目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

157 / 239ページ

九章 六八〇年初秋 4

 第二夜のこの語り聞かせが終わったあと、しばらくの静寂が席を覆った。これを破ったのは天武だった。「よくできている。奇想天外な神話がいくつも配されている。それぞれが予想もつかないような展開を見せる。スリルがあり、ユーモアがある。長くておかしな名を付けられた神々を、一〇、二〇と流れるようにうたい上げる曲芸まで用意されている。そうした人を引き付けるような仕掛けを随所にちりばめ、ナレはワレの要請に応えて、天皇家がこの国を統治するいわれ、継承者がこの国を統治する正当性を説く歴史物語を見事に創作した。その苦心を高く評価しよう。ただどうしても譲れないところが二か所あった。
 一つは昨晩の事語り、ナレが皇祖神とした天照大御神の、天の石屋戸での振舞わせ方だ。あの場面に至る筋語りの元になっているのは恐らく〈乙已の変(いっしのへん)〉で、天照大御神は大王家、須佐之男命は蘇我本宗家、特に太郎入鹿をイメージしているのであろう。そのスサノヲの悪行に腹を立てて、アマテラスが自らの意思で天の石屋に隠れたというところまではいい。問題はそのあと、彼女が他の神々によって石屋戸から引き出されたという点だ。
 確か話の筋では、差し出された八咫鏡に映った自分の姿を別の女神と錯覚し、はてそんな美神がいるはずがないと、それを確かめに戸の外に身を出そうとしたアマテラスは、天手力男神(あめのたぢからをのかみ)に手を取られて外に引き出されてしまう。さらに布刀玉命(ふとだまのみこと)によって背後に注連縄を渡され、この縄より内側に戻ってはなりませんと、いわれてしまう。推測するに阿礼よ、ナレはここのくだりでこういいたいのであろう。


九章 六八〇年初秋 5

 皇祖神は高天原の最高神ではあるが、その至高性は絶対的な存在ではない。それは他の神々によって支えられている。日の神は与えられた義務を果たす限りにおいて最高神として存在できる。しかしそれを果たさねば、他の神々によっていつでも代えられうる可能性を持っている。つまり支配の正当性は最初から保障されているのではなく、それは、天皇家が共に国家の運営に当たる豪族・貴族層との間の力のバランスに配慮し、彼らからどれだけ協力を得られるかによって決まると。
 皇祖神も天皇家も、与えられた義務を全力で果たす使命を帯びている。その考えはいい。そうあらねばならぬ。ワレもそう思う。だが、この語りの中で皇祖神も天皇家も絶対的な存在でなければならぬ。支配の正当性も最初から約束されていなければならぬ。天の石屋戸のくだりは神々の手によってではなく、天照大御神が自らの意思で石屋を出る、そのように創り直せ。
 今一つは今宵の事語り、大国主神の国譲りのところだ。国譲りというのは六世紀初頭からほぼ百年かけて進められたヤマト王権による中央集権化策、つまり地方政権の独自の支配者、国主を、中央政権の地方官、国造に再編成していく事業を手本にしているのだろう。さらに推し測れば、国譲りの物語は、この国造化のプロセスを下敷きにし、その上にワレが仕掛けた〈壬申の乱〉を重ねて、王権継承の正当性を問おうとしたのではないか。


九章 六八〇年初秋 6

 誰がヤマト王権の継承者としてふさわしいか、それを決定するのは王権ではなく、中央政権のもとに参加した地方政権の意向だ。継承の正当性は、彼らの支持を得られるかどうかによって決まる。それを物語に織り込もうと、ナレは国譲りの見返りとして神殿建設というアイデアを考え出した。それはいい。問題はその要望をオホクニヌシに出させて、高天原、つまりアマテラスがそれを受け入れ、宏壮な神殿を立ててやり、おまけに聖なる馳走まで供えたというくだりだ。
 恐らくナレはこういいたいのであろう。神殿は国を譲った者と譲らせた者との間の約束の象徴で、譲らせた側は譲った側に対して間違いなく約束を果たすという義務を負っている。その義務を果たし続けることによって王権継承の正当性は保障されている。それが守られなければ反乱が起き、継承の正当性はそれによって崩壊する。つまり王権継承の正当性は最初から決められているのではなく、それは中央政権の継承者が、地方の安寧にどれだけ腐心する存在であり続けられるかによって決まる。権力者はそういう後継者をつくらねばならぬと。
 その点はワレも同じ思いだ。だが地方にいちいち伺いを立てなければ安定した中央集権国家の形成できないというのでは困る。今は統一国家を一気に完成させなければならない時期に差し掛かっている。継承者が内乱によってかわったというのは、ワレのケースを最後としなければならぬ。これから先の王権の継承者には地方を自在に操れる絶対的な権力が保障されていなければならない。


九章 六八〇年初秋 7

 神殿造りのくだりは、オホクニヌシ(葦原中国)側からいわせるのではなく、アマテラス(高天原)側が自ら提案し、建設してやるよう筋立てを変更せよ。間違っても神殿に御饗を供えるなどということが語られてはならぬ。古事語のこの先を聞きたいと思ってはいたが、それは以上二点の修正が完了したあとにしよう。ご苦労だった」
 こういって天武は立ち上がった。讃良は何かをいいたげだったが、沈黙したまま天武のあとに続いた。
 帰路についた阿礼の気分は重く沈んでいた。期待していたことが半分しかかなわなかったからだ。古事語の重要な部分、天の石屋戸と国譲りの創作は二つの歴史的事件をモデルにした。このことは洞察してくれるだろうと期待した。天武はそれを見事に見抜いた。ここは期待通りだった。これを見抜いてくれるなら、そこから導き出された結論、つまり権力を持つ者は持たざる者に支えられている。政治は持たざる者のためにある。両者は本来対等の関係にあるという主張も、それを物語にこめることも天武は理解するはずだと思っていた。
 ところがこの反応だ。現役の支配者として、まさに政治を動かしている天武の立場を思えば、それは当然かもしれない。権力は絶対でなければならないのかもしれない。そう思いつつもせめて物語の中だけでも、現実の壁を越える理想がこめられたらと思ったのだが……。


九章 六八〇年初秋 8

 救いは天武と讃良のあとに従った多臣品治が、去り際に阿礼に残した言葉だった。
 「実に面白くできている。天武の指摘した二点も、そのままの方がいいと自分は思っている。今後どうするか、それはナレ自身が決めることだが、頼みがあったらいつでも訪ねておいで、その時には何でも相談に乗ろうではないか」
 自宅で待つ由衣に結果を報告するまでに、阿礼は自分の気持ちを確認することができた。この事態は初めから予測していたこと、予測できてもあえてこうしたかったこと、そして事態が現実のものとなった今も自分には物語の筋立てを変更する気持ちがないことを。変更があり得るとすれば、それは天武の方だと。しかもその可能性はあった。闊達であるはずの讃良があの時終始無言のままでいたからだ。
 阿礼の願いはしかし、かなわぬ方向に進んだ。
 語り聞かせのあった九月から二か月後の一一月、天武は病に倒れた。病名は不明だったが、この時の病の重篤さから、余命の少ないことを直感したのだろう。天武はほかのことは何もかも忘れたかのように、律令国家の建設を推し進めていくのである。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について