目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

174 / 239ページ

一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8

 天武が死んで十数年、阿礼の頭には「古事語づくりは人に知られぬように……完成して書になるまで作業は全てナレの手でやれ」といった天武の言葉が強く残っていて、作品となった古事語を人前で語ることをしないできたが、各地をめぐるうちもはやその命に縛られる必要はないと思うようになった。天武が願った通りに歴史が進み、天皇を頂点とする一君万民の律令的統一国家が姿を現していたからである。そして天皇家は列島を統治する正統性を持つ唯一の存在であるという、天武が古事語に託したメッセージを人々が自然に受け入れる下地ができたと感じられるようになっていたからである。
 古事語の内容を変更する必要性がなくなったことをも、阿礼は確信するようになった。王権支配の正統性は最初から与えられているのではなく、支配者が自らに課せられた義務を果たすことによって約束される。王権継承の正当性は、支配する者がされる者との間で交わした約束を果たし続けることによって保障される。古事語にこめたこの哲理を人々はすでに十分に理解し、その実現を願う存在になろうとしている。そして人々がそれを強く求めるようになれば、王権もまたそれに従わざるを得ないはず、それによってこそ律令国家は発展のさらなる可能性を切り拓いていくのではないか、そう信じられるようになっていたからである。
 こうして古事語を聞かせる試みが、東北日本と西南九州を結ぶ新幹線道路沿いの村々で続けられていったのである。ただ二人がその最終目的地である北の蝦夷国(えみしのくに)と南の隼人国(はやとのくに)を漂泊している間はこれを中断せざるを得なかった。これら辺境でも律令国家による国づくりは進行中だったが、そこに生きる原住民に古事語が受け入れられる条件は全くといってよいほどまだ整っていなかったからである。旅の語り部とその妻は、ここではむしろそこに暮らす人々の語る言葉に耳を傾けることになった。


一一章 七〇七年七月 1

 一一章 七〇七年七月


 

 九州西南の旅を終えて都に向かっている時に、二人は持統の孫文武が他界したという報に接した。その時阿礼の脳裏を次のような想像がよぎった。文武は確か二五歳、子の首皇子(おびとのおうじ)はまだ幼いはずだ。後継は、文武の母、阿閉皇女(あへのひめみこ)になるだろう。阿閉皇女は持統の母違いの妹で、同時に持統の息子、草壁皇子の妃。彼女は姉であり姑でもある持統が歩んだ道を身近で見ていたはずだ。持統が草壁に代わって後継となり、孫の軽皇子(文武)が成人となった暁に譲位したように、阿閉皇女も来るべき首皇子への皇位継承を頭に描きながら、文武のあとを継ぐ女帝になるだろうと。
 想像通りに事態は進行した。阿礼と由衣が一か月後大和に帰還した時、藤原宮では阿閉皇女の即位式がすでに行われ、女帝元明(げんめい)が誕生していたのである。女帝の最初の仕事は息子文武の喪葬だった。宮殿では旧帝を悼む儀礼が行われていた。京内の営みの多くが自粛され、藤原京は静まりかえっていた。
 静かだったのは喪葬儀礼のせいばかりではなかった。その死の四か月前に文武が遷都を公言し、藤原京はいずれ捨てられる運命にあったからである。


