目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

164 / 239ページ

九章 六八〇年初秋 11

 阿礼にとって、天武は遠い存在となっていった。それを一番思い知らされたのは、『日本書紀』編纂計画の発表だった。天武は病を発症した年の翌六八一年三月、王権の正式事業として国史の編纂を命じたのである。発表の場所は飛鳥浄御原宮の大極殿、指示された編纂メンバーは、川島・忍壁両皇子を初めとする皇親六名、中臣連大嶋(なかとみのむらじおおしま)ら官人六名の、計一二名、いずれもそうそうたる人物だった。
 天武が歴史書の編纂計画を抱いていることは阿礼もすでに聞かされていたが、編纂メンバーが豪華な陣容からなるのを知って、改めて自分もまた古事語も置き忘れられた存在になったという思いを強くしたのである。そしてこれをさらに決定づけたのが、天武の死だった。
 六八五年九月、天武の病状は再び悪化した。仏教への信仰が厚かった天武は飛鳥寺・川原寺で平癒を祈願する誦経(ずきょう)を実施したが、その甲斐はなかった。存命中に新都の完成はかなわないと悟ったのだろう。六八六年七月、これまで仮の宮として名を付けていなかった飛鳥の宮を正式に飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらのみや)と命名した。
 さらには遷都後に行う予定であった年号制定を実施し、この年を、かねて用意してあった年号、朱鳥(しゅちょう)の元年とした。こうすることによって天武は無念の想いを払いつつ九月九日、飛鳥浄御原宮において五六年の波乱の生涯を閉じたのである。


九章 六八〇年初秋 12

 こうして阿礼は天武から直接声をかけられるチャンスを永遠に失った。残されたわずかな可能性は皇后鸕野讃良からの呼びかけだった。六年前の語り聞かせの時、讃良は熱心な聞き手でありながら、語りのあと天武とは対照的に、いかなる感想も述べずに席を立った。あのあと讃良は古事語について天武と話し合ったはずだ。そうだとすれば彼女から呼び出しがあるかもしれない。阿礼はそれに希望をつないだ。
 讃良は後に天武の後継天皇となるべく運命づけられていたが、当初後継候補になったのは天武と讃良との間に生まれ、天武存命中の六八一年以来皇太子となっていた草壁皇子(くさかべのおうじ・二〇歳)だった。草壁皇子は二年三か月に及んだ天武の殯(もがり)を先導し、六八八年一一月最後の誄(しのびごと・弔詞・ちょうし)で皇位継承者となることを奏上したが、翌六八九年四月あっけないほどの早い死を迎える。この時草壁皇子の長子、軽皇子(かるのおうじ)は七歳、讃良はこの孫を後継者にすべく、彼が成人になるまでのつなぎ役になろうとした。六九〇年一月、讃良は即位して持統となった。持統はこの時四六歳、夫がやり残した律令国家建設事業を全て引き継いだ。
 第一の事業は新都の完成だった。持統は、六九〇年一二月、自ら新益京(あらましのみやこ)、通称藤原京の視察に訪れて以来、その後も四度に亘って建設中の都城に足を運び完成を促した。そして六九四年一二月、飛鳥浄御原宮から新益京に移り、天武が願った事業の一つ、京域を持つ日本最初の都城、藤原京を完成させるのである。


