目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

159 / 239ページ

九章 六八〇年初秋 6

 誰がヤマト王権の継承者としてふさわしいか、それを決定するのは王権ではなく、中央政権のもとに参加した地方政権の意向だ。継承の正当性は、彼らの支持を得られるかどうかによって決まる。それを物語に織り込もうと、ナレは国譲りの見返りとして神殿建設というアイデアを考え出した。それはいい。問題はその要望をオホクニヌシに出させて、高天原、つまりアマテラスがそれを受け入れ、宏壮な神殿を立ててやり、おまけに聖なる馳走まで供えたというくだりだ。
 恐らくナレはこういいたいのであろう。神殿は国を譲った者と譲らせた者との間の約束の象徴で、譲らせた側は譲った側に対して間違いなく約束を果たすという義務を負っている。その義務を果たし続けることによって王権継承の正当性は保障されている。それが守られなければ反乱が起き、継承の正当性はそれによって崩壊する。つまり王権継承の正当性は最初から決められているのではなく、それは中央政権の継承者が、地方の安寧にどれだけ腐心する存在であり続けられるかによって決まる。権力者はそういう後継者をつくらねばならぬと。
 その点はワレも同じ思いだ。だが地方にいちいち伺いを立てなければ安定した中央集権国家の形成できないというのでは困る。今は統一国家を一気に完成させなければならない時期に差し掛かっている。継承者が内乱によってかわったというのは、ワレのケースを最後としなければならぬ。これから先の王権の継承者には地方を自在に操れる絶対的な権力が保障されていなければならない。


九章 六八〇年初秋 7

 神殿造りのくだりは、オホクニヌシ(葦原中国)側からいわせるのではなく、アマテラス(高天原)側が自ら提案し、建設してやるよう筋立てを変更せよ。間違っても神殿に御饗を供えるなどということが語られてはならぬ。古事語のこの先を聞きたいと思ってはいたが、それは以上二点の修正が完了したあとにしよう。ご苦労だった」
 こういって天武は立ち上がった。讃良は何かをいいたげだったが、沈黙したまま天武のあとに続いた。
 帰路についた阿礼の気分は重く沈んでいた。期待していたことが半分しかかなわなかったからだ。古事語の重要な部分、天の石屋戸と国譲りの創作は二つの歴史的事件をモデルにした。このことは洞察してくれるだろうと期待した。天武はそれを見事に見抜いた。ここは期待通りだった。これを見抜いてくれるなら、そこから導き出された結論、つまり権力を持つ者は持たざる者に支えられている。政治は持たざる者のためにある。両者は本来対等の関係にあるという主張も、それを物語にこめることも天武は理解するはずだと思っていた。
 ところがこの反応だ。現役の支配者として、まさに政治を動かしている天武の立場を思えば、それは当然かもしれない。権力は絶対でなければならないのかもしれない。そう思いつつもせめて物語の中だけでも、現実の壁を越える理想がこめられたらと思ったのだが……。


九章 六八〇年初秋 8

 救いは天武と讃良のあとに従った多臣品治が、去り際に阿礼に残した言葉だった。
 「実に面白くできている。天武の指摘した二点も、そのままの方がいいと自分は思っている。今後どうするか、それはナレ自身が決めることだが、頼みがあったらいつでも訪ねておいで、その時には何でも相談に乗ろうではないか」
 自宅で待つ由衣に結果を報告するまでに、阿礼は自分の気持ちを確認することができた。この事態は初めから予測していたこと、予測できてもあえてこうしたかったこと、そして事態が現実のものとなった今も自分には物語の筋立てを変更する気持ちがないことを。変更があり得るとすれば、それは天武の方だと。しかもその可能性はあった。闊達であるはずの讃良があの時終始無言のままでいたからだ。
 阿礼の願いはしかし、かなわぬ方向に進んだ。
 語り聞かせのあった九月から二か月後の一一月、天武は病に倒れた。病名は不明だったが、この時の病の重篤さから、余命の少ないことを直感したのだろう。天武はほかのことは何もかも忘れたかのように、律令国家の建設を推し進めていくのである。


九章 六八〇年初秋 9

 天武は、兄天智が試みた律令体制を整備し、これまで温めてきた構想に従って新たな中央集権国家をつくろうとした。国号を日本、君主号を天皇とし、その天皇が日本各地の住民を直接支配する、天皇制的律令国家の形成である。これには中央官制の整備が急務だった。そのためにすでに中央政府の機構・組織、役人の採用法・給与体系、租税のための戸籍・土地台帳づくりを進めてきていたが、これを永続的な制度に仕上げるには、内容を規定するための令(行政法・民法・商法)が、また実効性のあるシステムにかえるには律(刑法)が欠かせなかった。
 天武は病の翌六八一年二月、大極殿(だいごくでん)に諸臣を召集し律令の制定を指示した。しかし律と令を同時に編纂するのは容易なことではなかった。天武は病気の再発を案じ、律を後回しにし、令の編纂を急がせたのである。
 そしてこの天皇を頂点とする律令国家の権威を高めるには、玉座が置かれる新都の造営が欠かせなかった。天武は即位から三年後の六七六年には新城(にいき)のプランづくりを始め、その候補地として飛鳥川右岸に位置し、北を耳成山(みみなしやま)、西南を畝傍山、東を香具山に囲まれた藤井が原を選んでいた。
 プランのもとになったのは周以来中国で一つの理念型となった、正方形の都城全体を縦横各九条の道路で結び、その中央に宮室を配すると同時に、その宮室の中央に大極殿という国家的な儀式・政治空間を配するというものであった。


九章 六八〇年初秋 10

 ヤマト王権の国政は長い間天皇家の家政と分かちがたく結び付き、内裏正殿で行われてきた。その分離を最初に試みたのが天武だった。彼は飛鳥浄御原宮に大極殿を造営し、ここで国家的な儀式・政治を行った。しかし飛鳥浄御原宮は歴代大王家の故地に旧来プランを基本に造営したために、大極殿を内郭中央に持ってくることはできなかった。それがために本邦初の大極殿は、内郭から離れた東南の一角に別棟として建てられていたのである。
 天武は病から立ち上がったあと、大極殿を中核とする日本最初の都城の造営をスタートさせ、六八二年三月には自ら藤井が原を訪問し、京師(けいし)造営に拍車をかけた。新都は飛鳥京から西北方向に新たに拡張されるような形で計画されたことから、新益京と書き、「あらましのみやこ」あるいは「しんやくのみやこ」と読まれた。後の藤原京である。
 さらに天武は、新君主号天皇の権威を高めようとした。律令の制定に当たっては、天皇の行為に直接かかわるような規定をはずし、天皇を律令を超越する存在に位置づけた。そして大王家がこれまで担ってきた伝統的な収穫祭、新嘗祭にさまざまな儀礼的要素を付加した大嘗祭(だいじょうさい)を創設し、天皇家の神的な権威を制度化していく。こうして天武は律令国家の建設を先頭に立って推進する政治的権力として、さらには大掛かりな祭祀を主催する精神的な権威として、新国家日本の頂点に立とうとしていくのである。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について