどんなふうになるのかしら?」
 「本州東北北部ははるかな昔からブナやミズナラを中心とする冷温帯の落葉広葉樹林が広がり、その自然の恵みに依存する狩猟・漁労・採集民の生活舞台だった。この地における狩猟・漁労・採集の歴史は長く、住民の源流ははるか一万年前までさかのぼれるが、蝦夷と呼ばれた人々の直接の祖先は、最初北海道にいたらしい。その彼らが気候が寒冷化した三―四世紀ごろに、先住の北海道を出て、東北地方に渡ってきたという。
 彼らはこの新天地で、先住の地で築き上げた獲得経済をベースに多様な暮らしを展開した。丸木弓と石の矢じりを使ったイノシシ・シカ・カモシカ・クマなどの狩猟、マス・サケなど遡上魚のヤナ漁、釣針や銛を使用するマダイ・マグロ・カツオ・スズキなどの外洋魚漁、ウバユリ・クズなどの野生イモ類の採集。
 そうした生活を展開しながら彼らはこの移住地で、自分たちのものとは全く異なる生活様式に遭遇したんだ。東北地方中部まで北進してきた倭人による、水田稲作を基本生計戦略とする暮らしだった。二つの異なる生活様式はそれぞれ引き合った。互いが持てる物と持たざる物を融通し合うことによって、双方の生活がより豊かになる可能性を秘めていたからだ。


一一章 七〇七年七月 9

 両文化の間には互いの収穫物や道具類を交易するための拠点となる、集落のネットワークも形成されていった。五―六世紀にかけて、蝦夷たちはこの交易ネットワークを介し、倭人文化を盛んに自分たちの暮らしの中に取り入れたんだ。中には限りなくそっちに傾斜するグループも現れた。東北中部や越国北部の蝦夷たちだった。その人たちはその主要生計戦略を狩猟・漁労・採集から水田稲作にかえ、倭人化への道を歩んでいく」
 「倭人化していく人たちはそんなに多くはなかったのでしょう?」
 「そう、ほとんどの蝦夷集団は、祖先から受け継いだ基本生計戦略を維持しながら、倭人の生活形態を一部だけ取り入れ、それと狩猟・漁労・採集生活を組み合わせ、自らの生活様式を変革させていった。蝦夷は倭人から馬具と共に馬を繁殖・飼育・調教する技術、馬飼(うまかい・牧馬)を導入した。馬の使用は蝦夷の移動・運搬能力を飛躍的に高めた。馬飼は東北北部の風土や蝦夷の生活様式にかなっていたのだろう。この技術は彼らの主要産業の一つとなり、蝦夷の地は名馬の産地となっていく。
 さらに彼らは鉄の矢じりや鉄製の小刀・刀・斧を取り入れ、狩猟・漁労技術、収穫物の加工技術を飛躍的に向上させた。その中で際立ったのが鉄製の矢じりを使用した弓矢の技術と騎馬の一体化だった。彼らはこの技術を日常の生業に取り入れていく。


一一章 七〇七年七月 10

 こうした北の文化と南の文化の融合は蝦夷の生活を豊かにし、交易のネットワークに流通する諸産物の質を向上させ、量を拡大させた。倭人たちとの交易も盛んになり、北の異相・異俗の住民たちの存在は少しずつ大きくなっていった」
 「いつごろのことなのですか?」
 「六世紀中ごろ、列島各地で国譲り、つまり国造化が大きく進展し始めたころだ。この時までに王権にとって実利を伴う交易相手となっていた彼らは、国造制の埒外にある化外の民として王権支配の対象となる。倭政権は時には恩恵を与えることによって、時には武力によって各地の蝦夷集団を服属させて、飛鳥京への入朝を促す政策を取るんだ。
 服属した蝦夷の族長ははるばる王宮まで来朝して調(みつき)を貢納し、王権ならびにその祖先神や守護神にまで忠誠を誓う。もちろんその見返りも小さくはなかった。朝貢してきた蝦夷は王権が主催する大掛かりな饗宴を受け、得がたい位階や持ちきれないほどの贈り物(絹織物・綿織物・鉄製農具・武器など)をもらった。
 この蝦夷政策は大化の改新後さらに強化される。改新政権は蝦夷の居住地域、西の越国と東の陸奥国に柵(き)あるいは城柵(じょうさく)と呼ばれる拠点を設置していくんだ。柵は木柵(もくさく)・築地(ついじ)・濠などの防御施設で囲まれた一種の城で、内側には官衙(かんが)があり、兵舎があった。倭人と蝦夷の交易拠点であったが、東国や北陸などから組織的に送られた移民、柵戸(きのへ)の居留拠点でもあった。そしてそれは当然のことながら蝦夷征討の前進基地の役割も持っていたんだ」



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について