一一章 七〇七年七月 2

 都は二人が旅に出た四年前には想像もできなかったほどの変貌を遂げ、建物が無数に立ち並び、人口も五万に達していた。しかし藤原京の発展はここまでだったのである。律令国家による大和盆地の開発が進み、水田地帯が耳成山からさらに北の、山背国との境に位置する平城山(ならやま・奈良山)丘陵に向かって広がっていて、大和には新しい中心が求められていた。同時に律令政府は今まさに本州の北端と南端の開発を進めて日本国を蝦夷国と隼人国に向けて拡大し、列島の新たな中心を必要としていたからである。
 遷都を告げられた藤原京に活気が感じられるはずがなかった。活気が命であるはずの市場にまでそれが現れていた。
 律令国家は東の左京、西の右京に一つずつ官市を置き、全国から集めた貢納物の交換を大規模に進めてきた。二人が旅だったころには市の指定された行(こう・区画)に登録された行肆(こうし・常設店舗)がまばらに並んでいただけだったが、今では市行は常設店舗が軒を連ねるまでになっている。
 しかし周辺の、机を並べた案肆(あんし・仮設店舗)がひしめく一角に空白が生じている。扱われる商品も繊維製品、農・海・畜産物、日用雑貨・食品・調味料、馬具・武具、木器・土器・漆・油などここの産業や生活に欠かせないものはほぼ揃ってはいるが、どの店のどの棚も品物の陳列にスキが目立った。


一一章 七〇七年七月 3

 東市(ひがしのいち)は月の前半、西市(にしのいち)は月の後半、官市はほぼ毎日、正午から日没まで開かれてはいたが、人の出は限られ、これを呼び込む売り子の声にも心なしか威勢が感じられなかった。
 この日阿礼と由衣が訪れたのは西市だった。二人は一角にある茶店に腰を下ろし、静かな市の営みを眺めていた。
 「今度の旅で思い知らされたことの一つなんですが、北辺の住民は蝦夷(えみし)と呼ばれることに、南辺の人々は隼人(はやと)と呼ばれることに複雑な思いを持っていましたね」
 「そうだった。あれは支配者となったヤマト王権側が付けた名称だったからね。あの呼び名が使われるようになったのは、倭王権が地方の有力首長、国主を世襲の国造に任命し、彼らに中央の意向を伝えつつ地方支配をまかせる制度をつくり上げていった六世紀のことなんだ。
 この国造による地方支配制度によって、西は九州中部、東は東北南部までがヤマト政権の統一化世界、つまり化内に入ったわけだが、そこに入らなかった地域が二つだけあった。それがわれわれが訪ねた九州西南部と東北北部だった。
 この時王権は中国の華夷システムをモデルに、倭国を華、東北北部と西南九州の住民をそれぞれ化外の民、夷に位置づけて支配の手を及ばせようとした。


一一章 七〇七年七月 4

 そして東北北部人については、彼らの濃くて長い髭、密集した体毛という身体的特徴から毛人、あるいはそれを象徴的に表す蝦(えび)という字を当てて蝦夷と表記し、いずれもエミシと読ませた。さらにはヤマト政権に帰服し、稲作を始めたグループを熟蝦夷(にぎえみし)、帰順を拒み旧来の生活を固持し続ける集団を荒蝦夷(あらえみし)と呼んで区別したんだ」
 「あら、だとしたら、西南九州人が以前クマソと呼ばれたのは、クマに似ていたからなの?」
 「姿かたちではないが、彼らが得意としたゲリラ戦を形容する当て字が使われたんだ。元々は球磨(くま・肥後南部人吉)から贈於(そう・大隅志布志湾)の間に住む西南の民としてクマソと呼ばれていたが、六世紀代、そのクマソはヤマト朝廷軍の正規兵と戦う時に、自分たちがよく知りつくしている山間部に敵を誘い込み、密集した草木にひそませた伏兵を駆使して逆襲した。朝廷軍から見れば、その様子はまるで藪にひそんだ野生の熊に急襲されるようだった。その恐怖の様をクマソに重ね、熊襲(くまそ)という当て字をつくりだしたんだ」
 「その熊襲がどうして隼人という呼び名にかわったのでしょう?」
 「隼人と呼ばれるようになったのは七世紀のことらしい。そのころ、戦闘における彼らの攻撃スタイルが大きくかわったからだ。彼らは平地に展開した敵を丘陵部から急襲する戦法を開発した。その様はまるで空中から急降下して獲物を襲う猛禽類、ハヤブサのようで、急襲を受ける朝廷軍から見れば実に狡猾で油断のならぬ存在だった。そのイメージが膨らんで、大和人は熊襲を、隼人という名に呼びかえて行くんだ」



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について