目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

161 / 239ページ

九章 六八〇年初秋 8

 救いは天武と讃良のあとに従った多臣品治が、去り際に阿礼に残した言葉だった。
 「実に面白くできている。天武の指摘した二点も、そのままの方がいいと自分は思っている。今後どうするか、それはナレ自身が決めることだが、頼みがあったらいつでも訪ねておいで、その時には何でも相談に乗ろうではないか」
 自宅で待つ由衣に結果を報告するまでに、阿礼は自分の気持ちを確認することができた。この事態は初めから予測していたこと、予測できてもあえてこうしたかったこと、そして事態が現実のものとなった今も自分には物語の筋立てを変更する気持ちがないことを。変更があり得るとすれば、それは天武の方だと。しかもその可能性はあった。闊達であるはずの讃良があの時終始無言のままでいたからだ。
 阿礼の願いはしかし、かなわぬ方向に進んだ。
 語り聞かせのあった九月から二か月後の一一月、天武は病に倒れた。病名は不明だったが、この時の病の重篤さから、余命の少ないことを直感したのだろう。天武はほかのことは何もかも忘れたかのように、律令国家の建設を推し進めていくのである。


九章 六八〇年初秋 9

 天武は、兄天智が試みた律令体制を整備し、これまで温めてきた構想に従って新たな中央集権国家をつくろうとした。国号を日本、君主号を天皇とし、その天皇が日本各地の住民を直接支配する、天皇制的律令国家の形成である。これには中央官制の整備が急務だった。そのためにすでに中央政府の機構・組織、役人の採用法・給与体系、租税のための戸籍・土地台帳づくりを進めてきていたが、これを永続的な制度に仕上げるには、内容を規定するための令(行政法・民法・商法)が、また実効性のあるシステムにかえるには律(刑法)が欠かせなかった。
 天武は病の翌六八一年二月、大極殿(だいごくでん)に諸臣を召集し律令の制定を指示した。しかし律と令を同時に編纂するのは容易なことではなかった。天武は病気の再発を案じ、律を後回しにし、令の編纂を急がせたのである。
 そしてこの天皇を頂点とする律令国家の権威を高めるには、玉座が置かれる新都の造営が欠かせなかった。天武は即位から三年後の六七六年には新城(にいき)のプランづくりを始め、その候補地として飛鳥川右岸に位置し、北を耳成山(みみなしやま)、西南を畝傍山、東を香具山に囲まれた藤井が原を選んでいた。
 プランのもとになったのは周以来中国で一つの理念型となった、正方形の都城全体を縦横各九条の道路で結び、その中央に宮室を配すると同時に、その宮室の中央に大極殿という国家的な儀式・政治空間を配するというものであった。


九章 六八〇年初秋 10

 ヤマト王権の国政は長い間天皇家の家政と分かちがたく結び付き、内裏正殿で行われてきた。その分離を最初に試みたのが天武だった。彼は飛鳥浄御原宮に大極殿を造営し、ここで国家的な儀式・政治を行った。しかし飛鳥浄御原宮は歴代大王家の故地に旧来プランを基本に造営したために、大極殿を内郭中央に持ってくることはできなかった。それがために本邦初の大極殿は、内郭から離れた東南の一角に別棟として建てられていたのである。
 天武は病から立ち上がったあと、大極殿を中核とする日本最初の都城の造営をスタートさせ、六八二年三月には自ら藤井が原を訪問し、京師(けいし)造営に拍車をかけた。新都は飛鳥京から西北方向に新たに拡張されるような形で計画されたことから、新益京と書き、「あらましのみやこ」あるいは「しんやくのみやこ」と読まれた。後の藤原京である。
 さらに天武は、新君主号天皇の権威を高めようとした。律令の制定に当たっては、天皇の行為に直接かかわるような規定をはずし、天皇を律令を超越する存在に位置づけた。そして大王家がこれまで担ってきた伝統的な収穫祭、新嘗祭にさまざまな儀礼的要素を付加した大嘗祭(だいじょうさい)を創設し、天皇家の神的な権威を制度化していく。こうして天武は律令国家の建設を先頭に立って推進する政治的権力として、さらには大掛かりな祭祀を主催する精神的な権威として、新国家日本の頂点に立とうとしていくのである。


九章 六八〇年初秋 11

 阿礼にとって、天武は遠い存在となっていった。それを一番思い知らされたのは、『日本書紀』編纂計画の発表だった。天武は病を発症した年の翌六八一年三月、王権の正式事業として国史の編纂を命じたのである。発表の場所は飛鳥浄御原宮の大極殿、指示された編纂メンバーは、川島・忍壁両皇子を初めとする皇親六名、中臣連大嶋(なかとみのむらじおおしま)ら官人六名の、計一二名、いずれもそうそうたる人物だった。
 天武が歴史書の編纂計画を抱いていることは阿礼もすでに聞かされていたが、編纂メンバーが豪華な陣容からなるのを知って、改めて自分もまた古事語も置き忘れられた存在になったという思いを強くしたのである。そしてこれをさらに決定づけたのが、天武の死だった。
 六八五年九月、天武の病状は再び悪化した。仏教への信仰が厚かった天武は飛鳥寺・川原寺で平癒を祈願する誦経(ずきょう)を実施したが、その甲斐はなかった。存命中に新都の完成はかなわないと悟ったのだろう。六八六年七月、これまで仮の宮として名を付けていなかった飛鳥の宮を正式に飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらのみや)と命名した。
 さらには遷都後に行う予定であった年号制定を実施し、この年を、かねて用意してあった年号、朱鳥(しゅちょう)の元年とした。こうすることによって天武は無念の想いを払いつつ九月九日、飛鳥浄御原宮において五六年の波乱の生涯を閉じたのである。


九章 六八〇年初秋 12

 こうして阿礼は天武から直接声をかけられるチャンスを永遠に失った。残されたわずかな可能性は皇后鸕野讃良からの呼びかけだった。六年前の語り聞かせの時、讃良は熱心な聞き手でありながら、語りのあと天武とは対照的に、いかなる感想も述べずに席を立った。あのあと讃良は古事語について天武と話し合ったはずだ。そうだとすれば彼女から呼び出しがあるかもしれない。阿礼はそれに希望をつないだ。
 讃良は後に天武の後継天皇となるべく運命づけられていたが、当初後継候補になったのは天武と讃良との間に生まれ、天武存命中の六八一年以来皇太子となっていた草壁皇子(くさかべのおうじ・二〇歳)だった。草壁皇子は二年三か月に及んだ天武の殯(もがり)を先導し、六八八年一一月最後の誄(しのびごと・弔詞・ちょうし)で皇位継承者となることを奏上したが、翌六八九年四月あっけないほどの早い死を迎える。この時草壁皇子の長子、軽皇子(かるのおうじ)は七歳、讃良はこの孫を後継者にすべく、彼が成人になるまでのつなぎ役になろうとした。六九〇年一月、讃良は即位して持統となった。持統はこの時四六歳、夫がやり残した律令国家建設事業を全て引き継いだ。
 第一の事業は新都の完成だった。持統は、六九〇年一二月、自ら新益京(あらましのみやこ)、通称藤原京の視察に訪れて以来、その後も四度に亘って建設中の都城に足を運び完成を促した。そして六九四年一二月、飛鳥浄御原宮から新益京に移り、天武が願った事業の一つ、京域を持つ日本最初の都城、藤原京を完成させるのである。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について