目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

178 / 239ページ

一一章 七〇七年七月 4

 そして東北北部人については、彼らの濃くて長い髭、密集した体毛という身体的特徴から毛人、あるいはそれを象徴的に表す蝦(えび)という字を当てて蝦夷と表記し、いずれもエミシと読ませた。さらにはヤマト政権に帰服し、稲作を始めたグループを熟蝦夷(にぎえみし)、帰順を拒み旧来の生活を固持し続ける集団を荒蝦夷(あらえみし)と呼んで区別したんだ」
 「あら、だとしたら、西南九州人が以前クマソと呼ばれたのは、クマに似ていたからなの?」
 「姿かたちではないが、彼らが得意としたゲリラ戦を形容する当て字が使われたんだ。元々は球磨(くま・肥後南部人吉)から贈於(そう・大隅志布志湾)の間に住む西南の民としてクマソと呼ばれていたが、六世紀代、そのクマソはヤマト朝廷軍の正規兵と戦う時に、自分たちがよく知りつくしている山間部に敵を誘い込み、密集した草木にひそませた伏兵を駆使して逆襲した。朝廷軍から見れば、その様子はまるで藪にひそんだ野生の熊に急襲されるようだった。その恐怖の様をクマソに重ね、熊襲(くまそ)という当て字をつくりだしたんだ」
 「その熊襲がどうして隼人という呼び名にかわったのでしょう?」
 「隼人と呼ばれるようになったのは七世紀のことらしい。そのころ、戦闘における彼らの攻撃スタイルが大きくかわったからだ。彼らは平地に展開した敵を丘陵部から急襲する戦法を開発した。その様はまるで空中から急降下して獲物を襲う猛禽類、ハヤブサのようで、急襲を受ける朝廷軍から見れば実に狡猾で油断のならぬ存在だった。そのイメージが膨らんで、大和人は熊襲を、隼人という名に呼びかえて行くんだ」


一一章 七〇七年七月 5

 「そうやって大和王権は列島北縁部の住民を毛人・蝦夷、南縁部の部族を熊襲・隼人と呼び、王化に浴していない異相・異俗の化外の民とする差別政策を取って支配していったわけですね。毛人・蝦夷、熊襲・隼人は蔑称だということ?」
 「うーん、でもこういう名称はまた別の一面を持ってもいるんだ。倭王権が差別政策と同時に、中国の国家づくりに倣い、徳治主義に基づく同化政策を採用したからなんだ」
 「徳治主義?」
 「天下を為政者の徳によって治めることを理想とする中国独特の統治原理で、王権はこれを倭国と蝦夷・隼人との関係に取り入れた。大王のもとに朝貢してくる蝦夷・隼人は大王の徳を慕って来朝した者とみなし、大王は彼らに徳を及ぼそうとした。来朝の返礼として宴会を催したり、身分や位階を与えたり、土産を用意したりして相手を感化する同化政策をとったんだ。そこでは彼らは勇者として遇されたから、その限りでは毛人・蝦夷、熊襲・隼人は尊称だったんだよ」
 「そうして見ると、差別政策による蔑称、同化政策による尊称の二つの側面を持っているんですね」
 「でも蔑称の要素の方が大きかっただろうね。倭王権の北縁・南縁政策が支配である以上、同化政策が差別を越えることはなかったはずだもの。支配は六世紀、七世紀と二〇〇年も続いてるんだ。そうした中で使われた用語だとすれば、東北北部人・西南九州人がそれに対して複雑な感情を持っていたのは当然すぎるほど当然なんだよ」


