目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

176 / 239ページ

一一章 七〇七年七月 2

 都は二人が旅に出た四年前には想像もできなかったほどの変貌を遂げ、建物が無数に立ち並び、人口も五万に達していた。しかし藤原京の発展はここまでだったのである。律令国家による大和盆地の開発が進み、水田地帯が耳成山からさらに北の、山背国との境に位置する平城山(ならやま・奈良山)丘陵に向かって広がっていて、大和には新しい中心が求められていた。同時に律令政府は今まさに本州の北端と南端の開発を進めて日本国を蝦夷国と隼人国に向けて拡大し、列島の新たな中心を必要としていたからである。
 遷都を告げられた藤原京に活気が感じられるはずがなかった。活気が命であるはずの市場にまでそれが現れていた。
 律令国家は東の左京、西の右京に一つずつ官市を置き、全国から集めた貢納物の交換を大規模に進めてきた。二人が旅だったころには市の指定された行(こう・区画)に登録された行肆(こうし・常設店舗)がまばらに並んでいただけだったが、今では市行は常設店舗が軒を連ねるまでになっている。
 しかし周辺の、机を並べた案肆(あんし・仮設店舗)がひしめく一角に空白が生じている。扱われる商品も繊維製品、農・海・畜産物、日用雑貨・食品・調味料、馬具・武具、木器・土器・漆・油などここの産業や生活に欠かせないものはほぼ揃ってはいるが、どの店のどの棚も品物の陳列にスキが目立った。


一一章 七〇七年七月 3

 東市(ひがしのいち)は月の前半、西市(にしのいち)は月の後半、官市はほぼ毎日、正午から日没まで開かれてはいたが、人の出は限られ、これを呼び込む売り子の声にも心なしか威勢が感じられなかった。
 この日阿礼と由衣が訪れたのは西市だった。二人は一角にある茶店に腰を下ろし、静かな市の営みを眺めていた。
 「今度の旅で思い知らされたことの一つなんですが、北辺の住民は蝦夷(えみし)と呼ばれることに、南辺の人々は隼人(はやと)と呼ばれることに複雑な思いを持っていましたね」
 「そうだった。あれは支配者となったヤマト王権側が付けた名称だったからね。あの呼び名が使われるようになったのは、倭王権が地方の有力首長、国主を世襲の国造に任命し、彼らに中央の意向を伝えつつ地方支配をまかせる制度をつくり上げていった六世紀のことなんだ。
 この国造による地方支配制度によって、西は九州中部、東は東北南部までがヤマト政権の統一化世界、つまり化内に入ったわけだが、そこに入らなかった地域が二つだけあった。それがわれわれが訪ねた九州西南部と東北北部だった。
 この時王権は中国の華夷システムをモデルに、倭国を華、東北北部と西南九州の住民をそれぞれ化外の民、夷に位置づけて支配の手を及ばせようとした。


一一章 七〇七年七月 4

 そして東北北部人については、彼らの濃くて長い髭、密集した体毛という身体的特徴から毛人、あるいはそれを象徴的に表す蝦(えび)という字を当てて蝦夷と表記し、いずれもエミシと読ませた。さらにはヤマト政権に帰服し、稲作を始めたグループを熟蝦夷(にぎえみし)、帰順を拒み旧来の生活を固持し続ける集団を荒蝦夷(あらえみし)と呼んで区別したんだ」
 「あら、だとしたら、西南九州人が以前クマソと呼ばれたのは、クマに似ていたからなの?」
 「姿かたちではないが、彼らが得意としたゲリラ戦を形容する当て字が使われたんだ。元々は球磨(くま・肥後南部人吉)から贈於(そう・大隅志布志湾)の間に住む西南の民としてクマソと呼ばれていたが、六世紀代、そのクマソはヤマト朝廷軍の正規兵と戦う時に、自分たちがよく知りつくしている山間部に敵を誘い込み、密集した草木にひそませた伏兵を駆使して逆襲した。朝廷軍から見れば、その様子はまるで藪にひそんだ野生の熊に急襲されるようだった。その恐怖の様をクマソに重ね、熊襲(くまそ)という当て字をつくりだしたんだ」
 「その熊襲がどうして隼人という呼び名にかわったのでしょう?」
 「隼人と呼ばれるようになったのは七世紀のことらしい。そのころ、戦闘における彼らの攻撃スタイルが大きくかわったからだ。彼らは平地に展開した敵を丘陵部から急襲する戦法を開発した。その様はまるで空中から急降下して獲物を襲う猛禽類、ハヤブサのようで、急襲を受ける朝廷軍から見れば実に狡猾で油断のならぬ存在だった。そのイメージが膨らんで、大和人は熊襲を、隼人という名に呼びかえて行くんだ」