九章 六八〇年初秋 13

 持統が天武から引き継いだ今一つの事業は、律令の制定だった。彼女は夫の死後、新令編纂作業を急がせ、即位に先立つ六八九年六月にはこれを公布・施行させた。飛鳥浄御原令(あすかきよみはらりょう)である。これは翌六九〇年の遷都と共に、藤原京を新都とする律令国家を動かしていくための法典として徐々に実現に移されていく。しかし飛鳥浄御原令には律が伴っていなかった。持統は律を含めた体系的な法典整備をめざした。
 六九七年八月、五三歳になった持統は、孫の軽皇子が一五歳に達したのを機に譲位するが、その後も太上(だいじょう)天皇として新天皇文武と共治体制を敷き、新法典の完成を促した。そして七〇一年、新年号大宝(たいほう)を制定すると共に、新令・新律からなる基本法を公布・施行する。大宝律令である。こうして天武が構想した日本型の律令国家形成の青写真ができ上がるのである。
 この青写真づくりは容易ならぬ作業だった。その作業に忙殺され、持統には阿礼を呼び出し、その後の推移を尋ねる暇もなかった。それどころか阿礼と古事語を思い出す暇もなかったのかもしれない。持統は大宝律令施行の翌七〇二年一二月二二日、五八年の生涯を閉じた。天武の死から一六年後のことである。これによって阿礼は、天武に最もゆかりのある人からの呼び出しを受ける機会を永遠に失った。
 阿礼の喪失感は大きかった。創作意欲は限りなく低下した。阿礼はこの最悪の状況から脱出するために、宮仕えをやめて、元の旅の語り部に戻ろうと決心した。旅先にはまだ足を踏み入れる機会のなかった辺境がいい。阿礼は由衣と連れだって日本列島の東北と西南をめざす旅路についた。折しも藤原宮では持統太上天皇の殯(もがり)の儀式が続いていた。殯宮(ひんきゅう)儀礼を仕切っていたのは、孫の文武だった。


一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1

 一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏


 

 東北日本への旅は七〇三年から七〇五年にかけて、西南九州への旅は七〇五年から七〇七年にかけて、合わせると四年の長旅となった。いずれも行く先々で語り聞かせをして二人分の生活費と路銀を稼ぎながらの旅だったが、七年に亘ったあの語り旅のころと比べると、途上行き会う地方住民の様子が驚くほど違っているのに気付かされることとなった。
 若い阿礼が最初に語り旅をしたのは天智期に当たっていた。天智朝は、改新政権(孝徳朝)が打ち出した、大王を頂点に全ての民をその公民(おおみたから)として一元的に支配する体制づくりを継承しつつ、それをさらに推し進める政策の実現をめざしていた。在地豪族の支配領域を統合・分割して全国に設置した孝徳朝の評(ひょう・こおり)制を引き継ぎ、その上位に評を複数束ねた広域の行政単位、国(くに)を設置した。そしてこの国―評制を統轄する地方官、国宰(こくさい・くにのみこともち)を常駐させて地方の直接支配を試みた。
 また評よりも狭い行政単位、五〇の戸を一単位とする「五十戸(さと)」をつくり、この評―五十戸制によって各地の住民の生活をより細かく把握しようとした。旅が終りに近づいた六七〇年は、この国―評―五十戸制を駆使して全国的規模の戸籍(その年の干支に因んで庚午年籍〈こうごねんじゃく〉と呼ばれた)を作成し、九州から関東に広がって暮らす住民の詳細把握に大きく前進した時期でもあった。


一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2

 しかしこの天智朝による中央集権的支配は、地方にはまだ十分に浸透してはいなかった。各地の住民の暮らしも通常は自らを生み育んだ村の中でおさまり、その上位に位置づけられた評とかかわるのは災害や戦いの発生といった非常時に限られていた。地方民には国に属しているという意識はほとんどなく、中央政府のある都ははるかかなたの存在だった。ましてや都を外れた他国のことなどおとぎ話の世界だったのである。
 そうした人々を相手に、当時の阿礼は都を舞台にした政変や事変、都人のきらびやかな生活様式、旅で回った各地の伝承・伝聞をもとにしてつくった事語(ことがたり)を披露しては喝采を浴び、食い扶持や路銀を稼いで旅をしたのだった。
 ところが今回の二人旅では、前と同じような語りをしていたのでは通用しないことを痛感することとなった。三〇年の間に自分たちの住む世間について、それを取り巻く世界について、人々の考えがおおきくかわっていたからである。
 この変化は、天武が構想し、妻の持統が引き継いで完成させた律令制国家がもたらしたものだった。七〇一年律令国家は大宝律令を制定し、列島各地の住民を天皇制国家の公民として再編成する新たな統治体制を打ち出していた。中央政府が住民に直接耕地(口分田)を支給(班田)する体制である。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について