一一章 七〇七年七月 6

 「二つの地域で今進められている国づくりに対しても、人々の思いにはどこか釈然としない、承服しがたいものがあるように感じられてならなかったの。
 蝦夷の地へは北上川から、隼人の地へは球磨川から入りましたよね。どちらの地でも大掛かりな城柵の建設が進み、周囲には内地と同じように水田と畑地が広がっていました。その代わり東北北部人の暮らしを支えてきたはずのナラ・ブナ林、西南九州人の生活の母体であったはずのカシ・シイ林はどれも無残な切られ方をしていたわ。訪ねた城柵の役人たちは横柄だったし、移住してきた内地植民者たちもわがもの顔でした。現地住民は本当は主であるはずなのに、国づくりからはずされている感じが強くしたのです。
 それだけではなかったわ。人々の表情に何か大きな迷いがある。祖先から受け継いだ豊かな自然の恵みに依存する生活の代わりに、大地に這いつくばる生活をしていること、自立性の高い部族社会を完全に捨てて、律令国家の統治下にある地方社会にかわっていってしまうことへの迷い」
 「由衣のいう通りだ。えみしやはやとの人々の顔には、われわれにない彫の深さや目鼻立ちの濃さが生み出す独特の勇猛さ、精悍さがあるが、普段はそれが寡黙な表情や穏和な微笑で隠されている。でも何かのはずみで鋭い目つきと共にこれがむき出しになる様子を見た。それを見ると、この人々は国司に対しても、それを派遣した律令国家に対しても心を許していないという気がした。


一一章 七〇七年七月 7

 いや水田農耕を基本とする生活様式、それを前提とした律令国家の公民になることをいさぎよしとしてはいないぞ、何かがあればかつての野生の民に立ち戻るぞ、そういう意志を秘めている印象を強くしたね。
 ただ同時にあきらめの色も浮かんでいたと思う。反乱を起こしたって、たちどころに制圧されると思っている。さらに自分たちは、内地の暮らし振りの味を知ってしまって、もうそれを手放すことはできないのではないかとも感じている。そうした現地の民の思いを代弁してくれたのが、かの地で世話になった語り部たちだった。彼らは一族が語り継いできた伝承と合わせて、それを語ってくれた。私のような中央からきた旅のよそ者に」
 「それはあなたが同じ語り部だったからでしょう。しかもあなたは現地の言葉の習得に本当に真剣だった。たちまちのうちに二つとも聞いて話すことができるようになったわね」
 「それも彼らのおかげだよ。いずれも諸部族に伝わる英雄叙事詩を語らせたら、見事な語り手ばかりだったが、あの人たちは、自分たちの言葉をどう使ったら私が理解できるか、どうつなげたらしゃべることができるようになるか、いつも気を配っていた。語り言葉に対する彼らの類まれなセンスがなかったら、現地語の習得はなかった。ましてや日本列島の北辺と南辺の事情を知ることは不可能だった。律令国家の側にも記録があるけど、それはあまりにもわずかで、しかも王権を中心に編集されたものだからね」


一一章 七〇七年七月 8

 「現地の言い伝えと、王権側の記録を比べ合わせてみると、二つの世界がたどった歴史はあなたの目からはどんなふうになるのかしら?」
 「本州東北北部ははるかな昔からブナやミズナラを中心とする冷温帯の落葉広葉樹林が広がり、その自然の恵みに依存する狩猟・漁労・採集民の生活舞台だった。この地における狩猟・漁労・採集の歴史は長く、住民の源流ははるか一万年前までさかのぼれるが、蝦夷と呼ばれた人々の直接の祖先は、最初北海道にいたらしい。その彼らが気候が寒冷化した三―四世紀ごろに、先住の北海道を出て、東北地方に渡ってきたという。
 彼らはこの新天地で、先住の地で築き上げた獲得経済をベースに多様な暮らしを展開した。丸木弓と石の矢じりを使ったイノシシ・シカ・カモシカ・クマなどの狩猟、マス・サケなど遡上魚のヤナ漁、釣針や銛を使用するマダイ・マグロ・カツオ・スズキなどの外洋魚漁、ウバユリ・クズなどの野生イモ類の採集。
 そうした生活を展開しながら彼らはこの移住地で、自分たちのものとは全く異なる生活様式に遭遇したんだ。東北地方中部まで北進してきた倭人による、水田稲作を基本生計戦略とする暮らしだった。二つの異なる生活様式はそれぞれ引き合った。互いが持てる物と持たざる物を融通し合うことによって、双方の生活がより豊かになる可能性を秘めていたからだ。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について