一一章 七〇七年七月 5

 「そうやって大和王権は列島北縁部の住民を毛人・蝦夷、南縁部の部族を熊襲・隼人と呼び、王化に浴していない異相・異俗の化外の民とする差別政策を取って支配していったわけですね。毛人・蝦夷、熊襲・隼人は蔑称だということ?」
 「うーん、でもこういう名称はまた別の一面を持ってもいるんだ。倭王権が差別政策と同時に、中国の国家づくりに倣い、徳治主義に基づく同化政策を採用したからなんだ」
 「徳治主義?」
 「天下を為政者の徳によって治めることを理想とする中国独特の統治原理で、王権はこれを倭国と蝦夷・隼人との関係に取り入れた。大王のもとに朝貢してくる蝦夷・隼人は大王の徳を慕って来朝した者とみなし、大王は彼らに徳を及ぼそうとした。来朝の返礼として宴会を催したり、身分や位階を与えたり、土産を用意したりして相手を感化する同化政策をとったんだ。そこでは彼らは勇者として遇されたから、その限りでは毛人・蝦夷、熊襲・隼人は尊称だったんだよ」
 「そうして見ると、差別政策による蔑称、同化政策による尊称の二つの側面を持っているんですね」
 「でも蔑称の要素の方が大きかっただろうね。倭王権の北縁・南縁政策が支配である以上、同化政策が差別を越えることはなかったはずだもの。支配は六世紀、七世紀と二〇〇年も続いてるんだ。そうした中で使われた用語だとすれば、東北北部人・西南九州人がそれに対して複雑な感情を持っていたのは当然すぎるほど当然なんだよ」


一一章 七〇七年七月 6

 「二つの地域で今進められている国づくりに対しても、人々の思いにはどこか釈然としない、承服しがたいものがあるように感じられてならなかったの。
 蝦夷の地へは北上川から、隼人の地へは球磨川から入りましたよね。どちらの地でも大掛かりな城柵の建設が進み、周囲には内地と同じように水田と畑地が広がっていました。その代わり東北北部人の暮らしを支えてきたはずのナラ・ブナ林、西南九州人の生活の母体であったはずのカシ・シイ林はどれも無残な切られ方をしていたわ。訪ねた城柵の役人たちは横柄だったし、移住してきた内地植民者たちもわがもの顔でした。現地住民は本当は主であるはずなのに、国づくりからはずされている感じが強くしたのです。
 それだけではなかったわ。人々の表情に何か大きな迷いがある。祖先から受け継いだ豊かな自然の恵みに依存する生活の代わりに、大地に這いつくばる生活をしていること、自立性の高い部族社会を完全に捨てて、律令国家の統治下にある地方社会にかわっていってしまうことへの迷い」
 「由衣のいう通りだ。えみしやはやとの人々の顔には、われわれにない彫の深さや目鼻立ちの濃さが生み出す独特の勇猛さ、精悍さがあるが、普段はそれが寡黙な表情や穏和な微笑で隠されている。でも何かのはずみで鋭い目つきと共にこれがむき出しになる様子を見た。それを見ると、この人々は国司に対しても、それを派遣した律令国家に対しても心を許していないという気がした。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について